2005.08 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.08.30 VMAを制したのは・・・!?
VMA05.gif

MTV Video Music Awards'05、通称VMAが日曜にマイアミで開催され、感動と興奮のなか(なんだこの口調)幕を閉じました!

…となると気になってくるのが受賞者ですね。

でもMTVで放送されるときまでは知りたくないっ!という方もいらっしゃるやもしれませんので(私がそう)、受賞者はこっそり書いておきます。
気になる方は反転してどうぞ!


【最優秀ビデオ賞 VIDEO OF THE YEAR】

コールドプレイ 「Speed of Sound」 (ディレクター:マーク・ロマネク)
カニエ・ウェスト 「Jesus Walks」 (ディレクター:クリス・ミルク)
グリーン・デイ 「Boulevard of Broken Dreams」 (ディレクター:サミュエル・ベイヤー)
スヌープ・ドッグ featuring ファレル 「Drop It Like It’s Hot」 (ディレクター:ポール・ハンター)
グウェン・ステファニー 「Hollaback Girl」 (ディレクター:ポール・ハンター)

WINNER-グリーン・デイ 「Boulevard of Broken Dreams」 (ディレクター:サミュエル・ベイヤー)


【最優秀男性アーティスト・ビデオ賞 BEST MALE VIDEO】

50セント 「Candy Shop」
カニエ・ウェスト 「Jesus Walks」
ベック 「E-Pro」
アッシャー 「Caught Up」
ジョン・レジェンド 「Ordinary People」

WINNER-カニエ・ウェスト 「Jesus Walks」 (ディレクター:クリス・ミルク)


【最優秀女性アーティスト・ビデオ賞 BEST FEMALE VIDEO】

エイメリー 「1 Thing」
マライア・キャリー 「We Belong Together」
グウェン・ステファニー 「Hollaback Girl」
シャキーラ featuring アレハンドロ・サンズ 「La Tortura」
ケリー・クラークソン 「Since U Been Gone」

WINNER-ケリー・クラークソン 「Since U Been Gone」(ディレクター:アレックス・デ・ラコフ)


【最優秀グループ・ビデオ賞 BEST GROUP VIDEO】

ブラック・アイド・ピーズ 「Don't Phunk With My Heart」
ザ・キラーズ 「Mr. Brightside」
デスティニーズ・チャイルド featuring T.I. & リル・ウェイン 「Soldier」
U2 「Vertigo」
グリーン・デイ 「Boulevard of Broken Dreams」

WINNER-グリーン・デイ 「Boulevard of Broken Dreams」(ディレクター:サミュエル・ベイヤー)


【最優秀ラップ・ビデオ BEST RAP VIDEO】

エミネム 「Just Lose It」
T.I. 「U Don’t Know Me」
ザ・ゲーム&50セント 「Hate It Or Love It」
イン・ヤン・ツインズ 「Wait」
リュダクリス 「Number One Spot」

WINNER-リュダクリス 「Number One Spot」(ディレクター:ファット・キャッツ/チャカ・ズルー)


【最優秀R&Bビデオ賞 BEST R&B VIDEO】

アリシア・キーズ 「Karma」
マライア・キャリー 「We Belong Together」
シアラ featuring リュダクリス 「Oh」
アッシャー&アリシア・キーズ 「My Boo」
ジョン・レジェンド 「Ordinary People」

WINNER-アリシア・キーズ 「Karma」(ディレクター:クリス・ロビンソン/アリシア・キーズ)


【最優秀ヒップホップ・ビデオ賞 BEST HIP HOP VIDEO】

コモン 「Go」
ナズ featuring オル・ダラ 「Bridging The Gap」
カニエ・ウェスト 「Jesus Walks」
スヌープ・ドッグ featuring ファレル 「Drop It Like It’s Hot」
ミッシー・エリオット featuring シアラ&ファット・マン・スクープ 「Lose Control」

WINNER-ミッシー・エリオット featuring シアラ&ファットマン・スクープ 「Lose Control」
(ディレクター:デイヴ・マイヤーズ/ミッシー・エリオット)



【最優秀ダンス・ビデオ賞 BEST DANCE VIDEO】

シアラ 「1,2 Step」
ミッシー・エリオット featuring シアラ&ファット・マン・スクープ 「Lose Control」
デスティニーズ・チャイルド 「Lose My Breath」
シャキーラ featuring アレハンドロ・サンズ 「La Tortura」
ジェニファー・ロペス 「Get Right」

WINNER-ミッシー・エリオット featuring シアラ&ファットマン・スクープ 「Lose Control」
(ディレクター:デイヴ・マイヤーズ/ミッシー・エリオット)



【最優秀ロック・ビデオ賞 BEST ROCK VIDEO】

フー・ファイターズ 「Best of You」
マイ・ケミカル・ロマンス 「Helena」
グリーン・デイ 「Boulevard of Broken Dreams」
ウィーザー 「Beverly Hills」
ザ・キラーズ 「Mr. Brightside」

WINNER-グリーン・デイ 「Boulevard of Broken Dreams」(ディレクター:サミュエル・ベイヤー)


【最優秀ポップ・ビデオ賞 BEST POP VIDEO】

アシュリー・シンプソン 「Pieces of Me」
ケリー・クラークソン 「Since U Been Gone」
グリーン・デイ 「Boulevard of Broken Dreams」
リンジー・ローハン 「Rumors」
ジェシー・マッカートニー 「Beautiful Soul」

WINNER-ケリー・クラークソン 「Since U Been Gone」(ディレクター:アレックス・デ・ラコフ)


【最優秀新人アーティスト・ビデオ賞 BEST NEW ARTIST IN A VIDEO】

シアラ 「1,2 Step」
ザ・キラーズ 「Mr. Brightside」
ザ・ゲーム 「Dreams」
マイ・ケミカル・ロマンス 「Helena」
ジョン・レジェンド 「Ordinary People」

WINNER-ザ・キラーズ 「Mr. Brightside」 (ディレクター:ソフィー・ミューラー)


【ブレイクスルー・ビデオ賞】

エミネム 「Mosh」 (ディレクター:イアン・イナバ)
サラ・マクラクラン 「World On Fire」 (ディレクター:ソフィー・ミューラー)
ゴリラズ 「Feel Good INC.」 (ディレクター:ジェイミー・ヒューレット、ピート・キャンデランド)
U2 「Vertigo」 (ディレクター:アレックス&マーティン)
ミッシー・エリオット featuring シアラ&ファット・マン・スクープ 「Lose Control」
(ディレクター:デイヴ・マイヤーズ、ミッシー・エリオット)

WINNER-ゴリラズ「Feel Good INC.」(ディレクター:ジェイミー・ヒューレット/ピート・カンデランド)

その他のノミネーションの受賞など、詳細はこちらの記事で!

MTV MUSIC NEWSより)



という結果でした!

ちなみに、今年のプレゼンターにはJessica Simpson、Jeremy Piven、Lil' Kim、Eva Longoria、Ricky Martin、Lindsay Lohan、Orlando Bloom、Kirsten Dunst、Jessica Albaといった豪華な顔ぶれが登場したみたいですよ!

MTVでは、9月11日(日)にオンエア予定。(初回放送、リピートあり)

また"VMA 2005 Count Down スペシャル"と題した特集番組も放送するそうです。

On Air Schedule
9/4 [日] 22:00 - 23:30 ★Premiere
9/5 [月] 27:30 - 29:00
9/8 [木] 15:30 - 17:00
9/10 [土] 20:00 - 21:30

1.VMAの舞台裏: 2005 VMA Uncensored (30分)
今年で22回目を迎えるVMA、その裏側を大公開。

2.マイアミ特集: My Block Miami (30分)
VMA 2005が開催される都市、マイアミの魅力に迫る。

3.VMAパフォーマンス特集:VMA Favorite Performances (30分)
過去のVMAでの優れたライブ・パフォーマンスをピックアップ。

MTV JAPAN.COMより)




VMAにあわせて、背景画像もリニューアル!
しずくのロゴとおそろいです。




□関連記事

>>Yahoo! UK&IRELAND VMA '05
投票フォームなんてのもありまっせ。
>>ANANOVA
>>BARKS
スポンサーサイト
16:58 Music | TRACKBACK(2) | COMMENT(6) |
2005.08.29 もうすぐ開園!チョコ工場
charlie.jpgCharlie and the Chocolate Factory
邦題:チャーリーとチョコレート工場
監督:ティム・バートン
原作:ロアルド・ダール
音楽:ダニー・エルフマン
キャスト:ジョニー・デップ/フレディー・ハイモア/デイビッド・ケリー /ヘレナ・ボナム・カーター





日本での公開は9月10日!
ワンカさんのチョコレート工場、もうすぐ開園ですね。
ちびっこたちがよだれをたらしながら待ちわびている(んな訳ない)さなか、
友人のK子ちゃんがなんと試写会に行ってきたそうで!

世間より一足早くチョコ工場に入れるとは…うらめし…あ、間違えた、うらやましいこと限りないですね。

というわけで、せっかくなので、Q&A方式でレポしてもらいました♪
それでは、レッツ★ブギ!


1)"Charlie and the Chocolate Factory"のあらすじをお願いします。

では、稚拙ながらあらすじをば…。

町の一画にそびえるウィリー・ウォンカの巨大なチョコレート工場…。何年もの間まったく人の出入りが無く、工場の中の様子を知る者は誰もいない。
そんなある日、謎に包まれた人物ウィリー・ウォンカから『チョコバーの中に入っているゴールデン・チケットを探し出した5人の子どもを工場に招待する』という広告が出され、チケットを見つけ出そうと世界中が大パニックに。

幸運にもチケットを手に入れた5人の子どもたちは、ウィリー・ウォンカに導かれ工場の中へ!

工場にはどんな秘密が隠されているのか?
5人のうちの1人だけがもらえる特別賞とは??
そして、ウィリー・ウォンカが子どもたちを工場に招いた真の目的とは?!

乞うご期待!!(笑)

(ウィリー氏の名字をウォンカと記載していますが、これ以下はワンカさんと呼ばせていただきます。そっちの方がかわいいから!!)



2)ここに注目して観ると面白い!という所は?

この映画には、原作に無いエピソード(ワンカさんとワンカパパについてのエピソード)が加えられていたり、ワンカさん自身のキャラクターも原作よりトリッキーな感じになっていたりするので原作を読んだことがある人は比較してみるのも楽しいかもしれません。

って私まだ原作きちんと読んでないけど…(おい)

夢のチョコレート工場あと1971年に制作された、ジーン・ワイルダーの主演映画『夢のチョコレート工場』も原作が同じなので、こちらと比較することもできます。



ちなみに私も見てみましたが、ジーンワンカのほうはメルヘンチックな、童話のような映画でした。
それに対してジョニーワンカのほうはとにかくオシャレで、スピード感あふれる映画でした。

ジョニー・デップ好きなら、ひたすらワンカさんの一挙一動に注目するもよし(もう、いちいち可愛い♪)、ティム・バートン好きなら、彼の世界観を堪能するもよし(毎回のことながら、小物ひとつをとってみても本当に凝っています…)、お父さんお母さんなら、子どもと一緒に見て家族の絆を深めるもよし(大人も十分楽しめます!)…。

コメディーではありませんがかなり笑える作品なので、笑うのが大好きな人もウェルカムです(試写会でもかなり笑いが起こっていました)。

でもまぁ、楽しみ方は人それぞれなので、ここに注目!!とはハッキリ言えませんね。

一つ言わせてもらえるなら、劇中の音楽が良いです。
ワンカさんとお手手つないで一緒に横揺れしたくなってしまうほどノリノリです(笑)
なので映像だけでなく、是非とも音楽にも耳を傾けてみてください♪



サントラも勿論ありますよ~♪
B0009T2S0WCharlie and the Chocolate Factory [Original Motion Picture Soundtrack]
Danny Elfman Rick Wentworth Danny Elfman
Warner 2005-07-12

by G-Tools



3)キャストの中でいちばん好きなのは誰ですか?

これは…。

私に聞くと、もんのすごく偏った答えが返ってくることを承知で聞いているんでしょうか?りくちゃん(笑)

というわけで…。

何と言ってもウィリー・ウォンカ役のジョニー・デップが素晴らしいっす!!

私なんかが言わなくとも誰もが知っていると思いますが、ジョニーの演技力はすごいです。
その演技力で、ワンカさんをかなりクセのある人物に仕立て上げています。

クセがあるというか…言ってみれば『いい歳してるのに頭の中は子どものまんま』という感じです(あ、コナンの逆だ!)。

でもそんなワンカ像が、ティム氏の作り出す世界観と超マッチ!!しています。
かなりの曲者演技なのに、それがわざとらしく無い所も、やられたなーって感じです。

あとウンパルンパ役のディープ・ロイもいい味出してました。
裏主役はウンパルンパだと言ってもいい位大活躍してます(笑)



4)監督はティム・バートンですが、今作以外に好きな作品はありますか?

