2005.09 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.09.29 チョコ工場レビュー 中編!
charliebanner05.gif



ヤッピー!!

どうも。再びハイテンションのりくです。
もうすぐ講義が始まってしまいます。
めんどくさいことこの上ありません。
かくなるうえは海外逃亡でもしたい気分です。
アイスランドいきたーい!!(明らかにシガー・ロスの影響

ひっひっふー(ラマーズ法。
失礼しました。

今日はデップラヴァーズの友人ふたりと再び『チャーリーとチョコレート工場』を観にいって参りました。
やっとコチラも秋めいてきましたので、スカートにブーツで。秋はいい!!

いつもの映画館にいったら『四月の雪』が大繁盛。以前ヨ○様は人気者ですね。
さてさてチケットを買うぞ、とヨ○様狙いの列に便乗。
そしたら横のスクリーンで『SIN CITY』の予告編やってましたー。
「モノクロなのね」「たまに色がはいるのね」などと和やかな会話をしていたそのときっ!

画面上に不穏な光るメガネの残像が。

なんだっ!おぎ○はぎかっ!

・・・違います。彼です。イライジャ・ウッド

kevin.gif
爪を使う役(らしい)のに本人は深爪大魔王。

ぶちメガネだけならともかく、メガネが光るとは。やはりミドル・アースの幾多の困難を乗り越えただけあります。
メガネを自在に光らせるなんてお手の物ですねっ★

>> SIN CITY OFFICIAL SITE

前置きが長くなりましたが、要するにもう一回見てきましたということです。
さて、先日「チャーリーとチョコレート工場」のレポをしだしたら長くなってしまい、
1回では終わらなかったという不測の事態が発生しました。
のでっ!記憶が新しいうちにさっさと続きを書いてしまおうと思います。
尚、前回の記事をまだご覧になってない方はそちらを先にどうぞー。

おおまかなあらすじは、
前髪ちょりんシルクハット白塗り男のウィリー・ウォンカ(ワンカ)さん(工場長)がご案内する、1日かぎりの工場見学ツアーです。

※以下完全ネタバレのレビューなので、ご注意ください!


続きを読む
スポンサーサイト
01:10 Johnny Depp | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) |
2005.09.27 銀河鉄道とSigur Rós
帰ってきたときはあんなに暑かったのに、やっぱり地球はちゃんと回ってるようで大分涼しくなってきました。
生き返った~って感じですよ。ほんと。
もう学校行くだけで汗だくだくになるのは勘弁です。
あついとこキライっ!
アイスランドに憧れて止まないりくです。

私の北欧好きを更に深めるきっかけとなったのが、Sigur Rósの新作、『Takk...』。

Takk (Spec)

>> 詳しいレビューはこちらの記事でどうぞー。

最近はよく寝る前に聴いてます。
これがまた秋の夜長に合うんです。
いい夢見せてくれます。

それでもなかなか寝付けない、ってときは『Takk...』といっしょにこの本を読んでます。
新編銀河鉄道の夜


そう、『銀河鉄道の夜』です。

小学校か中学校で習ったのがきっかけです。
昔っから国語の教科書が配られるとまずどういう小説が入ってるか気になっちゃうタチだったので、授業中にこっそり何度も読んでました。

それから高校のときに改めて読んで、その天才的な文才と天文に関する知識の深さに驚きまして、そのころから大好きな小説になりました。

とくに宮沢賢治の使う比喩はすごく好きです。
例えば『銀河鉄道の夜』からこんな一節。

つりがねそうか野ぎくかの花が、そこらいちめんに、夢の中から薫りだしたというように咲き、鳥が一疋、丘の上を鳴き続けながら通って行きました。


するとどこかで、ふしぎな声が、銀河ステーション、銀河ステーションと云う声がしたと思うといきなり眼の前が、ぱっと明るくなって、まるで億万の蛍烏賊の火を一ぺんに化石させて、そら中に沈めたという工合、またダイアモンド会社で、ねだんがやすくならないために、わざと穫れないふりをして、かくしておいた金剛石を、誰かがいきなりひっくりかえして、ばら撒いたという風に、眼の前がさあっと明るくなって、ジョバンニは、思わず何べんも眼を擦ってしまいました。


その天の川の水を、見きわめようとしましたが、はじめはどうしてもそれが、はっきりしませんでした。けれどもだんだん気をつけて見ると、そのきれいな水は、ガラスよりも水素よりもすきとおって、ときどき眼の加減か、ちらちら紫いろのこまかな波をたてたり、虹のようにぎらっと光ったりしながら、声もなくどんどん流れて行き、野原にはあっちにもこっちにも、燐光の三角標が、うつくしく立っていたのです。


もう次から次から、たくさんのきいろな底をもったりんどうの花のコップが、湧くように、雨のように、眼の前を通り、三角標の列は、けむるように燃えるように、いよいよ光って立ったのです。


その島の平らないただきに、立派な眼もさめるような、白い十字架がたって、それは凍った北極の雲で鋳たといったらいいか、すきっとした金いろの円光をいただいて、しずかに永久に立っているのでした。

[新潮文庫『新編 銀河鉄道の夜』より]





まだまだ引用したい文はいっぱいあるのですが、きりが無いので。
宮沢賢治が使う、ひらがなと漢字のバランスも好きです。
カタカナ英語の表記の仕方も独特の雰囲気があって好き。
目の前にほんとうに美しい世界を描き出してくれます。


この世界観と『Takk...』がそれはそれはよく合うのです。
勿論、アイスランドの伝説や民話には勝らないと思うのですが。

前の記事にも書きましたが、『Glósóli』のPVもすごく素敵です。
子どもたちしか出てこない、童話のようなPV。
最後はちょっと切なくなってしまいます。




>> 全曲視聴、またPV試聴はこちらで。

>> OFFICIAL SITE



01:22 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
2005.09.25 まとめてCDレビュー
遅くなってしまいましたが、先日の『欲しいCDリスト』のご報告レビューでございます。
コメント下さった皆様、ありがとうございました!
それではさっそく。

□EMBRACE / OUT OF NOTHING

Out of Nothing


Goodfeeling☆のlisaさんから、『2曲目の‘Gravity’はColdplayのクリスが提供してるんだよ!』という素敵情報を教えてもらい、次の日に買いに走りました(超単純ー!!

