2005.06 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.06.26 本日もレンタルCDさんたち
昨日借りてきたステリオグラムの『Schmack!』を返しにTSU○AYAへ。
返すだけっ!返すだけっ!何も借りない!と言い聞かせながら摂氏32℃の日差しの下、チャリをせっせとこぐ。
(途中で命の危機に3度ほどさらされた)

TSU○AYA到着。
ステリオグラム返却。

さ、帰るべな。

……と思ったはずなのに足は自然と洋楽CDの棚のほうへ。

結局借りてしまいました!!

でもでも2枚だけに抑えたんだよ!なんとかっ!(そういう問題じゃない)

借りちゃったもんはしょうがない。ここで紹介するしかない!(そういう問題だったんだ)




□BROOKE 『Coming Home』

Coming Home


カリフォルニア出身のアーティストさんです。
うん!それっぽい!
カリフォルニアの青空のようなスカッとしたポップさ。
といってもパンクではございませんで、ロックです。
ちょっとハスキィでとがった声がUSぽいです。
シュガーカルトがもちょっとオトナになって落ち着いた感じがしました。

しかし…このブルックさん…顔細いですねっ!

BROOKEs.jpg



□Jack Johnson 『on and on』

On and On


>>official web site (試聴もできます)

以前『私的ジャケット大賞』でも紹介しましたJack Johnsonの2ndです。
これも涼しげでいいですねぇ。
実はハワイ出身のサーファーさんなんだそうです。
その上フィルムメーカーだとか。
多才!

そんな彼のサウンドですが、一言で言えば「心地いい」です。
アコースティック・ギターがゆったりとしたリズムを刻み、
そこにジャックのつぶやくようなボーカルが重なる。
楽園の午後に日陰でお昼寝してるような心地よさ。
北欧のそれとはまた違った良さがあります。
なんかこう……ねむ~くなってくるんですねぇ。いい意味で。
夏の昼寝には最適です。

でも歌詞はいたって現実的。

“gone going gone everything gone give a damn
gone be the birds if they don't want to sing
gone people all awkward with their things, gone”


……衝撃です。

そこもまた魅力ですが。
社会に向けて主張の強いアーティストは嫌いじゃないです。
それこそアーティストのとるべき立場だと思うし。

でも個人に対する中傷とかを歌に盛り込んでしまうアーティストは苦手です。
他人の悪口を延々聴き続けるなんて、とてもできません。
歌は人を傷つけるためにあるんじゃないと思う。


ま、湿っぽい話は置いときまして、番外編。
\1,500というスペシャルプライスで売ってたもんで…買っちゃいました!これっ↓

ダイヤルM

>>詳しいレビューはこちらです。

しっかし、グウィネス・パルトロウのショートヘアは素敵ですね。
スタイルがいいからスーツもドレスも良く似合う♪
その上バリバリのキャリアウーマン。(国連だからケタ違い)

幸せもんだね!クリス!!
末永くお幸せに…




しかし暑いですねぇ…
梅雨はどこにいったんでしょ??
このままじゃ地元のため池が干上がってしまう!
「マイムマイム」でも踊りますか。
(あれって雨乞いの歌らしいですよ!)
マイムマイムマイムマイム♪ マイムレッサンソン♪

スポンサーサイト
19:24 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2005.06.26 本日のレンタルCDさんたち
ヴィヴァ★月にいちどの半額クーポン週間!!
この週に借りだめして後で聴くってのがお決まりのパターンです。

でもこれって…TSU○AYAの策略にまんまと引っかかってますよね…

ま!いいやっ♪
今日借りてきたCDさんたちはこちらです。




□Steriogram 『Schmack!』

Schmack!

>>"Walkie Talkie Man"のPVを見る!

