FC2ブログ
2005.07 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

2005.07.20 ポールとボノ、マドンナとクリス

>> ポール・マッカートニーとU2、ギネスに

サー・ポール・マッカートニーとU2がカバーした"Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band"が、「最も速く売りに出されたシングル曲」としてギネスに申請された。

The Beatlesの往年の名曲のカバーは、7月2日にハイドパークで行われたLIVE 8で20万人を前に披露された。

ショー以降、"Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band"はダウンロードチャートのトップに君臨し続けている。
その曲はショーから45分のうちにダウンロード可能となった。

「土曜日にあの曲が生まれてから、数時間のセールスだけで6位にランクインしたんです。」製作の最終段階を勤めた7Digital Mediaのスポークスマン、Ben Druryは語った。

「“runner”が文字通り『走って』ライブ会場からセント・ジェームズ・スクエアまで音源を持ってきてくれ、私達がアップロードし、プログラマーが魔法をかけたんです。」


それにしても速い!敏腕!そして欲しい!

この伝説のGIGはこちらで!>> AOL Music

aotm-u2e.gif
サングラス集め部門でもすごいボノ


>> マドンナのために

ポップ・クイーン、マドンナが英国郊外で開いたパーティーで、Coldplayのクリス・マーティンが妻であるグウィネス・パルトロウと一緒に、マドンナのために歌ったという。

パーティーに招かれた客は全員、歌や詩、劇などをすることになり、クリスとグウィネスは歌を歌うことになった、とマドンナはVogue誌のインタビューで明らかにした。

クリスとグウィネスは、ポール・マッカートニーの娘であるステラとマドンナの"American Life"のカバー、"American Wife"を披露した。

マドンナは4度目の結婚記念日にあわせてこのパーティーを開いたという。

「グウィネスがファンタスティックなラップを、ステラがコーラスを歌って、それから…クリスはピアノを弾いていたわ。」

また、Stingはリュートを弾き、マドンナ自身は"The Town Wench Or Chastity Rewarded"の1シーンを演じてみせたらしい。


Source : Yahoo!UK&IRELAND

なんて豪華なパーティーなんでしょう。
ちょっとしたロックフェスみたい。



スポンサーサイト



18:25 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2005.07.20 凹んだ気分にこの一曲
gloryhole++のけいさんから企画リクエストいただきました!

落ち込んだときに聴く曲…
そうですな、だいたい2種類に分かれます。
癒されたくて聴く優しい曲と、
もうとことん荒んだ気分になってみる、もしくはテンションを上げるために聴く激しい曲と。

では!さっそく。

----------------------------------------------------------------やさしい処方箋


□Here Comes The Sun / The Beatles

Abbey Road


伝説のアルバム、"Abbey Road"から。
このジャケットを知らないひとはいないでしょう。
「辛い時期にも絶対終わりがあるはず。がんばろう。」って気分にさせてくれる優しい曲。
大学受けに遠くまで旅したとき、夕飯食べながら父とビートルズについてえんえん喋ったのを思い出します…
もっと現実的な話をしなさい、自分。
横の親子は深刻そうな面持ちだったぞ。

>>けいさんへ私信。

マジカル・ミステリー・ツアー"Here Comes The Sun"聴いたことある?まだだったら是非!ほのぼのするよ。ちなみに、けいさんの大好きな"Hallo Goodbye"が収録されてるのは横の『マジカル・ミステリー・ツアー』!"Penny Lane"や"All You Need Is Love"などなど、おなじみの曲も入ってます。"Strawberry Fields Forever"は一度は聞いたほうがいいかも!


□Whatever / Oasis

Whatever


"Whatever you do, whatever you say, yeah, now it's alright."
…歌詞に励まされます。
ピースフルな雰囲気とストリングスも最高。
やっぱこれだよねぇ…


□Hold On / JET

Spider-Man 2 [Original Soundtrack]


『スパイダーマン2』のサントラ借りてみてびっくり。
お気に入りのアーティストが目白押しだったのです。
DASHBOARD CONFESSIONALに始まりTrainMAROON5YELLOWCARDTHE ATARISなどなど。
(ただ…日本版ボーナストラックは…いただけない…あれさえ無ければ…orz)
そしてJETね!
ゴリゴリした曲が続いてたので、JETも"Are You Gonna Be My Girl"系が来るのかしらん?と思ってたら、案外ミディアムでした。
"Look What You've Done"に通じる、やわらかい曲です。
"Hold On"と何回も言ってくれるから、よし、がんばるぞ!となるわけです。


□Tumble And Fall / FEEDER

PUSHING THE SENSES(期間限定生産品)


つまずいてるのは自分だけじゃないということですね。
みんなそうなんです。
うだうだ言ってちゃいけませんね。
という気持ちになる1曲。
ライブで見たい!聴きたい!うたいタイ!(懐かし~)


----------------------------------------------------------------激しい処方箋

□ELEVATION/ U2

All That You Can't Leave Behind


今月のパワープッシュアーティスト、U2さん。
これを聴けばテンションアップ!
何せタイトルが"ELEVATION"ですからね。

aotm-u2e.gif
夏男ボノ


□Faint / LINKIN PARK

Meteora


うだうだ悩んでる自分なんて吹き飛ばしてくれます。チェスターのシャウトは。
もうもやもやしてどうしようもないときはいつもこの曲聴いてます。
アドレナリン大放出。
I WON'T BE IGNORED!!!