ボーカルさんの声は、ちょうどOASISノエル兄ちゃん+ボノ÷2という感じで、とっても好み!!
サウンドもちょうどそんな感じかな。
“OASIS Follower”と言われているだけあって、すごく親しみやすいです。
メロディーラインが比較的読みやすく、アクがないのでBGMには最適です。
何かするときについつい手をのばしてしまうアルバムです。
UKロック好きならハズレってことはないでしょう。

クリスが「あまりにColdplay過ぎるから・・・」と提供したという②‘Gravity’は正にColdplay色の強い曲。
イントロのピアノから美しさが匂い立つような名曲です。
1st"Parachutes"→2nd"A Rush Of Blood To The Head"の流れから生まれたようなメロディーですね。

PVも結構好きです!
寂れた劇場でショーをしていると、どんどん昔の姿に蘇っていく逆回転PV①“Ashes”や、
自分は普通だと思い込んでいたひとりの女性があるとんでもない異変に気付くストーリー仕立ての④“Looking As You Are”などなど。


しかし“OASIS Follower”は美メロだけでは終わらない!
そう、unreleasedのazzaroさんによると、彼ら、「大口叩き」なんだそうで。
ま、ギャラガー兄弟の前ではかすんでしまうかもしれませんが。。。

アルバム全曲試聴、PV試聴はオフィシャルサイトでどうぞ!


□BEN FOLDS / SONGS FOR SILVERMAN

Songs for Silverman


あれこれ何とか好奇心のzumaさん、Untitled.のみかんぱさん、Goodfeeling☆のlisaさんに勧めていただいて購入してきました!
どうもお世話になりました。

Ben Foldsはどっかのオムニバスに入ってた‘Philosophy’から入って、ソロ・アルバム“Rockin' The Suburbs”で大好きになりました。

なのでひととおり聴いているつもりですが、やっぱりソロになってからの彼が好きです。
ピアノの音もクリアだし、何より親しみやすい感じがするので。

今回の“SONGS FOR SILVERMAN”は、いい意味で“Rockin' The Suburbs”と変わっていなくて、期待通り!という印象でした。ちょっとロック色が薄くなったぐらいでしょうか。

①‘BASTARD’はイントロからしてThe Beatles的な匂いがして好きです。
(いちばん最初に聴いたThe Beatlesのアルバムがホワイトアルバムだった私が言っていいことなのか心配ですが…)

⑤ピアノとストリングスだけで歌われる‘GRACIE’も優しげな曲調と甘く切ないボーカルが日々の疲れを癒してくれます。
そういえばBen Foldsって女性の名前をタイトルにもってくることが多いですよね。

もちろん今回も“Still Fighting It”や“The Luckiest”のような泣きの美メロが素晴らしい。
シングルカットになった④‘Landed’は劇的なピアノと幾重にも重なるコーラス・ワークが曲を盛り上げてくれるのがたまらない!

⑧‘LATE’もBen Foldsの真骨頂という印象。
ピアノとボーカルが主体で、控えめに入るドラムとアコギの音色にコーラスが乗るというスタイルで、切なく歌い上げてくれます。
シンプルなぶん、思いが伝わってきます。

この曲は故エリオット・スミスに捧げられた一曲だそうで、詞にも彼の名前が出てきます。

Elliott, man you played a fine guiter
And some dirty basketball
The songs you wrote
Got me through a lot
Just wanna tell you that
But it's too late
It's too late
Don't you know
It's been too late for a long time



・・・・・・・涙。


アルバム全曲試聴はこちらで。
オフィシャルサイトはこちらです。




16:06 Music | TRACKBACK(1) | COMMENT(6) |
2005.09.24 チャーリーとチョコレート工場
charliebanner02.gif


↑オフィシャルサイトに飛びます。


先日来てくれたお客様、けいさんと京都観光がてら観に行ってきました、「チャーリーとチョコレート工場」!!
あらすじなどはK子ちゃんが以前の記事で丁寧にお話ししてくれているので、そちらをどうぞ!


まあ一言で言うと、ティム・バートン監督とジョニー・デップの最強タッグが送る、甘くてちょっぴしビターなチョコレート工場見学ツアーです。

ジョニー・デップの徹底した演技はもちろんのこと、
『ネバーランド』に続いてデップと共演するチャーリー少年役のフレディ・ハイモアくんの演技や、
恐ろしくこだわり派のティム監督が作り出す360度セットのチョコレート工場などなど、見所はいろいろ。

そうそう、9月の頭にジョニー・デップが来日しましたが、記者会見のなかでこんなことを話してくれていました。

映画はロアルド・ダールの児童小説「チョコレート工場の秘密」が原作で、謎に包まれていたチョコレート工場に招待された子供たちのファンタジックな体験を描く。
世界的に人気の原作を映像化するにあたり「プレッシャーはなかったが、原作者が描いたキャラクターに忠実にしたかった。
監督には事前に細かなアドバイスをもらい、おかげで一度キャラクターが固まれば、後は楽だった」とデップ。
演じるウィリー・ウォンカの奇抜な風貌は「撮影現場にやってきた3歳の息子が、ウォンカの姿をした僕を見てポカンと口をあけてしまった」という。
「映画を観た後も『パパ、変だったよ』と言っていた。トラウマにならないといいんだけど(笑)」

[eiga.comより]


『パパ、変だったよ』と訳されているのは“You're really weird”という言葉。
実はこの言葉、劇中でデップ演じるウォンカさんの台詞なんですね。
劇中では『ヘンなおじさん』と訳されていましたが(笑)
どうやら息子さんは台詞を覚えてしまったようですね。クレバーだ!!
なのでそこもちょっとした見所であります。

好き嫌いは観る人次第の映画だと思いますが、
たまにはこういう風に純粋にエンターテイメントを「楽しむ」映画もいいんじゃないでしょうか。

さてさて、毒舌で名を轟かせているけいさんの批評はいかがなもんでしょ?
けいさん、どうでしたかっ!

けい:「ジョニー・デップは何がしたいの??」

・・・・・・・・ orz

どうやらオトナなけいさんはヒゲのジョニーがお好きなようで、今回のワンカさんはお気に召さなかったご様子。
けいさん!だったら『耳に残るは君の歌声』と『シークレット・ウインドウ』を観てくれー!