ジョニー・デップとタッグを組むことが多いので、ティム氏の映画は結構見てます。

シザーハンズ 特別編今作以外で好きな作品は『シザーハンズ』です。
『シザーハンズ』は、ハサミの手を持つ人造人間のエドワードが人間社会の中で暮らし、人の温もりや愛、憎悪や偏見など、さまざまな人間の美しさと醜さにふれる物語です。
私が初めてこの作品を見たのは小学生のときで、ちょっぴり不気味で少し寂しげな美しい映像にも、エドワードとキムという少女の恋物語にも惹かれました。
エドワードを演じるジョニー・デップの演技もいい!!(≧∀≦)
台詞はあまり無く、表情で気持ちをあらわしている部分が多いんですが、これがまた最高なんです!
何度見ても切ない気持ちになる素敵な映画です。



ナイトメアー・ビフォア・クリスマスあと、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』もおもしろいと思います。
人形をちょっとずつちょっとずつ動かしながら撮影していくストップモーション・アニメなんですが、動きが本当に滑らかで、見ていてちょっと感動します!

子どもの頃初めて見たときは、不気味だし、気味が悪いアニメだと思っていたのですが、大きくなってからもう一度見てみたら色々と良さが分かってきましたね。





この秋には、ティム氏の新たなストップモーション・アニメ『コープス・ブライド』が公開されるそうです。(何宣伝してるんだろう、私)

予告編を見てみましたが、『ナイトメア~』以上に映像が滑らかになっていて、ストップモーションなのが信じられないくらいでした。これも楽しみな映画です。

ちなみに主役のヴィクターの声を演ずるのはジョニー・デップですよ、奥さん!(誰)

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションそれから、近所のレンタルショップに行くといつも借りられているので見ていないのですが、『ビック・フィッシュ』もおもしろそうだなぁと思います。





5)ジョニー・デップ主演ですが、今作以外に好きな出演作は何ですか?

ヴィジュアル的には『シークレット・ウィンドウ』と『ニック・オブ・タイム』がダントツです!

シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディションニック・オブ・タイム

メガネつながり…?



一番好きなのは『妹の恋人』です。

妹の恋人<特別編>ジョニー・デップはバスター・キートンに憧れるパントマイマーのサムを演じています。

このサムが!!(落ち着け)ちょっと変わっていて、ワンカさん並にかわいいんです!。
今作を見てワンカさんに一目惚れしてしまった方は是非とも見ましょう。

「ワンカさんには惚れなかったざます!」もしくは「おいどんは男ですたい!」という方もご心配なく。
サムだけでなく、ストーリーもとっても可愛らしくて心温まる作品なので、是非とも見ましょう!(笑)



ネバーランドそれから、『ネバーランド』もお薦めの作品です。作品中に使われている緑色がとてもとても美しいです。
今作にてチャーリーを演じているフレディ・ハイモア(ピーター役)の演技も抜群!



6)ありがとうございました!最後にこの映画(ワンカさん)への愛をどうぞ!

いえいえ、どういたしまして(^◇^)

え~、あんまりワンカさんだのジョニー・デップだのと語りすぎるのもアレかと思うので、ここでは純粋に(?)映画について!

…といっても、さすがに公開前にネタばれはイカンですよね。

じゃあ簡潔に。

私は、キャラクターも映像も音楽もストーリーも全てひっくるめてこの作品を愛しちゃいました(^3^)

私がおすぎなら、札束いくら積んでも見に行くと思われます(笑)

あ、でもこれはあくまで私個人の感想ですので、見て「おもしろくなかったなぁ」とか感じても、苦情は勘弁してくださいな(>_<)



K子ちゃん、お疲れ様でございました!
こんなに丁寧に答えてくれるとは…母ちゃん嬉しいよ(ノ;∀;)(またか
ほんとにありがとう!

さてさて、こんなに大絶賛されているとあらば、俄然見たくなってまいりましたよ!

公開の前にオフィシャルサイトをのぞいて、ワンカワールドをちょっとかじってみませう♪

wonka0.jpgこちらでございまぁ~す♪

>>オフィシャルサイト(日本語)
>>オフィシャルサイト(英語)



22:20 Johnny Depp | TRACKBACK(1) | COMMENT(4) |
2005.08.27 “地上最高”バンドは?
なにやら最近楽しい音楽ニゥスがいっぱいです!

>>GREEN DAYが地上最高バンドに!! (BARKS
20050827015202.gif8月25日に発表された<Kerrang!Awards>で、複数部門にノミネートを受けていたグリーン・デイが“地上最高バンド”の栄誉に輝いた。彼らはまた、最優秀ライヴバンドにも選ばれている。昨年は世界ツアーを行ったメタリカが同賞を受賞した。

グリーン・デイは他に<MTVビデオ・ミュージック・アワード>でも最多部門にノミネートされている。授賞式は8月28日に開催される予定だ。

バンドは現在、米国ツアー中。8月26日はフロリダでコンサートを行なう。


キャッホー!!!おめでたうグリンデイ★
母ちゃん嬉しいよ(ノ;∀;)(誰だ
VMA(click!↓)もがんばっておくんなまし!

VMA05.gif

>>GREEN DAY OFFICIAL SITE

そしてそしてこうなってくれば気になる“Kerrang!Awards”の全貌。
さっそくノミネート&受賞アーティストを見てみましょ!

□ Best British Newcomer

1. Bullet For My Valentine
2. Fightstar
3. Towers Of London
4. Nine Black Alps
5. THE GA* GA*S

WINNER-Bullet For My Valentine

□ Best International Newcomer - Sponsored by Epiphone

1. Trivium
2. Eighteen Visions
3. Emanuel
4. Lordi
5. Still Remains

WINNER-Trivium

□ Best Single

1. Green Day 'American Idiot'
2. System Of A Down 'Bring Your Own Bomb"
3. My Chemical Romance 'I'm Not Okay (I Promise)...'
4. Foo Fighters 'Best of You'
5. Nightwish 'Nemo'

WINNER-Foo Fighters "Best Of You"

20050827015233.gifおめでとうデイヴ♪
'Best of You'はPVも大好き!
色味とデイヴのきれいな歯並びが(笑)
試聴はこちらでどうぞ!



□ Best Video

1. My Chemical Romance 'Helena'
2. Green Day 'Holiday'
3. System of A Down 'Bring Your Own Bomb'
4. Good Charlotte 'Chronicles of Life and Death'
5. Weezer 'Beverly Hills'

WINNER-My Chemical Romance 'Helena'

□ Best Album - Sponsored by Virgin Megastores

1. Green Day 'American Idiot'
2. System Of A Down 'Mezmerize'
3. My Chemical Romance 'Three Cheers For Sweet Revenge'
4. Foo Fighters 'In Your Honor'
5. Trivium 'Ascendancy'

WINNER-My Chemical Romance 'Three Cheers For Sweet Revenge'

□ Best Live Band - Sponsored by Carling

1. Rammstein
2. Green Day
3. System Of A Down
4. Slipknot
5. Avenged Sevenfold

WINNER-Green Day

□ Best British Band - Sponsored by Roadrunner Records

1. Feeder
2. Stereophonics
3. Funeral For A Friend
4. Placebo
5. Cradle Of Filth

WINNER-Funeral For A Friend

□ Best Band On The Planet - Sponsored by Kerrang! 105.2

1. Green Day
2. My Chemical Romance
3. System Of A Down
4. HIM
5. Foo Fighters

WINNER-Green Day

20050827024146.gifNow everybody do the PROPAGANDA!







その他のカテゴリー&受賞アーティストはこちら↓

・The Icon Award - Marilyn Manson
・Services To Metal - Roadrunner Records
・Spirit Of Rock - Killing Joke
・Hall Of Fame - Iron Maiden
・Classic Songwriter - Trent Reznor from Nine Inch Nails


[Kerrang! Awards Blog / dotmusic]



しっかしほんとにすごいですね。
GREEN DAY熱が高まってきてる気がします。

うちの中でもなんだかGREEN DAY熱が高まってきて、
父ちゃんは会社の行きがけに聴くわ、
妹は毎日"American Idiot"の曲を耳コピしてベースべんべけ弾くわ、すごいもんです(;´ー`)
ふたりとも私よか詳しいし。
父さんなんて半世紀生きてるくせに…
ふぬー!負けるかー!と必然的にGREEN DAYをますます好きになってしまうという素晴らしい効果が出てるのでよしとします。
02:49 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
2005.08.25 RadioheadとOasisの新作や如何に
RadioheadとOasisの新作マメ情報が届きました!

□Radiohead

>>Radiohead アルバム制作のためスタジオへ!VIBE-NET.COM

Thom.gifレディオヘッドが、'03年の『Hail To The Thief』に続くニュー・アルバムの制作に取りかかるため、8/18にスタジオ入りしたようだ。このたび、7枚目のスタジオ・アルバム(タイトル未定)に関する計画をオフィシャル・サイトで発表した彼ら。

ヴォーカルのトム・ヨークはこう明かしている。「木曜(8/18)にちゃんとしたスタジオに入るつもりでいるよ。192のフェーダーと一緒にね。選び放題で、まるでスーパーマーケットみたいだ。手にする前に全部腐っちゃうかもしれないから、さっさと食べてしまわないとね」。

バンドは'04年の初頭から自身のスタジオで断続的にレコーディングを行なっているが、新作の制作に実際にどのくらいの時間を費やしているのかは明らかになっていない。

ギタリストのジョニー・グリーンウッドは先ごろビルボード誌で「ずっと楽しんでやってるから、オフはあまりとっていないんだ。家に帰って何もしないでいる必要なんてないだろ?」と語っている。

バンドの所属事務所によれば、彼らは“音楽的な次のステップとしてどこに向かいたいかを確認する”ため、新たなスタジオで“アイデアをまとめている”段階とのことだ。(NME)

補足>>Radiohead's studio returnYahoo! Music)

トム・ヨークは先ごろNMEに、「バンドは過渡期なんだ。だけどいい方向に向かっているよ。うまくいってる。少し"KID A"に似たサウンドかな。」と語った。

ヨークは"House Of Cards", "Glass Flowers", "Reckoner" "Arpeggi"などの新曲についても明らかにした。


Hail To The NEW!(*`∀´)ノ
いや~楽しみですわい。



□Oasis

>>OASIS、ニュー・アルバムのリリースを発表BARKS

Liam09.gifオアシスのノエル・ギャラガーがニュー・アルバムのリリースについて語った。とはいえ、ノエルいわく「バンドの新作を2010年前に聴くことができればラッキー」だそうだ。

XFMオンラインによると、ノエルはNMEのインタヴューで「新曲は'07年までリリースしない。ニュー・アルバムが'10年までリリースされなくても驚くにはあたらない」と語ったという。

バンドはその代わりに、来年これまでのB面を集めたコンピレーション・アルバムを発売する予定らしい。しかしながら噂されるベスト・アルバムについては、「そんなもの出すのはバンドが解散してからだ」と否定した。ノエルはこう話している。「マニックスやブラーがなんで“ベスト”を出すのか理解できない。一体、なんだっていうんだ? これから作るものはベストじゃないって言ってるようなもんだろ。俺たちは辞めた後にベストを出す」

9月から全米ツアーをスタートするオアシス。とりあえず来年は休みを取るそうだ。

aotmoasis00.gif


OASISベスト・・・ほしいけどなあ(*´`)
自分で作るしかないですね。
ぜぇったいCD一枚じゃ収まりきらなそう!

そういえば最近またもやプリマドンナリアムが毒舌をまきちらしてますねえ。

>>オアシス VS フィル・コリンズ
>>オアシスのリアム、ピートを野次る
>>オアシスのリアム、ピートのサポートに反対だった

いつもながら凄い(;´v`)
抗争が嵐に発展しないように祈ってます。

はいそして嵐といえば台風11号。またの名をマーワーちゃん。
チャリンコ並のスピードで北上してきました。
いや、ちょっとスピードがあがったから原チャに乗り換えたかな?
こちらもだーいぶ風が強まってきました。
今夜は嵐かしら?




□関連アーティストオフィシャルサイト

Radiohead / Oasis / Blur / Manic Street Preachers / Babyshambles / Phil Collins
15:48 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
2005.08.24 “Help: A Day In The Life”
なにやらものすごいことになりそうです。

ものすごいことになりそうなのは私の寝癖でも郵便局の未来でもありません。

兎にも角にもごらんあれ↓


>>レディオヘッド、マニックスらがチャリティCDを制作 (BARKS)

チャリティ団体War Childが、豪華な面々を集めたチャリティ・アルバム『Help: A Day In The Life』をリリースする。

アルバムはイラク、アフガニスタン、ボスニアなどの戦争国で傷ついた子供たちを支援するため制作される。9月9日からWar Child のサイトwarchildmusic.comでダウンロードできる。その後CDとしてもリリースされる予定。

War Childは'95年にも同様のアルバムを制作。そのときもPaul McCartney、Noel Gallagher(from OASIS)、Blur、The Stone Roses、Massive Attackら豪華なアーティストが参加。125万ポンド(約2億5,000万円)以上の支援金を集めた。dotmusicによると、このオリジナル同様、今作のアート・ワークもJohn Squire(The Stone Roses)が担当するという。



Help: Bosnian Reliefこれが'95年にリリースされた『HELP』です。
なんとPaul McCartneyとPaul Weller、そしてNoel Gallagherによる
“Come Together”のニュー・ヴァージョンが収録されています!