□罪と罰 / 椎名林檎

勝訴ストリップ


とことん荒みたいときはリンキンの"FROM THE INSIDE"かこれですね。
この曲のPVは衝撃的だった…
どうやったら車があんな真っ二つになるんですか、林檎さん。
そして素晴らしく濃いメイクでした。

□WAY AWAY / YELLOWCARD

Ocean Avenue


このバンドはちょっと面白いですよ。
ドラム+ベース+ギター+ボーカル+ヴァイオリンですからね!
その融合が、激しいのに煩くならないメロディック・パンクに昇華されて、なんだかいい感じなのです。
しかも噂によるとこのヴァイオリニスト、クラシック音楽を正式に学んだらしいです。
その上ライブではバック宙もするらしいです。
すごいですね!

"WAY AWAY"はアルバム『OCEAN AVENUE』の1曲めで、疾走感溢れるロック・ナンバー。
ヴァイオリンのからみが絶妙!
WAY AWAY AWAY AWAY……

----------------------------------------------------------------おしまい。

どちらかといえば、激しい曲を聴くほうが多いかも!
絶対聴かないのは…"Creep"です。やっぱり。
だって落ち込んでるときにあれを聴いてしまったら三途の川が見えそうですもの…




>> 関連アーティストオフィシャルサイト

The Beatles / Oasis / JET / DASHBOARD CONFESSIONAL / Train / MAROON5 / YELLOWCARD / THE ATARIS / FEEDER / U2 / LINKIN PARK / 椎名林檎 / Radiohead
17:56 Music | TRACKBACK(1) | COMMENT(2) |
2005.07.20 2005年のUKベストアルバムは?
どうやら今年のMercury Music Prizeのノミネートが発表されたようです!(Yahoo! UK&IRELAND)

Mercury Music Prizeって何ですかい?>> こちら
要するにその年のUKベストアルバムに与えられる賞なんだそう。

>> Mercury Music Prize OFFICIAL SITE

気になる今年のノミネートはこちら!

・Anthony and the Johnsons – I Am A Bird Now
・Bloc Party – Silent Alarm
・Coldplay – X&Y
・Hard-Fi – Stars of CCTV
・Kaiser Chiefs – Employment
・KT Tunstall – Eye To The Telescope
・M.I.A. – Arular
・Maximo Park – A Certain Trigger
・Polar Bear (band) – Held On The Tips Of Fingers
・Seth Lakeman – Kitty Jay
・The Go! Team – Thunder, Lightning, Strike
・The Magic Numbers – The Magic Numbers


やっぱり食い込んで来ましたね、Coldplay!
2000年"Parachutes"、2003年"A Rush Of Blood To The Head"に続く3度目のノミネート。
今年は取れるでしょうか?
Kaiser ChiefsやBloc Partyにも注目です。


過去の受賞者↓↓↓

2004 -- Franz Ferdinand – Franz Ferdinand
2003 -- Dizzee Rascal - Boy In Da Corner
2002 -- Ms. Dynamite - A Little Deeper
2001 -- P J Harvey - Stories from the City, Stories from the Sea
2000 -- Badly Drawn Boy - The Hour Of Bewilderbeast
1999 -- Talvin Singh - OK
1998 -- Gomez - Bring It On
1997 -- Roni Size/Reprazent - New Forms
1996 -- Pulp - Different Class
1995 -- Portishead - Dummy
1994 -- M People - Elegant Slumming
1993 -- Suede - Suede
1992 -- Primal Scream - Screamadelica


2004年はフランツ・フェルディナンドですか!
言われてみれば確かにって感じですね。
彼ら、革命っぽいですもの。存在が。
名前が名前だけに…

各年のノミネートを集めたCDなんかもあるらしいです。
2004年はこんな感じ!
Mercury Music Prize 2004


1.Good Luck - Basement Jaxx
2.Dark Of The Matinee - Franz Ferdinand
3.Superstar - Jamelia
4.I'm A Cuckoo - Belle & Sebastian
5.Stronger Than Me - Amy Winehouse
6.Can't Stop Now - Keane
7.Super Duper Love (Are You Diggin On Me?) Pt.1 - Joss Stone
8.Ha Ha - Ty
9.Run - Snow Patrol
10.Old Europe - Robert Wyatt
11.Fit But You Know It - The Streets
12.You Will You Won't - The Zutons
13.Jus A Rascal - Dizzee Rascal (Winner Of The 2003 Mercury Prize)

実においしいアルバムですね!!
さて今年はどうなるんでしょう?
発表は9月6日。
2万ポンドの賞金は誰の手に!?

00:38 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :