2005.05 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.05.02 『トロイ』 (ちょっとネタバレ)
トロイ 特別版
ブラッド・ピット/ウォルフガング・ペーターゼン/エリック・バナ/オーランド・ブルーム
ワーナー・ホーム・ビデオ 2004-10-29


by G-Tools



万歳黄金週間!

……ということで、友達と映画鑑賞会やっちゃいました。泊り込みで(キャッホウ☆)

その一番最初に見たのが『トロイ』。
この映画は、友人H氏の発言を借りて言えば

男!筋肉!スカート祭り!

です(笑)

でもご覧になった方は「OH!EXACTLY!!」と思うはず。

この映画の舞台は、紀元前のギリシャで起こったとされるトロイ戦争。トロイの王子パリスが、スパルタの王妃を奪ったことから、ギリシャ全軍がトロイを攻撃する…というお話です。

さすがに戦争ものというだけあって、戦闘シーンの迫力がすごい。
じりじりと照りつける太陽の下、おびただしい数の船や兵士たちが真正面からぶつかり合う様は、まさに圧巻です。

その中でも特に印象に残ったのは、ギリシャ軍の戦士、アキレスと、パリスの兄ヘクトルが戦うシーン。
トロイの王族、そして兵士たちが見守る中、二人の戦士の戦いが始まります。
盾と槍、そして剣のみで戦う二人の動きは互角。
それがすごいアクションなんです。
アキレスなんかスラムダンクを思わせる空中での身のこなし!
滞空時間が長いのなんのって。庶民シュートだ!アキレス!

しばしこんな風に(?)一進一退の攻防が続きますが、徐々にヘクトルが押されてきて、ついにアキレスに倒されてしまいます。

その後のアキレスの所業が許せん…戦いに破れたヘクトル兄ちゃんを戦車にくくりつけてずるずる引きずっていっちゃうんです。
このセンス、許センス(い○とも)。
まあヘクトルのお父さんのお陰で、ヘクトル兄さんの遺体は無事トロイに戻ってくるのですが。
(でもお父さん!!コインを目の上に乗っけて弔うのを忘れてるよ!)

その後は有名なお話ですね。
「トロイの木馬」登場です。
勇者ヘクトルに敬意を示し、12日の停戦期間をおいたあと、ギリシャ軍の占領していた海岸に現れたのが謎の木馬。
見るからにうっさんくっさい木馬です。
しかしあろうことかトロイの王様、これを戦利品とみなし、トロイへ持って帰ることに。
(パリスが珍しく『焼きましょう』ってまともなこと言ったのに!)
そして国では戦利品である木馬を囲んで勝利のお祝いが開かれます。
しかし!その夜、寝静まったところを見計らって木馬からはギリシャ軍の兵士がうじゃうじゃ出てきて、トロイの町に火を放ちます。
この急襲によりトロイは王を失い、陥落するわけですが、ギリシャ側も英雄アキレスを失ってしまったわけなのでした……


ちょっと待ってくださいよ?

この映画で一番強い戦士って誰なんです??

ギリシャ軍の王様は見るからに口だけ男の上、敵の捕虜の女性に殺されてしまうヘタレなので違います。
トロイ軍の王様も先に述べたとおり、ギリシャ軍の急襲により命を落としてしまいますので当てはまりません。
アキレスの従兄弟くんはヘクトルに倒されてしまうから当然違います。
ヘクトルはアキレスに倒されてしまうので違います。


……てぇことは、必然的に……アキレスを倒した男ですから…

パリス!!!

そうなんです。

トロイの木馬の急襲で攻め込んできたアキレスを倒したのはパリスでした!