そしてっ!!とっても気になる『Help: A Day In The Life』の「豪華な面々」のラインナップはこちら!!
(各オフィシャルサイトへはアーティスト名をクリック!)

Belle And Sebastian
BLOC PARTY
The Coral
Damien Rice
elbow
Gorillaz
The Go! Team
HARD-Fi
Kaiser Chiefs
Keane
The Magic Numbers
Manic Street Preachers
MAXIMO PARK
Mylo
Radiohead
RAZORLIGHT
THE ZUTONS



そしてwarchildmusic.comによると、KeaneはElton Johnの往年の名曲、"Goodbye Yellow Brick Road"をカバーするらしいです!

Keaneのティム・ライス・オクスリー(piano)は次のようにコメント。

「どんな子どもにも、何の心配もしなくていい、無邪気でいられる時代があるべきなんだ。世界中で、暴力や剥奪や恐怖が子どもたちからそういう時間を奪っている。War Childはそれを変えるためなら何でもする。支援できることを誇りに思うよ。」



その他のWar Child関連作品はこちら。

HOPE~フォー・ザ・チルドレン・イン・イラクイラクの子供たちに向けたチャリティ・カヴァー・アルバム。
ポール・マッカートニー、アヴリル・ラヴィーン、デヴィッド・ボウイ、トラヴィスなどが参加しています。
アヴリルはボブ・ディランの'Knockin' On Heaven's Door'をカバー。








Peace Songsこちらは↑のカナダ盤。
UK盤に収録されている曲がいくつか抜けていますが、
Elvis CostelloやCeline DionやOur Lady Peaceが追加収録されてるそうです。





LIVE 8やWhitebandのおかげで、今まで盲目だった世界の実情に気がつき始めた今日この頃。
このアルバムもまた糸口になるといいと思います。

wc-splashbannerorg.gif


16:44 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
2005.08.24 Mae “The Everglow”
The Everglow


★今流れているのは"The Everglow"の4曲目、"Suspension"です!




先日の欲しいCDリストとにらめっこを繰り返しました結果、これを購入してきました!

理由はいたって単純。値段です。
¥1,890というスペサルなプライスで並んでたので・・・
実にせせこましいですねえ。

さてさて、買ったはいいんですけど、このバンドさんは初めてお目にかかります。
Maeとはいったい何者ぞや?

mae_image.jpgMae[メイ]…ヴァージニア州ノーフォークを拠点に活動する5人組。デイヴ・エルキンス(vo,g)、ザック・ギャーリング(g)、マーク・パジェット(b)、ジェイコブ・マーシャル(ds)、ロブ・スウェイツァー(key,vo)バンドの正式な結成時期は2001年初頭だが、それ以前からデイヴとジェイコブの2人は、ジャンルや音楽性を限定せず、より自由な発想で曲作りを行うレコーディング・プロジェクトとして活動をスタートさせている。デイヴは、「Maeとしての目標は、すべての恋愛や関心、文化など、人々が共感できる楽曲を作ることだったんだ。曲や歌詞などを通して、そういった人々と一緒になれる瞬間を求めていたんだ。」と語っているが、この誠実な思いこそ、Maeの音楽が持つ原動力だろう。(liner notesより)

>> Mae Official Site



なるほどなるほど。第1印象はいい感じ。
そいじゃ早速聴いてみましょ!
コンポの再生ボタンをポチッとな!

Prologue
"Hello. Welcome to THE EVERGLOW by Mae..."
優しげなピアノの音が聴こえてきたと思ったら、女の人の声でナレーションが。
「よりお楽しみいただくために、ブックレットをめくって下さい」とな。
言われるままにめくってみました。
ブックレットは手描きのイラストで彩られていて、まるで絵本のような愛らしさ!
"Thank You. And enjoy your journey."
ナレーションはこう締めくくられ、次の曲へとつながります。

We're So Far Away
壮大で美しいピアノのイントロから、この曲は始まります。
やがてゆったりとした伴奏にあわせてボーカルが入り、バックで優しく響くストリングス。
Ben Foldsのバラードのような曲です。
とにかく美しい。

Suspension(Now Playing!)
透明なピアノのイントロからエッジの効いたギターのリフ、
そして疾走するサビへと、とても綺麗で爽快な曲です!
力強いバンド・サウンドの中に儚さも感じられます。
山や海へのドライブにぴったり!
車のCMなんかにもいいかも。

>>"Suspension"PV試聴はこちらで!

Mistakes We Knew We Were Making
ワルツのようなリズムと流れるようなストリングスが甘く綺麗な曲。
グロッケンのきらめく音色も素敵です。

Anything
これは“The Everglow”のどの曲についても言えることですが、「ただのバンド・サウンドに終わらない」という魅力があります。
ギターリフの裏でピアノが踊ったり、打ち込みの音が華を添えていたり。
凄く精巧に造られていて、完成度の高さが伺えます。

The Sun And The Moon
“The Everglow”が美しく響く理由のひとつに、楽曲の構成の「シンメトリー(対称性)」があると思います。
'Prologue'に始まって'Epilogue'で終わる、というのが顕著ですが、②'We're So Far Away'とこの'The Sun And The Moon'も対称になっていると思うのです。
どちらの曲もピアノとボーカルだけの序盤から、ストリングス、ギターが絡む終盤へ、という展開ですので。

'The Sun And The Moon'はColdplayの'Amsterdam'に似た印象を受けました。
ギターもどことなくColdplayチックなような…
なによりその劇的な展開に心奪われます…
どうしてこんなに綺麗なんでしょう。

そしてレコードのような、暖かみのあるザラついた音に変わって'Epilogue'へ。

Epilogue
"The Everglow"の旅を終えると、Prologueの女性の声が再び迎えてくれます。
アルバムの構成は勿論のこと、ブックレットのイラストのおかげで本当に「旅をして帰ってきた」という感じがするから不思議です。
耳に心地よいナレーションが、"The Everglow"を締めくくります。
"I hope you enjoyed your journey. Goodnight."

"Goodbye"ではなくて"Goodnight"なところがいいですね。
良い夢が見られそうです。

>>Mae "The Everglow"試聴はこちらでどうぞ!

Yahoo! Musicに、ブレイクしそうなアーティストを投票で決める"Who's Next?"という企画があるのですが、今月はなんとMaeが選ばれてました!>>こちら

そして来月の投票に先日ご紹介したCopelandが!
迷わず投票してしまいました。
がんばれCopeland!


そうそう、ブックレットの最後のページ"Sincere Thanks"でkey&voのロブがTravisの'Flowers In The Window'の歌詞を引用してて、ちょっと嬉しかったです。えへへ(´∀`@)




□Maeの1stアルバムはこちら

B00008BNUUDestination: Beautiful
Mae
Tooth & Nail 2003-02-25

by G-Tools



□Mae"The Everglow"が好きなら、こちらもおすすめ!

Leaving Through a WindowSomething Corporate
"Ben Folds Follower"という感じ!
夏にぴったり。爽快ピアノ・ロックです。



Ocean AvenueYELLOWCARD
サマソニ'05出演アーティスト。
Dr+B+G+Vo+ヴァイオリン!
美しいヴァイオリンの音色が絶妙に絡む情熱的なアップ・ビート・パンクが魅力。
'Only One'はぜひ聞いてみてほしいです。切ない!!



□関連アーティストオフィシャルサイト

Ben Folds / Coldplay / Copeland / Travis / Something Corporate / YELLOWCARD





01:38 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
2005.08.22 欲しいCDをリストにしてみた。
どうも。朝ごはんはカステラと牛乳でした。りくです!
カステラって要するにやたら糖分の多い食パンみたいなもんですよね?(違
食パンの糖分を圧縮した感じですよね?(違うって

満足しています!

だって「シークレット・ウインドウ」のモートさんなんか朝飯ポテトチップスとかじゃないですか。
それに比べたらどうってことないです。
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
雑食党

さてさて、最近欲しいCDが増殖して困っています。
なので思い切ってリストアップでもしてみようかなと目論んでいます。
「まだ買ってなかったんかい!」という声が飛んできそうなリストになりそうですが、悪しからず。
そいでは、レッツ★ブギ!

B000850JP8Make Believe
Weezer
Geffen 2005-05-10

by G-Tools

オフィシャルサイトで"Beverly Hills"試聴して久々にやられた~!
Weezer節が戻ってきた感じがします。期待大!
ビバリヒ~ルズ♪


B0001DD98GWinning Days
The Vines
Capitol 2004-03-23

by G-Tools

20050822003834.gif"RIDE""Winning Days"のPVを大好きなミシェル・ゴンドリーが手がけているということで知ったこのアルバム。
両曲ともオフィシャルサイトで視聴できます。
"RIDE"聴いてさわぎたい今日このごろ。


B0007WF1XMSongs for Silverman
Ben Folds
Epic 2005-04-26

by G-Tools

BEN FOLDS FIVEよりはソロになってからのBEN FOLDSのほうが好きです。
今回も親しみやすい曲が満載の予感。。。
アルバム試聴はこちらで。
シングル"Landed"PV試聴はこちらでどうぞ!


B0008FPIVSComposure
Waking Ashland
Tooth & Nail 2005-05-10

by G-Tools

20050822003850.gif先日、タワレコでCOPELANDの横に並んでいたアルバム。
試聴してみたらこれもツボ!
ピアノがこれまたキレイなんですわ。
店員さん、20分くらい居座ってごめんなさい…


B0007RTBAGThe Everglow
Mae
Tooth & Nail 2005-03-29

by G-Tools

で、こちらがCOPELANDの隣の隣に並んでいたアルバム。
例によって試聴してみたらまたまたツボ。
煌くようなピアノも、うねるギターも、“エモロック”好きにはたまらん!!
こちらが有力候補です。


B0002T22EGOUT OF NOTHING
EMBRACE
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-09-23

by G-Tools

OASIS+U2といった感じの美しいサウンド。
オフィシャルサイトにて全曲試聴できます。
②"Gravity"、⑧"A Glorious Day"を筆頭に、泣け!と言われているような切ない曲が目白押し。
こちらも有力候補です。


B0009W5JD2Move Along
The All-American Rejects
Interscope 2005-07-12

by G-Tools

こちらで全曲試聴できます!
The All-American Rejectsといえば春~夏の青空にぴったりなゴキゲンサウンド。
今作も①"Dirty Little Secret"や②"Move Along"などなど、思わず跳ねたくなる曲満載の予感!


B0009UBSLQBrassbound
The Ordinary Boys
B-Unique 2005-06-20

by G-Tools

サマソニおつかれでやんした!
こちらも夏にピッタリ。元気をくれるアーティストです。
オフィシャルサイトで試聴できます。


B0007735HGSome Cities
Doves
Capitol 2005-03-01

by G-Tools

最近MTVでライブの告知をしてるので、気になっています。
Dovesは2ndしか聴いたことないので・・・
しっかしオフィシャルサイト、ハイセンスー★



とまあこんなところでしょうか。
やっぱり今いちばん欲しいのはMaeとEnbraceかなぁ…
泣ける曲を求めています。


そして泣ける曲といえばColdplayの"Fix You"ですが…
B0006L16N8X&Y
Coldplay
Capitol 2005-06-07

by G-Tools

明日(もう今日か)MTVで初出しだーい!ヽ(*`∀´)ノきゃほー!!
10:00からのPure Musicで5曲目。
>>詳細はこちらで。
でっかい画面で見られるぞい!ギャッボウ!(吐血)





□関連アーティストオフィシャルサイト

Weezer / The Vines / BEN FOLDS / Waking Ashland / Mae / Embrace /The All-American Rejects / The Ordinary Boys / Doves / Coldplay
00:46 Music | TRACKBACK(1) | COMMENT(14) |
2005.08.21 恩田陸『夜のピクニック』
夜のピクニック


□あらすじ
 甲田貴子の通う高校には、不思議な行事があった。生徒たちの間では「ピクニック」と称されているそれは、愛称とは裏腹に、厳しい行事だった。正式には北高鍛錬歩行という大仰な名前がついている。
 内容は単純で、全校生徒が丸一昼夜かけて歩くだけ、というもの。早朝に学校を出発し、1年1組から順に2列歩行で歩き続ける。深夜、仮眠所に到着するまでの約60キロは団体歩行。そして、2時間ばかり仮眠を取ったあとは自由歩行。ここから先はマラソンだ。
 大多数の生徒にとっては、脱落せずに踏破することが目的だ。あまりにも遅いと後ろから救護用のバスが追ってきて、拾い上げられていってしまう。このバスに乗せられることは、生徒たちにとって何よりも耐え難い屈辱である。
 長く辛いこの行事も、それだけに感慨深いもの。生徒はそれぞれに不安と期待を抱えて、ピクニックに挑むのだ。
 甲田貴子はこの行事の中で、ひとつの賭けをしようと決めていた。日常の教室の中、というくくりの中では、決して考えられなかったこと。「ピクニック」の中では、もしかして出来るかもしれない―
 長い1日は、まだ始まったばかりだ。