耳に残るは君の歌声 特別版シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
耳に残るは貴女の早口



★以下ネタバレありのレビューでござい。

続きを読む
01:22 Johnny Depp | TRACKBACK(8) | COMMENT(18) |
2005.09.22 秋といえば京都
昨日に引き続き、今日も日記で御座います。お付き合いくださいませ。

折角東京からお客さまが来てくれたというのに、市街と交通機関に疎いがために全く役に立たなかったダメ管理人。
おまけにヒールの高いミュールを履いていったために、マメができてしまったという大失態。

今日こそは挽回を!というわけで、清水寺近くの三年坂(産寧坂)と二年坂(二寧坂)に行ってまいりました。
ここなら去年来たから得意だぞ!
観光のお客様たちと大して変わりないっ!!

>> アクセス!

・JR京都駅→市バス206系統で9分、バス停:五条坂下車、徒歩10分。
・または京阪電気鉄道五条駅→徒歩20分
天気、マップなどの詳細はこちらで。

まずは清水寺までの坂を登り、坂の途中から枝分かれしている三年坂に入ります。
(曲がり角に「七味家本舗」というお店があります)
そしたらばっ!こんな感じです。

[サムネイルをクリックで大きい画像が出ます]
kyoto01_s.gif


閑静で味わい深い町並みが見えます。
坂の途中には京都ならではの小物、八つ橋やきんつばなどの甘味を扱うお店がたくさん!
ひとつひとつの店舗が魅力的で、一歩歩くごとに立ち止まってしまいそうになります。

例えばオリジナルの化粧品やかんざし、てぬぐい、ガラス玉などなど、豊富な品揃えのカラス堂や、
昔ながらの深い味わいが楽しめるイノダコーヒーなどなど!

いかにも京都らしいこんな風景も見られますよー。

kyoto02_s.gifkyoto03_s.gif


でも女性はなんと言ってもあぶらとり紙で有名なよーじやでしょう。
修学旅行に来た学生さんの大半はよーじやの袋を持ってますね。
もちろん京都市街にはあちこちよーじやがあるのですが、この清水産寧坂店は特におすすめです!
普通のお屋敷のような庭のなかにひっそりと立つ、情緒満点のお店です。

私はあぶらとり紙3冊組(1,020円)と、よーじや水(840円)を買ってきました。どちらも税込み価格です。

kyoto06.gif
自慢げに映りこんでるアヒルくんは管理人の代打、フランツくん(仮)です。

“よーじや水”というのは、よーじや特製の化粧水です。よーじや公式サイトによると、 
『冷房・暖房時の乾燥したお肌に、
仕事・お出かけ時のストレスのあるお肌に
うるおいを与えるリフレッシュウォーターです。
パラベンなどの防腐剤成分を含まない純粋な水です。』
なんだそうです。
前回来たときにテスターをつけてみて、すべすべになって感動したんですが結局買わずじまいだったので、買ってきました。

さてそんな三年坂を満喫するとこんどは二年坂。
三年坂を右に曲がりま~す。
こちらの坂も見所たっくさんなのですが、公式案内サイトのほうがより詳しいので、どうぞそちらをご覧下さい。

あ、三年坂、二年坂のお店はだいたい午後6時ごろになると店じまいを始めてしまうので、お早めに!
私達も行ったのは夕方の5時ごろだったので、急いで買い物しました。

おみやげも買ったし、一息つきたいなということで、三年坂を出てちょっと下ったところにあるカフェ(甘味処?)の「天」さんでお茶することに。
私が頼んだのはアイス抹茶オーレ。
kyoto04_s.gif


友達が頼んだのはきなこのお茶碗パフェ(だっけ??)。
kyoto05_s.gif



このパフェは黒蜜のゼリーや白豆などが入ってて、とってもおいしかったです。
ありがとねー!

甘いもの食べて幸せになったところで、京都駅への帰還。
バス混んでましたー。
しかもけっこう揺れるから二の腕が疲れた・・・

京都駅で秋物を買おう!としばらくうろついたのですが、
お金もあんまり持ってきてなかった上に迷ってたら8時になってしまい、お店が閉まっちゃいました。
ブーツ欲しかったー!デニムの膝丈スカートも欲しかったよー。
また今度買いに来ます。

そして寂しいけど友達とお別れ。
ありがとう!楽しかったよ。
東京でもオケがんばってね。
あと、例の件もがんばってね。応援してるからさ。
逃がしちゃならんよ。未来のお(自主規制

・・・ゲフン。これ以上言うとへち殺されそうなのでやめときます。

やっと暑さが和らいできましたね。秋はもうすぐ!
皆さんも秋の京都に出かけてみてはいかがですか??



01:19 Life | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
2005.09.21 ひさびさ日記
今日は日記らしい日記をば。

未だむっすぃあとぅいこの地に東京からけいさんが来てくれましたー♪

とりあえず京の街中のご案内をしないと!と息巻いていたのはいいんですが、
観光に来たひと並に街中に疎いというこのせつなさ。
ものすごく役に立たないガイドでした。
結局いつも遊びに行ってる通りと、御所の前辺りをうろついて帰ってきました。
ミュール履いていったらものすごく足が痛くなりました。当たり前ですが。
ア ホ ・ ・ ・  orz

絆創膏貼って寝まーす。脚がパンパンでーす。
それでも明日も出かけまーす。

BGMはSWITCHFOOTの“Dare You To Move”でした。

SWITCHFOOTってサーフィンの技の名前らしいですね。
こないだMTV NEWSでやってました。

デアユートゥームーヴ♪

…短ッ!!!



00:19 Life | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
2005.09.19 こよなく遅いVMA感想
ぬををを。

あとぅーい!!!

開口一番に叫んですいません。
実家から京都のほうに帰ってきたら季節が逆戻りして軽く時差ボケ状態であります。あ、温度差ボケかな。
いやすごいもんですね。
ちょっと南に下っただけでこんな違うとは。

久しぶりに下宿先に帰ってきたわけでありますが、
私は怯えています。奴が出るんじゃないかと。

誰って・・・

です。

あ、ギャラガー兄弟ではないですよ。
確かに出たら恐ろしいと共にちょっぴし嬉しいビタースウィートな感情のシンフォニーですが。

Gってのはあれです。

ゴキ [強制終了]

だれか強制絶滅危惧種に指定してくださいよ。
ひとり暮らしの女子の天敵。


Gがグリンデイだったらいいのに。


そうそう、先週MTVでVMAの完全版やってましたよね。
その感想でも書こうと思い続けて早一週間あまり。
今日こそ書こうと思います。
こよなく遅くなってしまいました。
受賞などは以前の記事で書いてしまったので、ライブパフォーマンスに登場したロック勢のレポでもしようと思います。
すいませんR&Bとかブラック系苦手なんです…orz