剣での戦いではあんなに頼りなかったパリスですが、彼に弓を持たせてしまったが最後、人が変わったように強くなるんです。

もはや彼はパリスじゃありません。
レゴラスです!!
(レゴラスはロード・オブ・ザ・リングにてオーランド・ブルームが演じた弓の名手。目と耳と容貌が恐ろしく良い。白肌金髪、とんがり耳。)

狙った獲物は逃がさない、と言わんばかりの目でアキレスを睨みつけ、唯一の弱点、アキレス腱に見事命中。
それでもアキレスは立ち上がろうとしますが、遂に息絶えてしまいます。
(アキレスの愛した捕虜はパリスに連れられて逃げ、一命を取り留めましたとさ)


まとめますと、『トロイ』の中で一番強いのは、ギリシャ軍の王を倒した捕虜を連れ去り、アキレスの従兄弟を倒したヘクトルを倒したアキレスを倒した、パリスなのでした。

お手元に『トロイ』がある方、今一度ご覧になっては如何でしょう??

スポンサーサイト
02:11 Movies | TRACKBACK(2) | COMMENT(6) |
2005.05.02 『スリーピー・ホロウ』
スリーピー・ホロウ
ジョニー・デップ/ティム・バートン/クリスティーナ・リッチ/クリストファー・ウォーケン
ポニーキャニオン 2003-12-17


by G-Tools


VIVA☆GOLDEN WEEK!!第2弾。

お次はジョニー・デップ主演、『スリーピー・ホロウ』です。
またか!!と言う声が聞こえてきそうですが、お許しくだされ。
K子ちゃんの影響です。

NY郊外の村、“スリーピー・ホロウ”で起こった連続首狩り殺人事件の全貌を暴くために、ひとりの捜査官(ジョニー・デップ)が村へ向かう。事件の犯人は一体誰なのか…?というのがこの映画のあらすじ。

首狩り!?それってめっちゃグロデスクなんじゃないの?ぎゃー!!

と、グロデスクものにめっぽう弱い私、指の隙間から伺うようにして観てたんですが、そんなに怖くなくて一安心。
いや!でも実際首狩りのシーンとかいっぱいあるんですよ!
それでも怖く感じなかったのはなんででしょう?

理由1)ティム・バートン監督作品。

・サスペンスというより、お伽話的な雰囲気。
・赤い小鳥やくねくね曲がったハサミなど、小物が可愛い。
・全体的に彩度を抑えた灰色の色調でまとめられているので、いかにも「語り継がれてきた伝説」という感じ。

理由2)ジョニー・デップの演技。

彼が演じているのは村にやってくる捜査官なんですが、臆病者というかビビリなんですね。
それがいい味出してる!

(ここから下はネタバレ気味)

□ビビリスト

・まず村にやってきて首なし騎士の伝説を聞かされた時点で既にびびってる。(手に持っているティーカップがカタカタ音を立てるほど。)

・程無く首なし騎士による殺人事件が起こるが、捜査官のくせに首なしの死体を見て失神しかける。(ひとりで馬のマネをして犯行を再現したのはえらい。でも大爆笑。)

・ヅラをとって悲しみを表現する癖のあるカミングアウト大王、町のお偉いさんが目の前で首なし騎士に殺されたときにはたまらず失神。

・しかもそれがトラウマになったのか、部屋にひきこもり布団を引っかぶって怯えまくる。心配して部屋を訪ねた村人に「首なし騎士はほんとにいるんだってば!この目でみたの!!」と言い張る様が愛らしい。

・しょっちゅう悪夢を見てはうなされている。たまにどさくさにまぎれてカトリーヌ(クリスティーナ・リッチ)に抱きついたりしている。

・母親の思い出のぶんぶんごまみたいなやつを回してないとひらめかない。

・実は迷信を信じるタイプ。


ちょっとキリがないので、このへんでやめときますが、とにかくこの捜査官の性格が怖さを半減してくれてるんです(いい意味で)


あとは……そうそう!初めのほうでデップ演じる捜査官が裁判の場に立たされるようなシーンがあったんですが、そこでいっちばんえらそうな人の顔に見覚えが…

サルマンでした。

注)サルマンはロード・オブ・ザ・リングの悪い魔法使い。ヒゲも白きゃあ衣装も白い。しかし眉と腹の中は黒い。

でもさすがクリストファー・リーだけあって、すごい威厳でした。
羽根も生えてました。



とにかく、ティム・バートンが生み出すお伽話的ホラーの世界とビビリ捜査官デップが見所です!
一度足を踏み入れてみては??
01:46 Johnny Depp | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。