やっと手をつけました!
なんで今まで渋ってたかと申しますと…本の帯のところに「『本の雑誌』が選ぶ2004年度ベスト10第1位!」「第26回吉川英治文学新人賞受賞!」「第2回本屋大賞受賞!」と、それこそ大仰な文句が踊ってたからなんです。
どうにもこういう「ブーム」的なものが苦手でして、その「ブーム」に乗っちゃってる自分、てのも嫌だったんですよね。すごい天邪鬼。

考えてみると音楽もそんな感じですね。
今J-POPのチャートを賑わせている曲が苦手です。
流されたくないってことなのかなぁ。
結局流されちゃいましたが。

最初の50ページくらいは何故この小説がそんなに騒がれているのか、正直解らなかったんです。
でも、読み終えたあとにやっと解りました。

『夜のピクニック』は、「青春小説」というジャンルにくくられます。
でも、この小説のかたちは溢れているようでいて、滅多に無い。
これほどまでに、物語の大きなうねりに自分の心の動きがシンクロできる小説には、ついぞ出会ったことはありませんでした。
それがあまりに自然に同調してくれるので、小説が自分の経験の一部のように感じられます。
読み終えたあとに、小説の光景が鮮やかに思い返される。
「ああそうそう、あんなこともあったね。」と、不意に懐かしい気持ちになってしまうのです。

多分、この小説の長さや描写のひとつひとつ、登場人物の心の動きが驚くほど現実のそれと近いからでしょう。
回想を描いた段落や説明のくだりが全体の流れを切ってしまうことがない。
状況説明が、生活の一部のようにうまく溶け込んでいるんです。
だから、自然と自分の感情も溶け込んでいきやすいんですね。


この本のなかで、本を読む「タイミング」のことが書かれていました。
それぞれの本は、読むに見合ったタイミングを持ち合わせているものだ、と。

では、この『夜のピクニック』のタイミングはいつでしょう?
私が思うに、大学生くらい。
それはこの本の根底に流れるものが“高校生活の懐かしさ”だから。
小学生、中学生では学校やクラスといったくくりの愛おしさが解らないし、高校生ではあまりに現実味がありすぎる。
かといって大人になってしまうと高校の想い出が遠すぎて、歳を感じてしまう。
高校生活の懐かしさがまだ消えていない、大学生くらいがちょうどいいのではないでしょうか。

あと、もう一つ思ったこと。
小説を読んでいて思い浮かべる風景って、自分といちばん親しい風景だな、と思います。
「都市」だったら都市を、「田舎道」だったら田舎道を、といったように、もちろん小説の描写によって風景はさまざまですが、
そういう中に親しんだ風景が知らず知らずのうちに溶け込んでいるものだと思います。
そう気付いたのは、自分の環境の所為。
というのも、私は京都に下宿していますが、「橋」とか「山」という描写が出てきたときに描く風景が京都のそれではなくて、実家のそれだったからです。
思えば、「空」も、「住宅街」も、「田んぼ」も、すべてが故郷の風景でした。
単純なことだけど、よく考えてみれば不思議なこと。
幾ら外に出て行ったとしても、自分の基盤は故郷にある、ってことでしょう。


『夜のピクニック』は、懐かしさや切なさ、苦さといった、いろんな感情を呼び起こしてくれる小説。
自分の想い出がひとつ増えるような、不思議と印象深い小説です。





図書室の海ちなみに、『図書室の海』には『夜のピクニック』のエピローグが収録されています!





□『夜のピクニック』の世界が好きなら、こんな著作もおすすめ!

六番目の小夜子球形の季節TUGUMI(つぐみ)High and dry (はつ恋)




00:53 Books | TRACKBACK(1) | COMMENT(3) |
2005.08.19 COPELAND "In Motion"
In Motion


先日、タワレコをうろちょろして出会ったアルバム。
「まあ聴くだけならいいか・・・」と思ってヘッドホンを耳につけたが最後、私の諭吉っつあんは消えてゆきました・・・
あの人は最後に笑って去っていったんだよ!かあちゃん!(んな訳ない)
つまり衝動買いしちゃったってことです。
おっかしいな~…確かWeezerかThe VinesかDovesかThe Ordinary Boys買いにいったはずなのにな…
だいぶずれてしまいましたね。

なんでこんなにずれたかと申しますと…
CDのよくある紹介シールに「悲劇的なまでに美しく、切ない泣きのメロディーと透き通ったボーカルは以前にも増して冴え渡っており、その作曲センスは天性の素質と言っても過言ではない!」
なんつった文句が書かれていたからです。

弱いんです!そういうのに!
だまされやすいタイプです。

あと日本版は特別版になっていて、"In Motion"+1stフル・アルバム"Beneath Medicine Tree"の2枚組で売ってたからってのも大きな理由ですね!

そういうのにも弱いんです!
どうしようもねえな・・・

さてそろそろ本題。
紹介どおり、ボーカルさんの声は“透き通った”という描写がいちばんあう気がいたします。
LINKIN PARKのチェスターさん(サビじゃないときの声)がもちょっと軽くなって柔らかくなった感じ、とでも申しましょうか。
The Vinesのクレイグさんにもちょっと似てるかな?
ファルセット使ってないときはU2ボノの声に聞こえなくもないような…
つまりイイ声★ってことです!

アルバムの中身は私の大好きな“2面性”を持ち合わせていて、バランスがいいです!
ギターのエッジが効いた①'No One Really Wins'、③'Pin Your Wings'が疾走したかと思えば、
ピアノが柔らかく響く④'Sleep'、⑤'Kite'がそのスピードをうまく緩和し、和らげてくれる…といった風に緩急がすばらしい。
もちろんその両極端だけではなくて、“泣き”ギターが絡む⑨'You love To Sing'のような曲もある。
多彩なアーティストさんだなあ(@´v`)とほれぼれ。
聴けば聴くほど好きになりそうです。


Beneath Medicine Treeそして美味しいことに、一緒に入っていた"Beneath Medicine Tree"!
↑の2ndよりアコースティック色の強い作品です。
①'Brightest'の美しいピアノとボーカルを聴いたとたん彼らの世界に惹かれ、
②"Testing The Strong Ones"のギターで(ロック好きさんなら)さらに
引き込まれてしまいます。
もしかしたら2ndより好きかもしれない(あれれ)
ボーカルさんがほんとうに多彩だと思う1枚。


あ、そうだそうだ。
チェスターさんといえば、今日BARKSでこんなニュースを見つけました。

>>リンキンのチェスターが初ソロアルバムを制作中!

リンキン・パークのチェスター・ベニントンが初となるソロアルバムの制作に取り組んでいる。RollingStone.comが伝えたところによれば、'90年代のロックと'80年代のポップサウンドを取り込み、デペッシュ・モード、キュアー、バウハウスをミックスした感じになると話している。彼は「ドライブの効いたビートと厚みのあるギター」が全面に押し出されると言う。

ベニントンのソロへの取り組みは以前から伝えられていたが、正式に確認されてなかった。

アルバムは現在のところタイトル未定だが、'06年初頭にはリリースが見込まれている。



ぬをを!すごいことになってきました!
これでは諭吉さんがいくらいても人員不足ではないか。





>>Copeland Official Site

□関連アーティストオフィシャルサイト

Weezer / Doves / The Ordinary Boys / LINKIN PARK / The Vines / U2
23:06 Music | TRACKBACK(1) | COMMENT(14) |
2005.08.19 ダン・ブラウン『天使と悪魔』
天使と悪魔(上)天使と悪魔(下)

□PROLOGUE

物語はある奇怪な事件から始まる。
世界最大の科学研究機関である「欧州原子核研究機関」(通称CERN:セルン)のレオナルド・ヴェトラ博士が何者かに殺害された。
それもただの殺人ではない。
ヴェトラ博士の胸には、「イルミナティ」という文字を象った奇妙な焼印が押されていたのだ。
そこでハーヴァード大学の宗教図像解釈学教授であるロバート・ラングドンはセルンの所長から直々に調査依頼を受けた。
わけのわからない殺人事件への調査依頼に、ラングドンは渋っていた。
しかし、その男の胸に押された焼印を見せられたラングドンは、協力せざるを得なかった。
恐ろしい憶測が頭の中を飛び交っている。
まさかそんなはずはない。
でも万が一、「イルミナティ」が復活していたとしたら…?

ラングトンは後に何万の命を背負うことになる。




きのうの記事にもちょろっと書きましたが…

読★了!いたしました♪

いや長かった。かえすがえすも長かった。
最初は3日くらいかかるかと思いましたさ。
しかしそこはダン・ブラウン。
ページをめくる手をとめさせてはくれませんで、「気付けば読み終わってた」状態でした。
「ダ・ヴィンチ・コード」でその名を世界に轟かせたダン・ブラウンですが、この「天使と悪魔」は実は「ダ・ヴィンチ・コード」よりも前の著作だそうです。
あとに出版されたのかと思ってました。

今回も流れるような展開の速さ。
しかも前編・後編あわせても1日くらいしか進んでいないので、文字通り「刻一刻」と形を変える状況にぐいぐい引き込まれてしまいます。
隅々まで魅力的な登場人物たちが、巧妙な物語をさらに鮮やかに彩っています。

最大の目玉はやっぱり薀蓄でしょう。
またしても目からウロコがポロポロ出ましたよー。
でも「ダ・ヴィンチ・コード」に比べて科学よりの話題なので、直球文系人間の私はしばしば頭がパンクしそうになりました。
とにかくすごいってこたあ解るんだけど・・・どれだけすごいかわからない・・・という感じ。
理系(とくに化学に強い人)は絶対面白いだろうなと思いながら読み進めました。
後編はローマの地図(巻頭についてるんです!)とにらめっこ。
ぬををを!!!ほんとだ!!とアドレナリン大放出です。

そしてやっぱり待っていたどんでん返し。
何回返されたかはわかりませんが、いつものごとくハマりました。
犯人を見抜くのが苦手です。
あの人だけは信じてたのにな…(@´д`)


まとめますと!またもやダン・ブラウンの薀蓄いっぱいジェットコースター(ハリス・ツイードの教授つき)をたっぷり楽しんだわけでありました。

でも文系向きの「ダ・ヴィンチ・コード」をまた読みたくなってきちゃいました。。。




□関連商品

ダ・ヴィンチ・コード (上)ダ・ヴィンチ・コード (下)ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド天使と悪魔の「真実」Angels & Demonsデセプション・ポイント 上デセプション・ポイント 下







00:52 Books | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
2005.08.17 1位通過!!
日本 2-1 イラン

キャホー!!ヽ(*`∀´)ノ勝ちましたねー!!!!

なっかなか見ごたえのある試合だったんではないでしょうか!?
詳しくは↓の速報ニュースを!

>>日本、イランに勝利 グループ首位で予選終える [Sportsnavi]

もっと詳しく知りたいという方はこちらで

立ち上がりからすごい攻めの姿勢でしたね。
こないだの東アジア選手権でポジション争いがますます白熱してきたような雰囲気。
前線へのパスが次々と出て、いい攻撃のかたちがいっぱいできてました!
でもイランのキーパーがファインセーブ連発。
なかなかゴールを割れませんでした。

そして前半28分の加地選手のシュート!ありがたかったけど、大黒選手は悔しかっただろうな~!
自分でゴールに押し込みたかったはず。

ここでちょっとおもしろ事件発生。
相手FWのシュートを防いでさあ投げっぞ!意気込む川口選手。
そこに相手FWがしゃしゃり出てきて、なんとフンフンフンフン!スラムダンクばりに手で妨害。
種目違!!!」と家族から総ツッコミが入りました(笑)

後半の立ち上がりはややイランペース。
でもDFが3バックで守ります。

後半31分には大黒選手のゴール!!
さっき悔しそうだったので、決めてくれて嬉しかったです!
ゴール前かなり混戦したカンジでしたけど、ライン切っててよかった。

しかし後半34分、ペナルティーエリアで中沢がファウルを取られ、PKに。
それをダエイが決めて、1点を返されてしまいます。

でもそのままスコアは動かず、2-1のまま日本の勝利!!

と、いうわけで、グループ1位通過おめでとう!ジーコジャパン!

お次の舞台は9月7日。
キリンチャレンジカップ2005、ホンジュラス戦です。
場所は宮城・・・って地震は大丈夫でしょうか。
若干心配です。



おまけ:CLOCKS:ナツイチ★

夏休みに読んだ本をちょろっとご紹介。

天使と悪魔(上)あの「ダ・ヴィンチ・コード」のダン・ブラウンの著作。
こちらもまた薀蓄いっぱいでどんでん返しワールドがめくるめく予感がいたします。
まだ読み始めたばっかりなのでなんともいえませんが、
直球文系人間の私の理解できる域を超えたところで話が進んでいます。
でもでも楽しみになってきました!