□GREEN DAY

VMAの放送はPRE SHOW120分+本編180分の大盤振る舞い放送だったわけですが、
その本編が始まってすぐにグリンデイが出てきたもんだからびっくり。
あわてて録画ボタンをポチッとな!
曲目は最多ノミネートを誇った‘Boulevard Of Broken Dreams’でした。
バンドの後ろにそびえるスクリーンにスモークが流れて曲が始まります。
ビリー(Vo)は曲の間に"Miami!"と観客を煽ります。
中盤のブレイクでトレ(Dr)がスティックを放り投げてなんと仁王立ち
腰に手をあててマイアミの眺めをご堪能。
もちろんドラム入るころにはどこからか出現したスティックでちゃーんと叩いてましたけどね。
そしてステージのあちこちで炎が上がってトップバッターのパフォーマンスが終了。
でもまだまだグリンデイのオン・ステージは続きます。何せ8冠ですからね。

>> GREEN DAY ‘Boulevard Of Broken Dreams’視聴


□OPENING

VMA'05のホストであるDiddyの登場です。

今年のVMAはロゴからも分かるように、「雨粒」がテーマです。
なので徹底的に「水」がフィーチャーされたステージでした。
通路のあちこちから水が噴出すわ、噴水は出来てるわ、受賞者がくぐる水のアーチは出来てるわ。すごい徹底ぶり。

そんな水道料のかかりそうなステージのど真ん中から白い光につつまれて登場したDiddy。衣装も真っ白なスーツです。
花火がどかんどかん上がり、妖艶なオネエさまたちがステージに集結。
ハンドクラップを煽るオネエさん、盛り上がるマイアミ。
Diddyの周りを取り囲むダンサー。
そしてDiddyが腕を振り下ろしたと同時に、円状に設置された噴水が上がってフィニッシュ!

ハデね。


□THE KILLERS

このとき目が半開きのうえ録画ボタンも押してなくて記憶があまりないのですが、
確かパーティー会場を再現したステージでライブしてました。
曲は‘Mr. Brightside’・・・だったような。
曲の最後には花火がばんばん上がっててきれいでしたー。
ここでも目の前にプールがあって、ぬかりなく「水」のテーマでリンクしてます。

>> THE KILLERS ‘Mr. Brightside’視聴


□Coldplay

曲はもちろんVIDEO OF THE YEARにノミネートした‘Speed Of Sound’。

水が流れる後ろの巨大スクリーンに映し出されたのは‘Speed Of Sound’のPVで使われたようなLEDの映像。
PVを再現しているような演出です。
さすがMTVだけあって小技が効いています。

そして間奏に入ると、それまでピアノをいつもの如く踊りながら弾いていたクリスがなんと客席に脱走

すいません、クリスさん、ここはマイアミであって網走ではないんですけど。

アバシリダロウトマイアミダロウトドウデモイイヨ!
ってな勢いで周りのお客さんはクリスと一緒に歌います。
そんなカオスのなか演奏は終了。
楽しいハプニングでしたー。

>> Coldplay ‘Speed Of Sound’視聴


□MY CHEMICAL ROMANCE

曲は複数部門でノミネートしている‘Helena’です。
会場は赤と黒に染められ、サビにはPVで登場した傘が踊ります。
粋ですなー!と思っていたら、白い傘ばかりの中に赤い傘が。
赤い傘をさして颯爽と現れたのはこれまたPVに出てきた女性!
華麗な動きでステージを軽やかに舞い、そのまま客席にダイヴ。
消息は分かりませんが、なんとも素敵な演出でした。
好きですよー!ヘレナのPV!

>> MY CHEMICAL ROMANCE ‘Helena’視聴


□Kelly Clarkson

グランド・フィナーレはケリー・クラークソン!
曲は‘Since U Been Gone’です。
裸足で歌う姿はホットでしたー。
流石フィナーレだけあって演出もすごい。
雨の演出でびしょぬれになってました。
お客さんもついでにずぶぬれ。
パワフルなステージでした。

>> Kelly Clerkson ‘Since U Been Gone’視聴



今年のVMAはロック勢が多くて楽しかったです。
MTVに今でもロックの居場所があるってこたぁいいことだー!!(by ビリー from GREEN DAY)
00:46 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
2005.09.17 最近気になるCM
9月の半ばも過ぎ、もうすっかり秋ですねえ…
今日なんて寒いくらいでございました。
でも京都帰ったらまだ夏なんだろうな…
日本って縦に長いですね。

さてさて、そんなセンチメンタル・ジャーニーな私ですが(謎
最近MTVでやたら流れてるCMが気になってます。

それはGAPのCM。
John Legend、Joss Stone、Alanis Morisette、Michelle Williams、Brandon Boyd、Keith Urban、Jason Mrazという名だたるアーティストさんたちが次々登場して、自分のお気に入りの歌を口ずさむというものです。
画面がモノクロで、次々に有名な方々が登場してくるもんで、最初はホワイトバンド外国版かと思いました。

視聴はこちらでどうぞー。


ワーオ!オサレなCM!と思って満足していたら、どうやらそれだけじゃなかったようです。

“FAVORITE”キャンペーン

この秋、”FAVORITE”キャンペーンの一環として、9/1(木)からGAP全ストアにおいて、ストアプロモーション“TRY-ON キャンペーン”を実施します!
このキャンペーン期間中、GAP STOREで対象商品をご購入された方には何と、キャンペーンに登場するミュージシャンたちが”FAVORITE(お気に入り)”な曲をカバーした、 「GAP限定コンピレーションCD」をプレゼント。このアルバム、数量限定につき、無くなり次第配布終了です。9/1(木)からGAP各店舗にて配布開始!いますぐキミもお店に走れ!

:::TRACK LIST:::

(アーティスト名からそれぞれのオフィシャルサイトに飛びます)

John Legend - "Hello It's Me" / The Isley Brothers
Joss Stone - "God Only Knows" / The Beach Boys
Jason Mraz - "One Love" / Bob Marley
Alanis Morissette - "Crazy" / Seal
Brandon Boyd - "Alison" / Elvis Costello
Michelle Williams - "Let's Stay Together"/ Al Green
Keith Urban - "Most People I Know Think That I'm Crazy" / Billy Thorpe
Michelle Branch - "Life On Mars" / David Bowie

[MTV JAPAN.COMより]




ちなみにGAP.CO.JPにて試聴できるようです!

