2005.05 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.05.15 Captain Alatriste Sparrow!
□VIGGO appears on Spanish TV!

ヴィゴがなにやら愉快な番組に出演(ちょこっと)しています。
アラトリステ記者会見かな?
スペインのバラエティーかなんかだと思うんだけど、効果の入れ方が絶妙でおもしろい!!!
日本のバラエティーよかずっと巧いです。

勿論会話は全てスペイン語(しかも早口)なのでよくわかんないんだけど、それでもおもしろい!
彼にスペイン料理を食べてもらったり、街頭に本人連れ出して「この人は誰でしょう?」と道行く人に聞いてみたり。
ヴィゴ、スペイン語ペラッペラ喋ってましたがな( ̄□ ̄;)
て……鉄人だ。

興味のある方はどうぞ!
下にスクロールしていって一番右のサムネイルをクリック↓

bitter-glass.gif


ちなみに、日本語訳はこちら


□Captain Jack Sparrow??

あるアーティストのミュージックビデオになんと!あのジャック・スパロウ船長が出ています!
……と言いましても、多分そっくりさんだと思いますが。
最初は本物かと思いましたがクレイジー感が3割減(笑)

とにかくご覧あれ。
“Girls Lie Too”のビデオです!↓

bitter-glass.gif


ほんとにどっから探してくるの、K子ちゃん。
毎回毎回呼吸困難になるほど笑っちゃうんですが。
アキレスとかスミさんのテレフォンショッキングとかムスカとか(笑)
スポンサーサイト
16:41 Johnny Depp | TRACKBACK(1) | COMMENT(4) |
2005.05.15 『8月のメモワール』
B000803CJI8月のメモワール
ケビン・コスナー/イライジャ・ウッド
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-05-27

by G-Tools


□PROLOGUE
ベトナム戦争は多くのものを奪っていった。
アメリカから正義を。
父から親友を。
母から家族との時間を。
あの忌まわしい戦争で何かを失わなかった人が、一体何人いるというのだろう。
そしてミシシッピ州の明るい8月にも、それは再び暗い影を落としていった。


M氏に勧められて(命令形で)見てみました。
1970年に、ミシシッピ州の家族の元に、負傷した父がベトナムの地から帰ってくる、というのがこの映画の背景。
ベトナム戦争は『フルメタル・ジャケット』や『プラトーン』、『7月4日に生まれて』など、非常に多くの作品で取り上げられていますよね。
それだけ重大な戦争だったのでしょう。
重大で、奇妙な。
宣戦布告すらなく、大義名分もなく、疑心と混乱と恐怖に満ちた戦争。

その人間の心が生み出した凶悪な魔物が、どんなに多くの人の幸せを奪っていったかを描いているのが、『8月のメモワール』。
どこにでもいそうな、一家族の描写が基盤になっているので、こちらとしても感情を追いやすく、映画の世界に入りやすい。
でもその先にあるのは、私たちが経験したことのない戦争の影。

父は後遺症に悩まされながら、なんとか家族を支えている母を助けようと働き口を探します。
しかし、ベトナム帰還兵は国から良い仕事を貰えない。
国からの支援は微々たるもの。
それだけでは到底生活していけない。
国のせいで後遺症になったのに、国の手によって仕事を取り上げられる。

そういう状況がすごくリアルに感じられました。
しかもこの両親が聡明で、子供たちには希望を持たせてやりたい、いい大人になってほしい、と懸命に努力するんです。
ほんとに、こんな両親だったらいい子に育つでしょう。
お姉さんのリディアも、弟のステューもね!

その父を演じるケビン・コスナーの演技も素晴らしいのですが、私が驚いたのは弟のステューを演じるイライジャ・ウッドの演技力。
まだ声変わり前のあどけなさが残るイライジャですが、それがもう迫真の演技!
戦争から帰還した父の言葉によって、成長していく息子の繊細な感情の変化を見事に演じきっています。
感情を爆発させるシーンがとくにすごいと思う。

うちの学校の先生が、『手っ取り早く(しかも楽しく)文化を学ぶ方法は、映画を見ることだ』
と言ってました。
現に本を読んでても文化研究には映画研究がよく出てきたりしますしね。
これはまさに“文化を知りたい”人にうってつけでしょう。

ああもう物書きじゃないから上手く書けないなあ…
M氏!バトンタッチ!
この映画について滔々と語ってくれたまへ。


02:10 Movies | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。