□参考リンク

Sportsnavi / キリンチャレンジカップ / Dan Brown

22:39 Soccer | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2005.08.17 Coldplayライブ映像&OASIS新曲PV
なんだかんだでポヤーンとしていたらフジロックもサマソニも終わってしまいました。
お盆も過ぎてしまいましたし、早いもんですねえ。
そしてそうなると俄然気になるのがオンエアスケジュール。

まずは気になるFUJI ROCK FESTIVAL

WOWOW:8月27日(土)午後9:30~

詳細はこちらで。
>>FUJI ROCK FESTIVAL '05 Official Site

お次はおつかれさまサマソニ

MTV:SUMMER SONIC 05 LIVE ダイジェストスペシャル

Vol.1(8/13東京):8/27 [土] 21:00 - 23:00 (初回放送)
Vol.2(8/14東京):8/28 [日] 21:00 - 23:00 (初回放送)

詳細はこちらで。
>>SUMMER SONIC '05 Official Site

ふんふん。8月27日にね。

・・・って・・・かぶっとるがな!!

なにそのせっしょーなスケジュールは…orz

サマソニ完全版を楽しみにしましょ。

フジロックオンエアまでこんなコンテンツ↓で楽しむことにします!
>>MTV LIVE:Coldplay
coldplay.gif6/1に世界待望のニュー・アルバム『X&Y』をリリースしたColdplay。彼らの新曲をいち早くファンのみんなにお届けするべく、MTVではロンドンで行われたスペシャル・ライブを収録し、「MTV Live - Coldplay」として5月にオンエアしました。番組を見逃したあなたのために、ここでは番組からの映像をストリーミング配信。MTVでも好評オンエア中のシングル「Speed of Sound」や、「What If」、「X&Y」など、ニュー・アルバムからの楽曲のライブ映像はかなり貴重です。「Clocks」、「In My Place」といったおなじみのヒット曲もじっくり楽しんで!

かなりいっぱいあるので見ごたえたっぷりです!
MVAにもノミネートされた"Speed of Sound"のPVも見られます。



そしてこのPVにも注目。
Oasisの新曲、"The Importance of Being Idle"です。

vid2.jpg


無声映画のような、ちょっとコミカルなPV。
棺を使った演技が面白いです。
イントロがだう~しても水○黄門に聞こえるんですけど。
>>確かめてみる!PV視聴

aotmoasis.jpg



…ね?





□参考リンク

Coldplay / Oasis
00:49 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
2005.08.16 山だー!!
久しぶりに故郷に帰ってくると、下宿先とのいろんな違いに気付きます。

①最高気温と最低気温の差が10℃もある。
要するに朝と夜は涼しいってことです。クーラーなしですごす日々です。

②テレビのチャンネルがちがう。
関西と関東じゃぜんぜん違うので迷います。

③た○じんと上沼○みちゃんの登場回数が少ない。
上記2選手(笑)はだいぶ幅利かせてますね。関西では。

④山だー!!
東西南北どこ向いても山です。

ちょっと下っただけで色々違いますねえ。


さて、お盆休みです。
せっかく帰ってきたんだからっちゅーことで、④を満喫しにちょっくら山に出かけてきました。

・・・目的ですか?
ヒーリングです!

オアシス求めて三千里。

あ、こっちのオアシスではないですよ。
休まるどころじゃありませんからね。

ちなみに目的地はありません。
適当に行けば山にぶちあたるからです。
ええそんなもんです。私の故郷は。

気まぐれに車を走らせ曲がりくねった道を進んでいったらそこは山のてっぺんでした。
なにやら展望台みたいのがあったので上ってみました。
螺旋階段をぐるぐるぐる。

green07s.jpg登った先にはこんな風景が。(クリックで大きい画像が出ます)



green01s.jpgあいにくの霧で見晴らしはよくなかったのですが、涼しかったのでしばらく居座ってました。(写ってるのは妹の靴です。)



鳥の声とかが渓谷に響いてとってもいい感じ。

十分に癒されたので下におりてカメラ小僧のごとくにパシャパシャ写真を撮りました。

green02s.jpgハルジオンが咲いてました。



green03s.jpg「車進入禁止」の鎖。



green06s.jpg進入しちゃいました。ごめんなさい。(写ってるのは妹です。)



green04s.jpgハルジオンのつぼみ。



green05s.jpgかわいい花(なのか?)線香花火みたい。



さて写真も撮ったし癒されたし帰ろうと思ったら、バケツをひっくり返したような雨。
ドライヴインでしばし雨宿りです。


green08s.jpggreen09s.jpgどしゃぶり。



小雨になったころを見計らってなんとか家に帰りました。
それにしてもすごかった。視界の悪いこと悪いこと。
霧みたいな大雨でした・・・


green10s.jpgちなみに翌日は晴れてくれました。



□おまけ:山にドライブにいくならこの1曲!
車の中でかけた曲で、これは山にぴったし!という曲をご紹介。

アイ・アム・サムSheryl Crow / "Mother Nature's Son"
全曲The Beatlesのカバーで構成された、映画『I am Sam』のサウンドトラック。
何気にThe Vinesも参加してます。
のんびりドライブには最適。"Blackbird"もおすすめです。


Hopes and FearsKEANE/"Somewhere Only We Know"
さんざん好きだと言ってるこの曲ですが、自然と良く合うのです。
この曲のPV自体が森の川の中で歌うという設定だからかもしれません。
Keaneの透明で力強いピアノと綺麗なボーカルには泣かされます。


Gold: 35th Anniversary EditionThe Carpenters /"Top of the World"
いわずもがなの名曲です。
子どもの頃、家族で出かけるときには大抵かかってたので、すごく懐かしい気持ちになります。



ウィ・ウィル・ロック・ユーKeiko Lee / "We Will Rock You"
こちらは言わずと知れたQUEENの名曲のカヴァー。
某自動車メーカーのCMに使われてました。
静かで神秘的な雰囲気漂うアレンジがステキです。




□関連アーティストオフィシャルサイト

Sheryl Crow / The Vines / Keane / The Carpenters / Keiko Lee / QUEEN
02:32 Life | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) |
2005.08.13 今日はサマソニ!
なんですけど!今年も出不精で自宅観戦ということになりそうです・・・orz

MTV放送日まで出演アーティストさんたちのアルバムを聴いて待っています。
今年は知ってるアーティストさんが少ないのが難点・・・(@´д`)

とりあえず今日はこの2枚!

□THE ORDINARY BOYS / "Over The Counter Culture"

Over the Counter Culture

THE ORDINARY BOYSは8/13に大阪、8/14に東京公演の予定。

このバンドは④"Talk Talk Talk"のPVを見て知りました。>>"Talk Talk Talk" PV視聴
最初はてっきりUSのバンドかと思ってました。UKだったんですね!
でもよく聴いてみたら確かにUKっぽさがところどころにありますね。
最近だと新作"Brassbound"が出ました。こちらも気になっています。

"Over The Counter Culture"は夏にぴったりのアルバム。
「王道」っぽいサウンドは期待を裏切ることなく、まっすぐに響きます。
最近は変化球を投げてくるUKバンドが多いですが、
たまにはこんな直球系もいいかもね。

>>THE ORDINARY BOYS Official Site




□Weezer / "GREEN ALBUM"

Weezer (Green Album)

Weezerも8/13に大阪、8/14に東京公演の予定。
たぶんライブアクトでは新作"Make Believe"からのナンバーが多くなると思いますが、4thの"Maladroit"が微妙でトラウマになってしまいまだ聴いていない始末。
でも新作はけっこういい評判を聞くので俄然買いたい気持ちが高ぶってます。

というわけで、いままで管理人が聞いたWeezerのアルバムの中でいちばん好きなのは上に挙げてあります"GREEN ALBUM"です。
実はこのアルバムがメロディアス・ポップ・ロックを聴くきっかけでした。
それまではどーにも苦手だったんです。
でもこのアルバムは①"Don't Let Go"から絶妙な曲調とメロディアスなギターでぐいぐい引き込んでくれます。
④"Island In The Sun"はWeezer泣きメロの王道!泣かずにはいられません。
⑧"Simple Pages"は韻の踏み具合がまた心地よく、つい口ずさんでしまうほど。

1曲1曲の完成度がすごく高くて、アルバム1枚聴き終える頃には「ええもん聞かせてもろたで~」と、ツ○ベ風の感想が口をついて出てしまいます。

>>Weezer Official Site


これを見ている方で、サマソニ参加された方、ぜひ感想をお聞かせください!

12:48 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
2005.08.12 意味の解らない50の質問
またもやおもしろげな質問をみつけてしまったので答えてみました!

配布元サイトさまはこちら

1.初めまして、でいいんですね?

いや、わかりませんよ。日本は狭いですからね…

2.面倒ですがお名前を。

りくですよー。

3.……そうですか。

エッ!!!何その「あ~あ聞いちゃったよ」みたいなリアクション!!

悪いのはアタスィ?アタスィなの??

4.貴方は男ですか?女ですか?微妙ですか?

客観的判断を求めてうちの金魚に聞いてみます。

………あ、そう。微妙だそうです。ズキッ。

5.最近、何か拾い食いしましたか?

人生くまなく拾い食い。

6.身長は高いですか?

金魚さんによると…低いそうです。体長約15cmの輩に言われたくないですね。

7.そろそろ飽きてきましたか?

アキテナイアルヨッッ!(滝汗)

8.狸ってお好きですか?

もう私をだまさないと誓うなら。

9.世知辛い世の中ですね。

郵政解散しますしね。

10.日本は良い国ですか?

今のうちはね。

11.日本人形って綺麗ですよね?

動いたり髪が伸びたりしなければ。

12.今の枕は安眠できますか?

枕は雑食派です。

13.たこ焼きとたいやきはどちらが好きですか?

たこ焼きとたいやきではどちらが私を好きですか?

14.カブトムシのメスって持ちにくいですか?

黒くてテカテカ光る虫なんかいりません。この世に。

15.ところてんを漢字でかけますか?

所さんの目がテン!ならまかしときな。

16.最近、未知の生物と遭遇しましたか?

ゴ○ブリ・・・・あんなの知らない!知らないもん!

17.口説き文句をおひとつどうぞ。

君…チーズ蒸しパンに似てるよ。

18.IE?ネスケ?

I(色白)E(エリンギ)です。

19.はがきと封筒はどちらが良いですか?

封筒です。個人情報は大切に。

20.戦隊ものは好きですか?

どうして必ず「レンジャー」ってつくんでしょうねぇ?

21.実写?アニメ?

実写。やるせなさがよろしい。

22.青空を見ると、悲しくなりませんか?

もしかして花粉症ですか?

23.文字は綺麗なほうですか?

季節によって変わります。

24.殺したいほど憎い人間はいますか?

今のところおりません。おっかない質問ですねえ。

25.理想の男性像は?

抹茶蒸しパンみたいに渋くて甘い人。

26.本はお好きですか?

Yeah!

27.理想の女性像は?

黒糖蒸しパンみたいに甘くてかっこいい人。

28.SARSって怖いですね。

鳥インフルエンザのほうが怖くてたまらんたい。

29.早口言葉は得意ですか?

あかまきがみあおまきがみきまきまみ……orz

30.ヒャッホウ!

お客様、まだ開演前ですのでお静かにお願いいたします。

31.味噌汁って、日本の心ですよね?

んだ!

32.化粧をする女性は、どうして化粧をするんでしょう?

偽りたいから。

33.ストローって、つい噛みたくなりません?

なんで知ってるんですか?

34.生麦生米生卵?

卵は加熱したほうがいいですよ。夏場はね。

35.恋人はいます?

どう思います?

36.ラブラブ?

そういえば杉田か○るさん、離婚しちゃいましたね。

37.貴方を嫌いな異性と、貴方を愛している同性。どちらと 恋人になる?

私を好きでいてくれる異性人。

38.甘党?辛党?

トーリー党。

39.何かお勧めの果物を。

よしもとばなな。

40.妖怪と幽霊はどちらが綺麗ですか?

幽霊。妖怪っていったら要するにばけものでしょ?

41.可愛い青年とカッコイイ少年はどちらが好きですか?

カワウィー青年。

42.可愛い女性と、カッコイイ女性はどちらが好きですか?

カッチョな女性。

43.ムカツク奴はいますか?

テレビの中に。

44.そいつを殺しても罪にならないと言われたら、殺します?

いやです。めんどくさいもん。

45.貴方の手には拳銃が握られています。どうしますか?

置く。

46.オヤジ臭い?

主語は!?

47.今の自分の状況を小説風に書いてみてください。

私は淡々とキーを叩く…
そして口角をわずかに持ち上げた。
「終わりはもうすぐどぅぇぁ!」

48.踊ってみてください。

とう!そりゃあ!くらえ!

49.なんでもいいんですが、笑ってください。

いひひひひひ☆

50.お疲れ様でした。楽しかったですか?