また、MTV JAPAN.COMにはクイズ企画もあります!

しっかし9月1日からやってたとは露知らず。やってもたー。
“FAVORITE”な曲ですか。
うーん、なんだろう。
とっさに思いついたのがColdplayの"In My Place"でした。
やっぱこれだよね、ということで。





・・・そういえば"Wordplay"のころから思ってたんですけども。JASON MRAZって、ポール・マッカートニーにちょっと似てません?

00:06 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
2005.09.15 Sigur Rós 『Takk...』
Takk...


先日の記事にも書きましたが、Sigur Rósの新作、『Takk...』を買ってきました。
恥ずかしながら、Sigur Rósのアルバムに触れるのは今作が始めてで、このバンドのことをあまり知らなかったんです。
未熟者で申し訳ないのですが、『Takk...』のレビューをば。

: : : : : : 


オルゴールやストリングス、オルガン、ギター、そして崇高なファルセットの美しい糸が絡み合って出来ている彼らの音楽は、
繊細で壊れそうなほど透き通って輝いているのに、決して壊れてしまいそうにない強さも持っている。
もしアイスランドの自然から自ずと生まれる音楽があるとするならば、
Sigur Rósだ、と思いました。

アイスランド語という、なじみのない言語の歌声だからなのか、
本質的にそういった力を持っているのか、理由はわかりませんが、
Sigur Rósは聴覚というより視覚に訴えかけてくる音楽だと感じます。
彼らの音色のひとつひとつが、何かしらの映像を喚起させてくれるんです。
それはもちろんアイスランドの風景だったり、オーロラだったり、人によって様々だと思いますが、せっかくなので自分の写真のなかでこのアルバムの曲に合いそうな写真を掘り起こしてきました。


takk01_2.jpgtakk02_2.jpgtakk04_2.jpg


takk05_2.jpgtakk06_2.jpgtakk07_2.jpgtakk08_2.jpg


でもやっぱりオーロラですよね!という方はこちらのサイトでどうぞ。


『Takk...』はアイスランド語でいう「ありがとう」らしいですね。
今月のrockin' onに興味深い理由が載ってました。

「『Takk...』では、それでも世界は思っていたほど悪くもないかもしれない、って大人になって少し気付いた。だから、人にありがとう、って言えるようになったのかも」(vo&g Jónsi)

[rockin' on10月号インタビューより]


確かに、その音からは雪や氷などを連想させられるにもかかわらず、
何か暖かいものが根底に感じられました。

『Takk...』はこれからの季節にぴったりのアルバム。
ヘビー・ローテーション間違いなしです。

>> 全曲視聴、またPV試聴はこちらで。

こどもたちが主役の、童話の一節のようなPVです。
この曲の歌詞は「太陽を探す少年の物語」らしいので、
おそらくそれに基づいているのでしょう。
北欧の自然も美しく、映像の動きも映画のよう。
すごく好きです、こういう雰囲気。

>> OFFICIAL SITE


17:19 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
2005.09.13 ダン・ブラウン『デセプション・ポイント』
デセプション・ポイント 上デセプション・ポイント 下


■PROLOGUE

レイチェル・セクストンは、現在大統領選に立候補している上院議員、セジウィック・セクストンの娘だ。
しかし、彼女はとうの昔に父に対する親愛の情というものを捨てていた。
虚言を重ねる父が亡き母にした仕打ちを考えれば当然だ、と考えているのだ。
レイチェルが勤めているのはNRO(国家偵察局)だ。
国家の機密情報を扱う機関である。
つまり、レイチェルは父の対立候補である、現大統領、ザカリー・ハーニーのもとで働いていると言える。
今日はそのハーニー大統領から、緊急の連絡が直々に入ったという。
NROの局長に事の詳細を聞いたところ、自分はどうやら大統領との面会を求められているらしい。
腹を決めたレイチェルの視線の先には、大統領がよこした迎え―MH-60Gペイヴホークがアイドリングしていた。
世界最速のヘリコプターを目にし、レイチェルは嫌な予感が湧き上がるのを抑えることができずにいた。

彼女は数時間後に、信じられないような場所に連れて行かれることになる。
そして更に数時間後には、ホワイトハウスを揺るがせる存在となるのだ。



昨日の記事にも書きましたが、ダン・ブラウンの日本最新刊、『デセプション・ポイント』買ってきました。
そしていつものことながら眠気と戦いながら読破。
今作も読み応えたっぷりでした。

『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』はロバート・ラングドンというハーヴァード大教授がメイン・キャラクターで、その図形象徴学の知識を駆使して謎を解いてゆく、という筋書きですので、この『デセプション・ポイント』は異色の作品と言えるでしょう。

この物語は平たく言ってしまえば、大統領選候補者とその支援者が繰り広げる駆け引き、そしてNASAの“歴史的な新発見”が複雑に絡み合ったミステリーです。
なので宗教色は全くありません。

かといってダン・ブラウン氏のスタイルが崩れるわけではありません。
地質学や宇宙生物学の知識やホワイトハウスの薀蓄が山のように盛り込まれています。
去年取っていた地学系の授業の内容がごろごろ出てきて、復習に一役買ってくれました。

『ダ・ヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』の宗教色濃いスタイルが苦手、という方にはぜひ一読をお勧めします。
まさに「読む映画」。
テンポの良い展開とミステリー、薀蓄に引き込まれずにはいられないでしょう。




■関連記事

>> 『天使と悪魔』レビュー
>> 『ダ・ヴィンチ・コード』映画化!



18:57 Books | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
2005.09.12 きのう買ってきたもの
■デセプション・ポイント 上下巻

デセプション・ポイント 上デセプション・ポイント 下


上の帯にも書いてありますとおり、『ダ・ヴィンチ・コード』の著者、ダン・ブラウンの日本最新刊です。
『ダ・ヴィンチ・コード』は宗教(主にキリスト教)や図形象徴などを中心に据えたミステリーですが、
この『デセプション・ポイント』はNASAと大統領選が絡んでくるミステリー。
宗教色は一切無い、そうです。
まだ冒頭部分にしか目を通していないのですが、既にページをめくる手が止まりません。今作にも期待です。

■The Ordinary Boys / Brassbound

Brassbound


やっと買いました!
オーディナリーボーイズはどちらかというと夏によく合うサウンドですが、もう秋ですね… orz
Life Will Be The Death Of Me♪

■Sigur Rós / Takk...