以前『私的PV大賞 vol.3』で紹介しましたステリオグラム!
ニュージーランドのバンドだったんですね!
ライナーノーツ見て知りました。

とにかく盛り上がりたい夏にぴったりのこのバンド。
思わずヘッドハンギングしたくなるノリのいい曲が目白押し!
メロディアス・ロック5割+ラップ5割ってとこですかね。
日本人にはとてもマネできない早口さんです。

そうそう、ライナーノーツに書いてあったんですが、ニュージーランドの人は、自分達のことを、自国にいる飛べない鳥にちなんで「キウイ」って言ったりするんですって!
キウイ……かわいい*

これでiPodCM曲4曲ゲットだぜ★(…ポ○モン?)


□haven 『between the senses』

Between the Senses [US Bonus Tracks]


『UKロック』の文字が目に入った途端、カゴのなかに放り込んでました。
そして期待を裏切らなかった!
でも声質はUK+若干USってかんじですね。
Trainとか、Goo Goo Dollsに似てるかな?
でも高い声が美しい!
ファルセットスキーにはたまらん。
油絵のような歌詞カード↓もまた魅力的です。

havenss.jpg



□Goo Goo Dolls 『Dizzy Up The Girl』

Dizzy up the Girl


プロモで即惚れした"Iris"がだ~うしても欲しかったもので。
3拍子に重なるアコースティック・ギターとストリングスがスバラシイ。
曲の展開の仕方もすごくいい。
盛り上がって盛り上がって少し静かになってそこでサビ!!っていう。
もちろん他にも"Bullet Proof"とか"Acoustic #3"とか、良い曲いっぱい!


□THIRD EYE BLIND 『THIRD EYE BLIND』

Third Eye Blind


3曲目の"Semi-Charmed Life"…
THIRD EYE BLINDだったんだー!
3年くらい知らないで聴いてたよ…
オムニバスの策略にドポン。


□GIRLS IN HAWAII 『FROM HERE TO THERE』

フロム・ヒア・トゥ・ゼア


明らかにピンボケしてる写真をジャケに持ってくる心意気に打たれて。
うーん…そうですな、Fountains of Wayne+THE STROKES+Tahiti80(1st)÷3ってなサウンドです!
とっても軽めでポップなんだけど、ちょっとヒネってあるっていいますか。
良い意味で、一筋縄ではないです。
1曲目なんて鳥の声から始まるし!

さ~て、歌詞を見て見ましょ♪と思って歌詞カードをめくったら歌詞が載ってないでやんの!
でも、そのかわりにきれいなポラロイド写真が並べてありました。
どの写真も色味がきれいで、和やか。
いいですねー!!こういうの↓大好き!!

20050626012612s.jpg



□LORD OF THE RINGS:THE TWO TOWERS Original Soundtrack

The Lord of the Rings: The Two Towers [Original Motion Picture Soundtrack]


"二つの塔"だけまだ借りたことなかったので借りてきました!
"旅の仲間"ではEnya、"王の帰還"ではAnnie Lennoxがエンディング・テーマをつとめてましたが、この"二つの塔"ではEmiliana Torrini。
……最初に聞いたときはビョークかとおもっくそ勘違いしました!
どうやら彼女はビョーク主宰レーベルのアーティストさんだそうで。
道理で似てるわけだわー!

さて、Howard Shoreによるサウンドトラックですが、今回もまた秀逸です。
"二つの塔"ではローハン国がテーマになることが多いので、ローハンのテーマが主体です。
もちろん旅の仲間のテーマも組み込まれていて、前作とのつなぎも完璧。

3部作あわせて10時間ぶんものスコアを書いたというHoward Shoreの才能を思うとめまいがします…
ご…ごくろうさまでしたっ!!




ステリオグラムは新作だから明日返してこなきゃ!
ううめんどくさい…
どうせだったらフランツ・フェルディナントも借りてくればよかったYO!

そして今コンフェデ杯ドイツ vs ブラジル戦見てます!
ブラジルが先制したと思ったらすぐさまドイツがゴールで1-1!
こりゃ面白くなってきたぞ!
Wer gewinnt wohl!?


01:36 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。