いひひひひひいっひいいひいひ★
17:52 Life | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
2005.08.11 PIRATE “Caught By The Window”
B0000CO14VCaught by the Window
Pilate
MapleMusic Recordings 2004-07-13

by G-Tools


トロント出身の4ピース・バンド、パイレート。やさしいメロディと切実な歌詞が本国カナダの人々の心を掴み、デビュー・アルバムにあたる本作がスマッシュ・ヒットに。また"Into Your Hideout" "Melt Into The Walls" "Overrated"を次々とチャートに送り込み、"Into Your Hideout"はカナダのロック・ラジオ局で8週間に渡りTOP10内にとどまる大ヒットに。2004年、カナダで最もヒットしたロック・ソングのひとつとなった。魅力的な楽曲を詰め込んだ必聴の1枚!今後のブレイクを予感させる大作だ。(CD帯より)


発売からけっこうたってしまったのですが、いまさら聴いてみました。
ラジオで耳にしたのがきっかけ。

美しいギター・サウンドとメロディーライン。
てっきりまたUK叙情系なのかしらん?と思っていたら、
カナダのバンドでした。
でも日本ではあんまし知られてないみたいですね。
BARKSで検索かけてみても出てきませんでした・・・

全体的に叙情的な印象を受けますが、中には軽めのカントリーのような曲調のナンバーもあって、まったりした休日にぴったりという感じ。
でも歌詞の内容は切ない気持ちを綴った、繊細なものが多いです。
Radioheadまでは行きませんが、そんな雰囲気です。

>>OFFICIAL SITE

さてさて、もうすぐW○W○WでPirates of the Caribbeanがやるので見に行ってきまーす==ヽ(@´∀`)ノ
海賊つながり(笑)

パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
ヨーホー♪


□このアーティストが好きなら、こちらもおすすめ!

Singlesサイレンス・イズ・イージーTouristBETWEEN THE SENSESPUSHING THE SENSES(期間限定生産品)Parachutes


□↑のアーティストのオフィシャルサイトはこちら

TRAVIS / starsailor / ATHLETE / haven / FEEDER / Coldplay
13:53 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2005.08.09 GREEN DAY / Wake Me Up When September Ends
september.gif



数日前になりますが、GREEN DAYの新作PV、“Wake Me Up When September Ends”のPVを見ました。

感想ですか?

サイコウです!!!(@TдT)

通して7分という超大作。
ここまでくればPVの枠を超えています。
ストーリー仕立てになっているのですが、言っちゃうとつまらないのでネタバレはしません。
ぜひご覧になってみてくださいな♪
(下にリンクが貼ってあります)

歌自体も印象的。
この曲は亡くなったお父さんのために書かれた曲だとか耳にしました。
歌詞はこちらです。

Summer has come and passed
The innocent can never last
Wake me up when September ends

Like my father's come to pass
Seven years has gone so fast
Wake me up when September ends

Here comes the rain again
Falling from the stars

Drenched in my pain again
Becoming who we are

As my memory rests
But never forgets what I lost

Wake me up when September ends

Summer has come and passed
The innocent can never last
Wake me up when September ends

Ring out the bells again
Like we did when spring began

Wake me up when September ends

Here comes the rain again
Falling from the stars

Drenched in my pain again
Becoming who we are

As my memory rests
But never forgets what I lost

Wake me up when September ends

Summer has come and passed
The innocent can never last
Wake me up when September ends

Like my father's come to pass
Twenty years has gone so fast
Wake me up when September ends

Wake me up when September ends
Wake me up when September ends




この曲のPV視聴はこちらで!

>>MTV.com GREEN DAY
>>AOL MUSIC

曲の試聴はこちらでどうぞ。
>>WARNER MUSIC JAPAN


ちなみにこの曲が収録されているのがアルバム"American idiot"の11曲め。
上のオフィシャルサイトでは他の収録曲も聴けます。
B0009MA8V0American Idiot
Green Day

by G-Tools





□関連記事

>>2005.07.27 MTV VMA '05!(GREEN DAY、最多ノミネート!)
>>2005.07.28 あなたのUKバンドは?(GREEN DAY、VMA最多ノミネートを受けてコメント)

□参考リンク

GREEN DAY OFFICIAL(過去のPVをチェックするならこちら!)




18:15 PV | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
2005.08.09 ますます気になるVMA
いきなり私事で恐縮ですが、やっとうだるような暑さから解放されました。
故郷はいいです。からっとしてて。
大学に入って京都いくまで、「ほかの県じゃ日陰入っても涼しくないんだよ」っていうの嘘だと思ってました。

……嘘ではなかったです orz


ただ!

激烈紫外線のせいでま~た焼けてしまいました。あ~あ…


そうそう、しばらく見ないうちにMTV Video Music Awards '05のサイトがちょっと変わってました!
コチラ↓
VMA05.gifさっすがMTV。デザインセンスが抜群ですね!
雫のシンボルがとってもかわいい。





VMAについてもうちょっと詳しく知りたかったので、Wikipediaで調べてみました。

VMAの歴史はけっこう長いみたいですね。
いちばん最初に開催されたのが1984年。
NYのRadio City Music Hallが会場だったようで、
記念すべきBest Video of the YearはThe Carsの"You Might Think"だったそうです。

それから現在までのBest Video of the Yearは次の通り。

1985 Don Henley / "The Boys of Summer"
1986 Dire Straits / "Money for Nothing"
1987 Peter Gabriel / "Sledgehammer"
1988 INXS / "Need You Tonight"/"Mediate"
1989 Neil Young / "This Note's for You"
1990 Sinéad O'Connor / "Nothing Compares 2 U"
1991 R.E.M. / "Losing My Religion"
1992 Van Halen / "Right Now"
1993 Pearl Jam / "Jeremy"
1994 Aerosmith / "Cryin'"
1995 TLC / "Waterfalls"
1996 Smashing Pumpkins / "Tonight, Tonight"
1997 Jamiroquai / "Virtual Insanity"
1998 Madonna / "Ray of Light"
1999 Lauryn Hill / "Doo Wop (That Thing)"
2000 Eminem / "The Real Slim Shady"
2001 Christina Aguilera, Lil' Kim, Mya,
Pink, (feat. Missy "Misdemeanor" Elliott) / "Lady Marmalade"
2002 Eminem / "Without Me"
2003 Missy "Misdemeanor" Elliott / "Work It"
2004 OutKast / "Hey Ya!"



これを見て「懐かしい」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は…そうですね、ちゃんと見たのは2002年くらいからでしょうか。
それから毎回ロゴとかシンボルにも注目しながら楽しみにしています。

あと、私的に気になるいくつかの部門の歴史も見てみましょ!

BEST GROUP VIDEO

1984 ZZ Top / "Legs"
1985 USA for Africa (Cyndi Lauper accepting) / "We Are the World"
1986 Dire Straits / "Money for Nothing"
1987 Talking Heads / "Wild Wild Life"
1988 INXS / "Need You Tonight"/"Mediate"
1989 Living Colour / "Cult of Personality"
1990 The B-52's / "Love Shack"
1991 R.E.M. / "Losing My Religion"
1992 U2 / "Even Better Than the Real Thing"
1993 Pearl Jam / "Jeremy"
1994 Aerosmith / "Cryin'"
1995 TLC / "Waterfalls"
1996 Foo Fighters / "Big Me"
1997 No Doubt / "Don't Speak"
1998 Backstreet Boys / "Everybody (Backstreet's Back)"
1999 TLC / "No Scrubs"
2000 blink 182 / "All the Small Things"
2001 *NSYNC / "Pop"
2002 No Doubt (feat. Bounty Killer) / "Hey Baby"
2003 Coldplay / "The Scientist"
2004 No Doubt / "It's My Life"



おお!"The Scientist"が入ってました!
あのPVは技術的にも、曲的にも大好きです。
ひとつの完結した短編映画のようです。

>>Coldplay / "The Scientist"の視聴はこちらでどうぞ!

BEST ROCK VIDEO

1989 Guns N' Roses / Sweet Child O' Mine
1990 Aerosmith / Janie's Got a Gun
1991 Aerosmith / The Other Side
1992 Metallica / Enter Sandman
1993 Pearl Jam / Jeremy
1994 Soundgarden / Black Hole Sun
1995 White Zombie / More Human Than Human
1996 Metallica / Until It Sleeps
1997 Aerosmith / Falling in Love (Is Hard on the Knees)
1998 Aerosmith / Pink
1999 KoЯn / Freak on a Leash
2000 Limp Bizkit / Break Stuff
2001 Limp Bizkit / Rollin'
2002 Linkin Park / In The End
2003 Linkin Park / Somewhere I Belong
2004 Jet / Are You Gonna Be My Girl?



ゴリゴリ来てますね!(謎)
ここ3年はリンキンリンキンジェット(なんか技の名前みたい)ですか!
"Somewhere I Belong"のなんともいえない不思議な雰囲気がいいです。

>>LINKIN PARK / "Somewhere I Belong"の視聴はこちらでどうぞ!

ほかの部門の歴史も知りたい!という方はこちらのページで。


今年はどうなるでしょう?
ノミネートからいうと、グリンデイがムーンマン像を大量獲得の予感です。

さて、最後にこんなリアムの発言を投下して失礼します。

>>リアム「俺はエルヴィスと同じレベル」BARKSより)

スペインのフェスティヴァル<FIB Hineken 2005>に出演するリアムは、スペインの新聞『El Mundo』にこう話したという。「エルヴィスと俺がいる。そのうちのどちらが優れてるのか、俺には答えられない」+DETAIL>>


・・・・・・・・・・・(@゜Д゜)




□関連記事

>>2005.07.27 MTV VMA '05!(今年のノミネートはこちらでチェック!)
>>2005.07.28 あなたのUKバンドは?(GREEN DAY、最多ノミネートを受けてコメント)

00:12 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2005.08.06 私的ボーカル大賞
信じられません。どう考えてもおかしいです。

何がって、

あとぅい!!!!

嗚呼京都、嗚呼京都って、京都って…(思わず一句)

早く実家帰りたいです。実家は涼しいです。夜窓開けて寝ると、風邪引きます。夏なのに。サイコーですねっ!!

まあそのことはおいといて、私的大賞シリーズを久々に。
今回は「私的ボーカル大賞」です。
お気に入りのボーカルさんをランキングにして紹介…しようと思ったんですが、無理でしたので列挙!
絶対偏りますが、ご了承くださいな。
ではさっそく。


□クリス・マーティン(from Coldplay)

X&Yもうすっかり大物になったクリスさん。海外ニュースでもしょっちゅう名前が出てきます。
セクシーベジタリアンだとか…娘を溺愛してるだとか…
クリスのボーカルの魅力はやっぱり、美しいファルセット。
繊細でありながらも「弱く」なく、澄んだ歌声に癒されます。
『X&Y』(左)収録の"WHITE SHADOWS"では、自在に音域を変化させる高度なボーカルを披露してくれています。


そうそう、以前紹介したシングル"FIX YOU"のPVは、どうやらあれで合ってたみたいです!

>>Coldplay deliver "Fix"

Coldplay shot the promo for "Fix You" on one of the final dates of their recent world tour at the Reebok Stadium in Bolton.

The video finds Chris Martin walking through floodlit streets, in the initial sections of the song. As it reaches the more dramatic mid-section, Martin begins to run.

Eventually he reaches the stadium and emerges on-stage as the band finish the song in emphatic, stadium style. The street scenes of the promo are understood to have been filmed in London.

"Fix You", taken from the band's all-conquering third album, "X&Y", is out as a single on September 5. >>DETAILS(Yahoo! UK&IRELAND)



"FIX YOU"PV視聴はこちらから!>>MTV.com


□トム・チャップリン (from KEANE)

Hopes and FearsKEANEもファルセットが綺麗なボーカルで有名です。
Coldplayと比較されがちですが、KEANEのほうがややハスキーさが薄く、澄み切った感じですね。
でもColdplayが好きな人なら、ハズレってことはないでしょう。
あとKEANEのピアノもすごく綺麗。
LIVE8のアクトでは力強く、澄んだピアノの音色がハイドパークを包んでいました。
"Bedshaped"はオーディエンスも、KEANEメンバーも最高でした。




□ボノ (from U2)

How to Dismantle an Atomic BombそのLIVE 8のリーダー、ボノ。
ライブアクトでは貫禄のパフォーマンスを披露してくれました。
("Beautiful Day"の最後にThe Beatlesの"Blackbird"を歌ってたのがすごくよかった!)
歳を重ねても全く衰えないボノのボーカル。
むしろ渋さが増して、重みがありますね。
独特のコーラスも大好きです。



□チェスター・ベニントン (from LINKIN PARK)

Meteoraいきなりハードロックに飛びました。
実はハードロックってあんまり聴かないほうなんですが、リンキンは大好きです。
主な理由がチェスターのボーカル。
エネルギーを絞り出すような激しいシャウトは勿論、静かに歌うときの声が意外と透明で、思った声と違ったのがツボでした。
要は2面性に惹かれたってことですね。
リンキンのおもろいサイト見つけました!!→コチラ。
チェスター、くるくる髪型が変わるのね!こないだ(LIVE 8)は坊主だったけど。


□ギャリー・ライトボディ(from Snow Patrol)

Final Straw + 2 Bonus Tracksこれまた2面性に惹かれてしまったバンド。
もともとMTVで『Final Straw』(左)収録、"Run"のPVを目にしたのがきっかけでした。
速攻CD買いに行って、聴いてみたらびっくり。
如何にも叙情的な曲だけじゃなくて、THE STROKESみたいな曲もある!
ちょっとハスキーがかった声でなんとも切なく歌い上げる"Run"がお気に入りです。