Takk...


Rockin' onの付録CDに2曲目のGlósóliが入っていて、それに心打たれ、インタビューの内容にも惹かれていたところ、
あれこれ何とか好奇心のzumaさんが絶賛されていたのを受けて、買ってきました。
まだ聴いてないのですが、楽しみです。

レビューなどはまた後ほど!




□関連サイト

Dan Brown / The Ordinary Boys / Sigur Rós
19:50 Life | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
2005.09.08 2005UKベスト・アルバム決定!
以前お伝えしたMercury Music Prizeの受賞者が、とうとう決まったようです!

ちなみに、ノミネートしたのはこちら。

・Anthony and the Johnsons – I Am A Bird Now
・Bloc Party – Silent Alarm
・Coldplay – X&Y
・Hard-Fi – Stars of CCTV
・Kaiser Chiefs – Employment
・KT Tunstall – Eye To The Telescope
・M.I.A. – Arular
・Maximo Park – A Certain Trigger
・Polar Bear (band) – Held On The Tips Of Fingers
・Seth Lakeman – Kitty Jay
・The Go! Team – Thunder, Lightning, Strike
・The Magic Numbers – The Magic Numbers


さてさて、気になる結果は…!?

>>マーキュリー・アワーズ発表!

9月6日(火)、今年のマーキュリー・アワーズの受賞者が発表された。勝者を巡る賭けでは最後までカイザー・チーフスが1番人気だったものの、へそ曲がり(?)のマーキュリー・アワーズ選考委員が選んだ最優秀アルバムはアントニー&ザ・ジョンソンズの『I Am A Bird Now』だった。

ノミネート発表当時、賭け屋から「今年のダーク・ホース」と評されていたアントニー&ザ・ジョンソンズ。しかし全くもってマークされていなかったわけではない。まだ無名に近い彼らだが、批評家の間では高い評価を得ており昨年の受賞者フランツ・フェルディナンドのメンバーも有力候補として彼らの名前を挙げていた。

READ MORE

[BARKSより]



あら!これまた意外な結果になりましたね。
てっきりKaiser ChiefsかBLOC PARTYになるかと思ってました。
でも選ばれたからには何かあるはず!
気になります。

B000777J2SI Am a Bird Now
Antony and the Johnsons
Secretly Canadian 2005-02-01

by G-Tools


>>Antony and the Johnsons Official Site
>>Mercury Music Prize Officical Site




□関連アーティストオフィシャルサイト

BLOC PARTY / Coldplay / HARD-Fi / Kaiser Chiefs / KT Tunstall / M.I.A. / Maximo Park / Seth Lakeman / The Go! Team / The Magic Numbers
18:01 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2005.09.07 ホンジュラス戦
すーごい試合でしたね。ホンジュラス戦。

日本 5 ― 4 ホンジュラス



>>試合詳細
>>ホンジュラスってどこの国?

海外組6人を召集したこの試合。
すごい点の取り合いとなりました。

ちなみに点を入れたのは

・高原 (前33分)
・柳沢 (後3分)
・中村 (後10分)
・柳沢 (後25分)
・小笠原 (後33分)

でした!

たくさん得点してくれたのは良かったんですけども。

大丈夫なのか・・・守備陣。
中盤とDFのスキマをつかれてものの見事に裏をとられてた気がするんですけども。

どうなんでしょう?宮本選手。

「理想を求めすぎた」宮本恒靖=サッカー日本代表

「(守備について)ちょっと理想を求めすぎたところがあった。もっと守備のやり方を変えていけばよかったと思う。DFとボランチの間が空いていた。後半、相手にやられないように、変えた。(中田)浩二を真ん中にして、ヒデ(中田英)が左に開く形にした。

 前半は前(ボランチ)が遠くてバランスが悪かった。サイドでキープできるチームに対して、少し引いた形でやるべきだったかもしれない。ラインを少し下げて人を増やした方がよかったかも。メキシコ戦のときよりは良かった部分もある。失点しないための見極めを今後もやっていかないと。中盤の4人が前で守備をしてしまったので、センターバックの前にスペースができてしまった。10月の遠征では、ヨーロッパのチームとやる(ラトビア、ウクライナ)ので、今日とは違う試合になると思う。ドイツに向けて、相手によって戦い方を変える必要があると思う。

(今日は4バックだったが?)3バックの方が確かに慣れている。でも、そんなにマイナスには感じていない。攻撃面に関して言えば、4枚の方がサイドチェンジとかできてプラスになると思う」

[スポーツナビより]


なるほどなるほど。
ちなみにジーコ監督は・・・

ジーコ監督、試合直後のコメント

 フレンドリーマッチといいつつも、感情むき出しというかスパーリングみたいな打ち合いで、久しぶりに点が多く入った試合だった。いろいろなコンビネーションを試して中盤を変えてやったが、今回の組み合わせはやったことがなかったし、(欧州組は)シーズンの始まりということで、普段では考えられないようなミスも起こった。しかし最後は勝ちを意識して、試合を捨てないということで、お客さんにも最後まで楽しんでもらえた。そういう意味では有意義な試合だった。

(欧州遠征に向けては)ヨーロッパ組もかなりコンディションが良くなっているだろうから期待できるし、いろいろなものをつかんできたい。今日は最後までお客さんが応援してくれて、日本を勝たせるんだと、そして選手たちも勝つんだという気持ちになった。この日本の勢いは大切にしていきたい。

[スポーツナビより]


左様ですか!
ぜひとも日本を勝たせてほしいですね!



話は変わりますが、今日の夕暮れは台風一過でとても綺麗な夕焼けでした。
こんな空、なかなか見られません。

afterglow02.jpg



afterglow01.jpg

22:48 Soccer | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
2005.09.06 私的PV大賞 vol.6
実家に帰ってきてMTV見放題なので、新しいPVをいろいろ発掘できて楽しいです。
やっぱこうでなくっちゃ♪
Pure MusicやMTVJAPAN.COM News Chartが好きです。
特に後者は思いがけず昔のPVとか見られるので面白い!
Top Choiceは邦楽中心なので、ちょっと苦手。


というわけで最近ビリビリきたPVを紹介いたします。
だいぶ怠けてしまいました、PV紹介…すいません orz

□NINE BLACK ALPS / Unsatisfied

unsatisfied.gif
スーツケースの中から子どもたちが出てきて、
ドラムやらマイクスタンドやらをいっしょうけんめい用意する…という、なんともかわいいビデオ。
色使いも淡くて、現実感が希薄なところもまた良し。


>>'Unsatisfied'視聴

B0009J8DI8Everything Is
NINE BLACK ALPS

by G-Tools



□MY CHEMICAL ROMANCE / Helena

helena.gif
舞台になってるのは誰かのお葬式なんですが、
ミュージカル風で素敵なのです。
でもなぜか合掌したりしてます。
するのかしらん?