□Cocco

ベスト+裏ベスト+未発表曲集ここでいきなり邦楽です。
Coccoのボーカルはすごく多彩で、飽きることがないですね。
基本的には伸びやかで透き通った、甘い声。
どんな曲でも歌えるという気がします。
激しい曲から、優しいバラード。
時には「みんなのうた」で流れててもおかしくないような
童話的な曲調さえ、自然に、きれいに聴こえてしまう。
アルバム1枚でずいぶん楽しめるアーティストだと思います。





□グザヴィエ・ボワイエ (from Tahiti80)

フォスベリーTahiti80のメンバーはみんなフランス人なんでしたっけ?
すごい名前です。
この人の声は春にぴったりです。
ポップで軽く、ちょっと甘い感じ。
1stアルバムを休日の昼下がりに聴いたら最高です。
いつだったか来日したときにたこ焼きを食べてびっくりしたそうです。
食べたら中からタコが出てきたからだそうです。
確かにびっくりするでしょうさ。


□フランシス・ヒーリィ(from Travis)

Singles最近Travisがヘヴィー・ローテーションです!
ピースフルなボーカルに癒されてます。
フランさんもまたファルセット系でしょうかね。
"Why Does It Rain On Me?"のような、人を包み込むような優しさがあるところが大好きです。
キューピーみたいな顔してますよね、フランさん。
"Sing"のPVなんかまるっきしキューピーさん……




□ダイド

ライフ・フォー・レントよく考えてみたら洋楽で女性ボーカルってあんまり聴かないです。
ミッシェル・ブランチとシェリル・クロウとこのDIDOだけ…ですか。
女性ボーカルってR&Bとかアイドル系ポップスとかに多いからかもしれませんね。
DIDOを聴いていると、本当に安らぎます。
Enyaとかとはまた違ったボーカルで、ややクールな印象です。
柔らかく、透き通った声が魅力的。
これ聴きながら勉強なんぞしようもんなら3秒で寝ます。
のび太のように(笑)



□マット・ヘールズ(AQUALUNG)

Still Life初めて聴いたときは「んっ?Coldplayか!?」とびっくりしました。
似てます。確かに。
でもAqualungのほうがやや柔らかく、ハスキーがかってるような印象です。
店頭で"Easier To Lie"を聴いたときには固まりました。
ボーカルといい、ピアノといい、バックの打ち込みといい、ドツボでした。
Coldplay好きなら、絶対損はしないはず。
そして快眠です。


□トム・ヨーク (from Radiohead)

The Bends最後はファルセットといえばこの人、トム・ヨークです。
UKロックを本格的に聴くようになったのは、Radioheadの"the bends"(左)がきっかけでした。
「捨て曲」が1曲としてない、すごく完成度の高いアルバムだと思ってびっくりしました。
そして歌詞の暗さにおののきました(笑)
そしてどの曲もトム・ヨークのボーカルが光ってます。
今もRadioheadの中では一番好きなアルバムです。








□関連アーティストオフィシャルサイト

Coldplay (ARTIST or LABEL) / KEANE / U2 /LINKIN PARK / Snow Patrol / Cocco / Tahiti80 / Travis / DIDO / Aqualung / Radiohead

01:13 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
2005.08.04 THE ISLAND
20050803232426.jpg
配給:ワーナー・ブラザース映画
公開:2005年7月23日
ジャンル:SF/サスペンス
監督:マイケル・ベイ
キャスト:ユアン・マクレガー/スカーレット・ヨハンソン/ショーン・ビーン/ジャイモン・フンスー




□STORY
21世紀半ば、地球は極度の大気汚染によって生存不可能の地と化していた。シェルターの中で生活をする「選ばれた者」の夢はたったひとつ。地球上で唯一汚染されていない楽園、“アイランド”へ行くこと。誰でも行ける、というわけではなく、“アイランド行き”の幸運は定期的に行われる抽選に委ねられていた。抽選に当たる日、それだけを心待ちにして「選ばれた者」たちは規則正しい生活を送っていた。毎日どこからか用意される白く清潔な服を着て、栄養がきっちり計算された食事を食べ、運動をし、仕事に励む。
リンカーン・6・エコー(ユアン・マクレガー)も「選ばれた者」の1人だ。彼は毎日の単調な生活に疑問と飽きを覚えていた。そんなとき、彼は何処からか迷い込んだ蛾を見つける。外の空気は「汚染」されているはずなのになぜ?
その夜、恒例の「抽選会」でジョーダン・2・デルタ(スカーレット・ヨハンソン)が選ばれた。彼女に惹かれていたリンカーンは、複雑な気持ちで“アイランド”行きを祝福した。しかし、彼は“アイランド行き”の恐ろしい真実を知ってしまうことになる。ジョーダンの“出発”は目前。果たしてリンカーンはジョーダンを救えるか?

*もっと詳しく知りたい方は↓をクリック!
the-island-banner.gif


見てきました!「アイランド」!夏休みっていいですねえ*´∀`*
さて、さっそくレビューをば。
公開されて間もないので、ネタバレは無しです。

私より前にこれを見に行ってきたという友達の反応が微妙だったので、あんまり期待しないで見に行ったんですが、いや、予想に反しておもしろかった!

ストーリーも魅力的でしたし、こないだ見た「CODE46」よかちゃんと“未来”や“クローン”の要素が説明されてて、分かりやすかったです。

私的に“シェルター”の中での生活にすごい興味がありましたね。
真っ白なお部屋に真っ白な服がきれいだったし、建物もおしゃれだし。

バー(みたいなとこ)も一応あるんですけど、飲み物は至って健康的。
体に良さそ~うなオサレジュースです。
それがちょっと美味しそうなんだわ!
バーより魅力的です。

あといちいちカッチョな(笑)ビジョンとか道具とか出てきたんで普通にはしゃぎました。
特にショーン・ビーン演じるメリック医師が使ってた四角錘!
テーブルの上をするするっと動かすとビジョンが出てきたりするんです。ほしい!

でもシーンによってはおなかが痛くなったり目が痛くなったりします。
見てるこっちが痛いわ!…という。


アクションの要素もかなりありましたね。
息もつかせぬほどドカンバコン街を破壊してました。
スピード感溢れる映像でした。
文字で表すとしたら…「あぶないって!ぶつかるぶつかる!あああそんなとこにいたら一緒に落っこちちゃうってんでい!!」
みたいな感じです(笑)

またしてもカッチョな乗り物が出てきますし。
カウンタックに始まり…素敵ボートも出てきましたし、
しまいにゃあ何年か前に宇多田のヒッキーが乗ってた乗り物が出てきました。
スノーモービルが浮いたようなやつ。ほしい!(またか)



キャストもなかなか魅力的!
オフィシャルサイトにあったイントロダクションが分かりやすかったのでコピペ。↓

主演は、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のユアン・マクレガーと、『ロスト・イン・トランスレーション』のスカーレット・ヨハンソン。そして、クローンの管理者メリックに『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『トロイ』のショーン・ビーン、追跡隊を率いるローレントに、『トゥームレイダー2』『コンスタンティン』のジャイモン・フンスー、二人の脱出を助ける研究員マッコードに『ファーゴ』『ビッグ・フィッシュ』のスティーブ・ブシェミ……それぞれに予期せぬ結末が待っている。


豪華なキャストの皆さんですねえ。
「二人の脱出を助ける研究員」のスティーブ・ブシェミさん、どっかで見たことある顔だなあと思ってたら「スパイキッズ2」に出てきたロメロ博士でした。
「アルマゲドン」にも出てたらしいです。もしかして1人だけラリっちゃったようなあの人かしら??まあいいや。

そうそう、ユアン・マクレガーが大好き!って方は是非見るべきですね、この映画。
とにかく出ずっぱりです。だいぶ体張ってます。白い服が似合います。
劇中でスコットランド訛りを喋ってましたが、あれ地なんですね。
スコットランド出身だったんですね、ユアン・マクレガーって。

あとショーン・ビーンが好き!って方にもおすすめ。
パンフにはあんまり載ってなかったので、ちょい役なんかな?と思ってました。
ところがどっこい。大分出てきました。
スーツでフレームのない細い眼鏡で医師です。怖いです。
私の友達は渋さに腰砕けになってました。
まったく!ナイスミドルと眼鏡に弱いんだから。K子ちゃんは。



とまあこんな感じで満喫してまいりました。
DVD出たらちょっと欲しいかも!




関連商品

アルマゲドンパール・ハーバー 特別版スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃ロスト・イン・トランスレーションロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セットトロイ 特別版 〈2枚組〉


トゥームレイダー[トゥームレイダー2 劇場公開記念バージョン]コンスタンティンファーゴビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションスパイキッズ 2 失われた夢の島 DTSスペシャルエディション (初回限定版)


00:47 Movies | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
2005.08.03 COLDPLAY“FIX YOU” PV!
まずはフジロックからこんな一幕!(MTV NEWS

>>「FUJI ROCK FESTIVAL '05」ColdplayとFoo Fightersは相思相愛!?
coldplay-and-foos.gif7月29日~31日の3日間に渡って開催された、毎年恒例の野外ロック・フェス「FUJI ROCK FESTIVAL ’05」。29日、メイン・ステージ「GREEN STAGE」にはコールドプレイとフー・ファイターズが続けて出演し、フェスティバル初日の夜を締めくくった。二組のバンドが互いに曲を奉げ合う一幕もあったようだ。


最初にステージに登場したのはコールドプレイ。午後から降っていた雨がようやく上がった午後7時過ぎ、ステージ前を埋め尽くしたたくさんのオーディエンスを前にオンタイムでスタートした。黒の上下で登場したヴォーカルのクリス・マーティンは、うっかり冒頭から「サヨナラ」とご挨拶。しかしそこはご愛嬌で、「Yellow」、「Clocks」、「Speed of Sound」など、新旧のヒット曲を盛り込んだセットで観客を魅了した。

この日マーティンは、所々で“I've got another confession to make…”とフー・ファイターズの「Best of You」の冒頭部分を歌い、オーディエンスを笑わせた。また、「Politik」ではリリックに“カイザー・チーフス、ザ・ミュージック、フー・ファイターズ”と盛り込み、ラストには「この曲はフー・ファイターズのため」と「Fix You」を熱唱。曲の最後は「今度こそサヨナラ~」とリリックを変えてみせた。

そんなコールドプレイのライブが終わると、ステージ上にはいくつものサイズや形が異なるアンプが設置された。背景には「FF」と書かれたバナーが下げられ、ファンがモッシュピットに入りきらないくらい詰め寄せると、ヘッドライナーのフー・ファイターズが登場。

初っ端からニュー・アルバムのタイトル・トラックだったため、この日のセットは新曲がメインかと思いきや、バンドは「All My Life」、「Times Like These」、「My Hero」など、お馴染みのヒット曲を次々と披露。そして「次の曲はコールドプレイのためにやるよ。俺はコールドプレイが大っ好きだからな」とちょっと皮肉っぽく語り、「Best of You」へと突入した。 >> DETAIL


うわー!!おもろい一幕!生で見たかったなあ…(´へ`)
MTVロックスで放送されるようなので、それに懸けます!

Foo Fighters "Best Of You"試聴、PVはこちらでどうぞ♪
メンバーがにゅるーん♪と出てきます。
そして飛び出てきといて驚いてる方、約1名(笑)


そしてっ!上でも話題になっていたColdplayの"FIX YOU"。
前にも書きましたが……
この度、めでたくシングルカットに決定したようです!
わーい==(*´∀`)ノどんどんぱふぱふ。

PVも既に完成してるようでございます。
どんなPVでしょう??
クリスは前にこんな↓オモシロ発言をしてましたが。

>>コールドプレイ、新作ビデオにビヨンセを希望?
speed.gifアルバムからのファースト・シングル「Speed of Sound」のミュージック・ビデオについて語る彼らを聞いてほしい。

「ビデオは(ディレクターの)マーク・ロマネクと一緒に撮った。簡単に言えば、大きな、カーブのついたLEDの壁だよ。確かそんな名前だったと思う。テクノロジーにはあまり詳しくないんだ」とベーシストのガイ・ベリーマンは述べた。「これは復活後の初ビデオだから、俺たちにとってのビジュアル面での発表なんだ。『帰ってきたよ』って伝えるために、バンドのパフォーマンスを披露することが重要だった」。

「Speed of Sound」のミュージック・ビデオについては口が堅いコールドプレイだが、セカンド・シングル「Fix You」のミュージック・ビデオへの希望については饒舌だ。

「僕たちにとって、すごくウケるビデオを作る唯一の方法は、ビヨンセに出てもらうことだろうね。どうやって実現するかはわかんないけど。うちのバンドにはゴージャスなギャルがいないから、かなり不利なんだよ」とマーティン。「だから僕らにとって、ビデオを作るのはもっと大変なんだ。ゴージャスなギャルがいっぱい出てくるあのバンドみたいなビデオを作るべきだろう…MAROON5だよ。彼らに電話しなきゃな」。>>DETAIL


ビヨンセ!!( ;゜□゜)これまたなんとゴージャスなおねいさん。
完成したビデオはどうでしょうか??