>>'Helena'視聴

B00025ETIWThree Cheers for Sweet Revenge
My Chemical Romance

by G-Tools




□Franz Ferdinand / Do You Want To

doyouwantto.gif
最後はフランツさんの新曲!
9月28日に発売されるニュー・アルバム『You Could Have It So Much Better...With Franz Ferdinand』からの先行シングルです。
いつもながら楽しいPV。
でも総合的に何やってるのかわかりません(笑


>>'Do You Want To'視聴
MTV / MTV2 / MTVu

そしてこちらのサイトでメイキングが見られます!

B000A82IKWYou Could Have It...
Franz Ferdinand

by G-Tools





□BACK NUMBER

>> vol.1
>> vol.2
>> vol.3
>> vol.4
>> vol.5

□関連アーティストオフィシャルサイト

NINE BLACK ALPS / MY CHEMICAL ROMANCE / Franz Ferdinand
16:32 PV | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2005.09.05 CDジャケット作ってみました
わらしべ☆musicのkontitiさんが「Copelandのイメージ」として綺麗な木漏れ日の写真をUPされていたのを見て感激しまして、企画をお借りしてきました。

前々から「曲の印象を視覚的に表す」ことをやってみたかったんですよね。
自分で撮った写真をもとに、曲のイメージに合う画像を作ってみました。
ちょっとしたCDジャケットみたいなもんですね。
気に入っていただければ幸いです。

[↓画像をクリックで大きい画像が出ます]

□Copeland / Sleep

copelandsleep.jpgIn Motion



これは庭に咲いていた牡丹(か何か)です。
雨上がりだったので、うまいこと雫がついてくれました。
やわらくて透明な'Sleep'はこんなイメージ。

>> Copeland / Sleepの試聴はこちら!
purevolume
MYSPACE MUSIC



□Coldplay / Yellow

coldplayyellow.jpgcoldplayyellow02.jpgParachutes


左の海の写真は、3年前くらいに初日の出を見に静岡まで行ったときのもの。
夏の海よりは冬の海が好きです。特に夜明け。
その透徹した光りが'Yellow'に合うと思うのです。

右の画像は、空の写真にハルジオンの写真を重ねたもの。
'Yellow'には、春みたいにあたたかいイメージもまたあるので。


>> Coldplay / Yellowの試聴はこちら!
Coldplay Japan Official




□KEANE / Somewhere Only We Know

keanesomewhere.jpgHopes and Fears


これは1年前くらいの写真。
この曲のPVが森の中の川で演奏をするというものだったのと、
曲冒頭の歌詞↓からイメージしました。

I walked across an empty land
I knew the pathway like the back of my hand
I felt the earth beneath my feet
Sat by the river and it made me complete


>> KEANE / Somewhere Only We Know 試聴はこちら!
Official
Japan Official

選曲が選曲なだけに静かな写真ばかりになってしまいましたね。
やっぱ私はUKロック叙情系が大好きなようです・・・




□関連アーティストオフィシャルサイト

COPELAND / Coldplay / KEANE

13:35 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |
2005.09.04 えらい騒ぎ
に!なったみたいですよ。空港。

>> ジョニー・デップが主演映画PRのため10年ぶり来日

ハリウッドの個性派スター、ジョニー・デップ(42)が最新主演映画「チャーリーとチョコレート工場」(ティム・バートン監督、10日公開)のPRのため3日、米ロサンゼルス発プライベートジェット機で千葉・成田空港に到着した。

写真:ヒゲ、サングラスに帽子とおなじみの怪しい風貌でファンをメロメロにしたジョニー・デップ〕

 10年ぶり2度目の来日。日程非公表で来日しながら約600人に熱烈歓迎された韓流スター、ペ・ヨンジュン(33)と同様、ジョニーも到着時間非公表としたが、早朝から駆けつけた熱心な女性ファンや野次馬ら約2000人がお出迎え。

 午後3時44分、カウボーイハットに茶色スエードのシャツジャケット姿のジョニーが登場すると、悲鳴が飛び交いロビーは一時パニック状態。混乱を察したジョニーは、手を振りながら1分足らずで退出。「凄くビックリした」とコメントを発表した。

 4日に会見、5日にイベントをいずれも都内で行う。

SANSPO.COMより)




あ・・・あやしいって!!!
しかもそれで「ファンをメロメロに」って!!
いっつもこんな書き方ですよね。。。

ま、テンプラとかスシとか食べてゆっくりしてって欲しいですね。(そればっか)
京都とか……どうですか??

★追記。

デップさんの記者会見映像がこちらのサイトで見られます!

情報元はモートさんとニックくんをこよなく愛するK子ちゃん。ありがとう♪
勝手に乗せちゃってごめんなさい!


あ、そういえばこないだ母がヘンな豆腐買ってきたんですよ。
ブリキの月と貝の星の榊さんも紹介されてましたが、何がって名前がすごいんです。

その名も…

「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」

いや!!ほんとなんですって!!

こちらのサイトの「商品ラインナップ」をクリック!

そしてついでに「テーマソング」→「ジョニー連合」もクリックしてみてくださいな。


aotmdepp.gif
↑風に吹かれて海賊ジョニー




□『チャーリーとチョコレート工場』オフィシャルサイト

willy.jpgチョコ食いねえ!

>>オフィシャルサイト(日本語)
>>オフィシャルサイト(英語)





19:39 Johnny Depp | TRACKBACK(3) | COMMENT(23) |
2005.09.03 ARTIST OF THE MONTH ; September
もう9月ですね。早いもんです。

「9月といえば新学期」という常識が、私の故郷の県ではあてはまりません。
8月22日あたりにもう学校が始まっているのです。

どうです!理不尽でしょう!!