>>"FIX YOU"のPVを見る!
fix-you.gif今日ふらふらしてたら偶然見つけちゃったんですが、たぶん!これが"FIX YOU"のPVでしょう(汗)感じとしては"Yellow"とか"The Scientist"に近いですね。日の沈んだ街をクリスがゆっくり歩いていって…向かった先は…という。
今回も「光」がひとつのテーマになってて、前作"Speed Of Sound"とも繋がってる気がします。







参考リンク

Coldplay Artist or Label / Foo Fighters / Destiny's Child / MAROON5
00:40 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |
2005.08.02 いらっしゃいませ、ブルームさん
またまた日本にいらっしゃったようで。

今日の朝、さて寝ようかなと思ったらめ○ましテレビでちょっと流れてたので見ちゃいました。(どんな生活??)
今回は10月公開の『エリザベスタウン』のPR来日のようです。
白いTシャツで颯爽と現れたオーランドさんなのですが…
いやびっくりした。

何がって、髪が伸びに伸びてた!!

それじゃあどっかのロックスターだよ…というくらいの後ろ髪でした。

もけけけけけけけ!!!ってしてました。
サングラスもそれっぽかったし。

空港に来てたファンの皆様に立ち止まってサインをしたり握手をしたりとかなり感激のご様子。
そうそう、ファンの皆さんはよく「オーリー!!」って呼びかけるじゃないですか。
あれ、日本語訛りで「Honey!」って聞こえるらしいです。
ワーオ★情熱的!って思ったことでしょう。

3日に来日記者会見をするとか。
ま、スシ!とかテンプーラーとかおどんとかうでんとか食べてゆっくりしてってほしいですね。

おどんうでんおどんうでん…え~次はぁ~ シンバシッ!!!!

[↑このシャウトが気になっちゃった方はこちらをご覧あれ。謎が解けます。]

そして『エリザベスタウン』予告編はこちら↓で!
elizabethtown.gif



あと、『エリザベスタウン』とは全然関係ないんですが、最近気になるあのCMのサイトを見つけました。

>>adidas japan : football
adidas.gif
まさに鉄の「ライン」上でスタープレイヤーたちが死闘を繰り広げるアディダスのCM。最近よく見かけますね。アディダスのCMは、NIKEと並んで相変わらずハイセンスで大好きです。このサイトもクール。CM撮影の裏側なんかものぞけちゃいます。最近の技術ってすごいのね…と思ってしまいました。









関連記事

>>エリザベスタウン
>>「ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間」レビュー
>>「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」レビュー
>>「パイレーツ・オブ・カリビアン」レビュー
>>「トロイ」レビュー


参考リンク

ELIZABETHTOWN / Orlando Bloom Official Site
18:13 Movies | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2005.08.01 CODE46
B0002IVURCCODE46 スペシャル・エディション
ティム・ロビンス マイケル・ウィンターボトム サマンサ・モートン オム・プリ
ハピネット・ピクチャーズ 2005-03-04

by G-Tools


code01.gifcode02.gif

□CODE46

1)子作りの前に遺伝子検査を義務づける。遺伝子が100%、50%、25%同一の場合の受胎は許されない。
2)計画外の妊娠は胎児を検査すること。100%、50%、25%同一の場合は即中絶すること。
3)両親が遺伝子の同一性を知らない場合、法規46違反を避けるべく医療介入する。
4)同一性を知りながらの妊娠は、法規46に違反する重大な犯罪行為である。

□STORY

舞台は半世紀後の未来。環境破壊が進み、世界は砂漠化した「外」と高度に管理され、守られた「中」とに二分されていた。「外」と「中」を行き来するには、“パペル”と呼ばれる許可証が必要だった。捜査員であるウィリアム(ティム・ロビンス)は、上海で起きたパペル偽造事件の捜査を依頼され、上海に渡った。ウィリアムはマリア(サマンサ・モートン)が偽造していることを確信するが・・・


舞台設定が「未来」ということで、SFっぽい作品なのかしら??と思っていたら、意外とラブ・ストーリーメインの映画でした。
「近未来」というと、球体が町中に浮かんでてやたら曲線の多い道路や建物を想像してしまうのですが、この映画が描いた「近未来」はもっと現実的でしたね。
外観は今とそんなに変わりないです。上海の町が結構そのまま使われてます。
でもいたるところに「近未来」を感じさせる要素が自然にちりばめられていて良かったですね。
例えばガラスに現れるビジョンだったり、動く写真のようなアルバムだったり。
個人の能力を部分的に向上させる「ウイルス」なんてのも出てきました。

でもこの設定もやや説明不足な感じがして残念。
「ウイルス」って結局どういうものなのか、とか、
マリアが何故クローンだったのかとか。
そのへんがちょっと距離感。

ということで、この映画で一番印象的だったのは、役者さんでもなく、お話でもなく、演出でした!ごめんなさい。

*映像
全体的にハイセンス!
「中」は青や白でまとめていて、「外」(もしくは「外」の雰囲気を持つ場所)は暖色系が多い。
特に都市は人口の光で彩られた建物や夜景がきれいでした。
無機質な涼しさを感じる映像です。
カメラワークも独特で、手持ちカメラでずっと撮ってたかと思えば、突然監視カメラのような映像になったりします。


*台詞
基本的には英語なんですが、さまざまな言語が混在してます。
英語自体も東洋系訛りや中東系訛りがきついので、そのうち何語か分からなくなってくる(笑)
グローバル化が進めば、こういう風になるんでしょうかねえ。
この映画を字幕なしで見るのはきついかも!
でもこういう設定自体は魅力的であります。


*音楽

ドツボ!!!
の一言に尽きます。
冒頭部分で流れるサントラも、まるでU2の新曲のようですし、
全体的にUKロック(叙情系)のInstrumentalトラックみたい。

何より最後のシーンでColdplayの"Warning Sign"が使われてたことが大きかった。
懐かしさと新しさを併せ持つColdplayの音楽は映画のテーマにもよく合ってました。
"And the truth is I miss you / and I'm tired / I should not have let go"
のところが使われてたのですが、ぴったり。
(でも日本語字幕はいらない・・・しかも歌ってるのはクリスなのに訳が女言葉・・・)

そうそう、なんと予告編では"The Scientist"や"In My Place"までガンガンに使われてました。

監督にインタビューに来た人は自信満々で「U2を使われてましたが」って言ってましたけどね!!
インタビューに来るのに調べてこなかったのかなあ(`へ´)
相当日本語訛りがきついインタビュアーでした。

ま、何にせよColdplayを使ってくれたのはグッジョブ(≧∀≦)b

"Warning Sign" "The Scientist" "In My Place"収録アルバムはこちら!↓
B000069AUIA Rush of Blood to the Head
Coldplay
Capitol 2002-08-27

by G-Tools



よく考えてみたらこの話、『N.P.』に通じるところがありますね。
『N.P.』よかもっと複雑ですが。
気になった方は是非!↓
404180003XN・P
吉本 ばなな
角川書店 1992-11

by G-Tools


画像ないのね・・・orz


19:11 Movies | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) |
2005.08.01 ARTIST OF THE MONTH : AUGUST
さて、8月になりましたということで、ARTIST OF THE MONTHも交代です。
7月はボブ・ゲルドフと共にLIVE 8を引っ張ってくれたU2でございました。ご苦労さまでした!
aotm-u2e.gif
どういたしやして



8月のARTIST OF THE MONTHはこの方↓たち。

oasis.gif


そう、OASISです!

何故oasisなのか、と申しますと、今月のサマソニで来日するからです。
8/13に大阪で、8/14に東京でライブの予定。
行きたい行きたいと思っていても結局出不精で、今年もMTV観戦です…
今年のサマソニは…他にもweezerとかYellowcardとかTHE ORDINARY BOYSなどが楽しみ!


さて、本題のOASISについて。

実はOASISは3分の2くらいしか聴いたことがないので、あまり詳しくはないんですよね。
でも!基本的なことはわかる……つもりです(汗)

□OASIS [発音は“オエイシス”らしいです。最近気付きましたorz]

・イングランド・マンチェスター出身のロックバンド。
・1992年結成。
・リアム・ギャラガー(vocal) / ノエル・ギャラガー(guitar) / ゲム・アーチャー(guitar) / アンディ・ベル (bass) / ザック・スターキー(drums)←ザックは正式メンバーではありません。
・ブリット・ポップの代表格。
・壮麗なメロディーが魅力。
・リアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーの兄弟が核。(というかオリジナルメンバーはこの2人だけ)
・兄弟はThe Beatlesを敬愛している。
・江戸っ子でもないのに兄弟喧嘩に花を咲かせている。(ほぼ年中満開です)
・そのお陰で解散の危機が何回も訪れた。
・他のバンドともドンパチやらかしている。
・特にBlur。
・最新作は「Don't Believe The Truth」
B00097A5I6Don't Believe the Truth
Oasis

by G-Tools



ここでギャラガー兄弟にクローズアップしてみませう。

・Noel Gallagher(兄)
Noel.gif主要な作詞、作曲を担当。毒舌。でも最近丸くなってきたとかって噂。まゆげが濃い(笑)"Noel"は文語でクリスマスの意味だが、当の本人はクリスマスが「大っ嫌い」らしい。娘にサンタがいないことを言いたくてしょうがないらしい。弟のリアムとは「仲良くする必要はない」そう。選挙では労働党を支持。「少しは信頼できるか、演説が上手いか、トニー・ブレア(首相)の半分でも頭のいい奴がリーダーにならない限り、保守党は終わってる」からだそうだ。LIVE 8版クリッキング・フィルムに参加している……ような気がする。(人違いだったらごめんなさい)>>> AOL MUSIC ON DEMAND

・Liam Gallagher(弟)
Liam09.gifボーカル担当。スキャンダル製造機人間型。兄と同じく毒舌。120歳まで生きるという素晴らしい計画を立てている。あちこちでドンパチやらかしてる割には良いお父さん。汚い言葉は子供の前では使わないらしい。よく子供といっしょに散歩をしているところを目撃されている。「人生は素晴らしい」らしい。






□ギャラガー兄弟毒舌語録

・エミネム→アホ(ノエル)
・50セント→いままでの人生で会った最低の人間(ノエル)
(ノエルはヒップホップがきらいらしい。彼らの歌詞が若者を暴力に走らせているとか)
・ロビー・ウイリアムス→冗談が笑えない。服の趣味が悪い(ノエル)
・フランツ・フェルディナンド→あんな変てこな音楽好きじゃない(リアム)
・シザー・シスターズ→勝手にケバケバしてなさい。そのうち喉をかききってやる。(リアム)
・コールドプレイ→自殺したくなるような音楽(リアム)
・リアム→ちょっとおバカ(ノエル)


なんか打ってるのも心苦しい…orz

でもこの毒舌を受けて、当然怒るミュージシャンもいれば喜ぶミュージシャンもいるようです。相当珍しいですが。

その一例がシザー・シスターズ。(BARKSより)

>>シザー・シスターズ、オアシスからの非難は光栄?
シザーズのヴォーカリストの1人であるアナ・マトロニックはXFMの番組でこう話した。「ジェイクの喉を切り裂くとか何とか言ったんでしょ。何かそんなハッピーなことよね。でもギャラガーに文句言われるようになったら、しめたものよ。わたしが思うに、それは検印を貰えたってことだもの」 +Details...


けなされちゃったColdplayのクリスも、こんな可愛い事件を起こしてしまうほど。

>>コールドプレイ、ノエルを見つけてバルコニーからダイヴ
コールドプレイのフロントマン、クリス・マーティンがパフォーマンス中、観客席にいたオアシスのノエル・ギャラガーに抱きつこうとして4.5メートル上のバルコニーによじ登ったという。バンドはこの夜、ロンドン、ハックニーのラウンド・チャペルでシークレット・ギグを決行。マーティンにとってヒーローでもあるノエルが来場していた。

NME.comによると、マーティンは「In My Place」パフォーマンス中、バルコニー席にノエルの姿を発見。メイン・スピーカーの上からバルコニーによじ登ったという。そこで無事ノエルとビッグ・ハグを交わしたものの、問題はここから。マーティンは、そこからどうやってステージに下りたらいいものか立ち往生してしまった。

優等生タイプに見える彼だが、サーフィンに高じるなど運動神経は悪くないらしい。意を決した彼は15フィート(約4.5メートル)下のステージまで飛び降りたという。もし転落していたら大変なこと。ノエルの登場は、そんなリスクが思いつかないほど嬉しいことだったのかもしれない。+Details...



なんだかんだ言ってOASISは超大物のロック・ヒーローってことです。

でも日本では何事も起こさないで欲しいですね…
どうなるんでしょう、今年のサマソニ。
大注目です。

もしサマソニ行ってOASIS見るよ!って方がいらっしゃいましたら、是非感想をお聞かせください!




参考リンク

OASIS / SUMMER SONIC '05 / weezer / YELLOWCARD / THE ORDINARY BOYS / blur / EMINEM / 50CENT / Robbie Williams / Scissor Sisters / COLDPLAY / U2 / live 8

00:53 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。