小学校から高校まで、この激短夏休みにヒーヒー言わされ、
テレビで9月1日に「今日から新学期」というのを目にするとビタースウィートな気分に浸ったものです。

でもそんな感傷ともおさらば。
大学の夏休みは続きます。

妹から恨みと羨望のミクスチャーの視線が飛んできますが…


さて、8月のARTIST OF THE MONTHはOASISでした。
シングル'THE IMPORTANCE OF BEING IDLE'のリリース、サマソニなどなどお疲れさまっした。
最後に近況ニュースをば。

>>Oasis、サッカー映画のサウンド・トラックに
20050903011824.gifオアシスの未発表曲が、間もなく公開されるサッカー映画『Goal!』使用されていることが明らかになった。この曲「Who Put The Weight Of The World On My Shoulders?」は、ノエル・ギャラガーが作曲/パフォーマンスを行なっているという。

『The Sun』紙によると、これは同映画の監督ダニー・キャノンがこの春、LAでレコーディング中のノエルの元を訪ねたことで実現。バンドは5月、UKでクラブ・ツアーを行なった直後にレコーディングを済ませたという。曲を聴いたという関係者は「古典的なノエル・フロントの曲だ。アコースティックが大半を占め、メロディックなストリングスが全体に散りばめられている。心のこもったバラードだ」とNME.COMに話している。

『Goal!』のサントラには、このほか「Morning Glory」の未発表リミックス・ヴァージョン、ノエルをヴォーカルにフィーチャーした「Cast No Shadow」などを収録。『The Sun』紙によると、オアシスだけでなく、カサビアン、ハッピー・マンデーズ、ダーティー・ヴェガスなどのトラックも使用されているようだ。

サッカー選手を目指しLAからニューカッスルまで旅するメキシコ人の密入国者を描いたこの映画にはデヴィッド・ベッカム、ジネディーヌ・ジダンら本物のサッカー選手も登場。9月20日から英国で公開される。

BARKSより)



そのサントラ、めっちゃ豪華ですね!!欲しいかも・・・

そして今月、9月のARTIST OF THE MONTHは、9月10日に公開になる“Charlie and the Chocolate Factory”の主演、Johnny Deppでございます!

20050903011835.gif
呼んだかな?


本名John Christopher Depp II(ジョン・クリストファー・デップ 2世)、
1963年6月9日生まれの俳優さんです。

出演作はこちら!(リンクが貼ってあるタイトルは過去のレビューに飛びます)

・1984年『エルム街の悪夢』
・1986年『プラトーン』
・1990年『シザーハンズ』
・1990年『クライ・ベイビー』
・1992年『アリゾナ・ドリーム』
・1993年『ギルバート・グレイプ』
・1993年『妹の恋人』
・1994年『エド・ウッド』
・1995年『ニック・オブ・タイム』
・1995年『デッドマン』
・1995年『ドン・ファン』
・1997年『ブレイブ』…初監督作品。(監督/脚本/出演)
・1997年『フェイク』
・1998年『ラスベガスをやっつけろ』
・1999年『ナインスゲート』
・1999年『スリーピー・ホロウ
・1999年『ノイズ
・2000年『耳に残るは君の歌声
・2000年『夜になるまえに』
・2000年『ショコラ』
・2001年『ロスト・イン・ラ・マンチャ』
・2001年『ブロウ』
・2001年『フロム・ヘル』
・2003年『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード
・2003年『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち
・2004年『ネバーランド』
・2004年『シークレット・ウインドウ
・2005年『チャーリーとチョコレート工場

ぬをを・・・いっぱいありますなあ。
それにしても彼の豹変っぷりはすごいですよね。
どんな役でもこなしてしまうってのは天性のものだと思います。


あ!そうだ、忘れてました。
ジョニー・デップトリビア。ご存知だったらすいません(´∀`;)


ジョニー・デップは、なんとOasisのアルバム"Be Here Now"にギターで参加しているそうです。

Be Here Now
これですか

すごいこともあったもんですね。
"Be Here Now"だと・・・'Stand By Me'や'Don't Go Away'が大好きです。
いちばん最初に聴いたOasisの曲が小6のときに聴いた'Don't Go Away'がだったってのもありますが・・・(懐)


Artist of the Monthがひそかにつながってたというオチでしたー。





□『チャーリーとチョコレート工場』オフィシャルサイト

wonka0.jpg見てちょうだい

>>オフィシャルサイト(日本語)
>>オフィシャルサイト(英語)





□関連アーティストオフィシャルサイト

Oasis / KASABIAN / Dirty Vegas
01:05 Johnny Depp | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
2005.09.01 rockin' on買ってきました
17.jpg


えー…なんか、アレですね、フライング気味ですね。でもいいんです。
なんつったって今月のrockin'onには…

CDがついてますもの!

実はこちらのサイト様この記事を見て知りまして、いてもたってもいられず買ってきたというわけでございます。
ありがとうございましたーっ!!!

4月頃にもこの企画やってましたよね?
その時にはどうしようかなと迷っているうちに機会を逃してしまいました…orz 未だに後悔。

rockin'on (ロッキング・オン) 04月号 [雑誌]
元気だせよ

さてさて、ギャラガー兄弟に励まされたところで(んな事してない)今回の気になるラインナップを!

01 Wings Of A Butterfly / H.I.M.
02 Work, Work, Work (Pub, Club, Sleep) / THE RAKES
03 Forever And A Day / Her Space Holiday
04 Glósóli / Sigur Rós
05 Suffocating Under The Words Of Sorrow (What Can I Do) / Bullet For My Valentine
06 Hard To Beat / Hard-Fi
07 Take My Time / Junior Senior
08 Ain't No Easy Way / Black Rebel Motorcycle Club
09 Damaged Goods / Gang Of Four



まだ聴いてませんが、Junior Senior入っててくれて嬉しい!
THE RAKESとかHer Space Holiday、Hard-Fiあたりも気になります。

rockin' on10月号はFranz Ferdinandの新作インタビュー、THE ROLLING STONESの独占インタビューなどなど!
あとでじっくり読もうと思います♪

追記 >>> >> >

THE RAKES、HER SPACE HOLIDAY、Sigur Rósがビリビリきました!
とくにSigur Rós。
美しすぎる・・・
まさに「オーロラを音で体現するバンド」ですね。




□関連アーティストオフィシャルサイト

OASIS / H.I.M. / THE RAKES / Her Space Holiday / Sigur Ros / Bullet For My Valentine / Hard-Fi / Junior Senior / Black Rebel Motorcycle Club / Franz Ferdinand / THE ROLLING STONES
00:10 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。