2017.06 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.09.27 銀河鉄道とSigur Rós
帰ってきたときはあんなに暑かったのに、やっぱり地球はちゃんと回ってるようで大分涼しくなってきました。
生き返った~って感じですよ。ほんと。
もう学校行くだけで汗だくだくになるのは勘弁です。
あついとこキライっ!
アイスランドに憧れて止まないりくです。

私の北欧好きを更に深めるきっかけとなったのが、Sigur Rósの新作、『Takk...』。

Takk (Spec)

>> 詳しいレビューはこちらの記事でどうぞー。

最近はよく寝る前に聴いてます。
これがまた秋の夜長に合うんです。
いい夢見せてくれます。

それでもなかなか寝付けない、ってときは『Takk...』といっしょにこの本を読んでます。
新編銀河鉄道の夜


そう、『銀河鉄道の夜』です。

小学校か中学校で習ったのがきっかけです。
昔っから国語の教科書が配られるとまずどういう小説が入ってるか気になっちゃうタチだったので、授業中にこっそり何度も読んでました。

それから高校のときに改めて読んで、その天才的な文才と天文に関する知識の深さに驚きまして、そのころから大好きな小説になりました。

とくに宮沢賢治の使う比喩はすごく好きです。
例えば『銀河鉄道の夜』からこんな一節。

つりがねそうか野ぎくかの花が、そこらいちめんに、夢の中から薫りだしたというように咲き、鳥が一疋、丘の上を鳴き続けながら通って行きました。


するとどこかで、ふしぎな声が、銀河ステーション、銀河ステーションと云う声がしたと思うといきなり眼の前が、ぱっと明るくなって、まるで億万の蛍烏賊の火を一ぺんに化石させて、そら中に沈めたという工合、またダイアモンド会社で、ねだんがやすくならないために、わざと穫れないふりをして、かくしておいた金剛石を、誰かがいきなりひっくりかえして、ばら撒いたという風に、眼の前がさあっと明るくなって、ジョバンニは、思わず何べんも眼を擦ってしまいました。


その天の川の水を、見きわめようとしましたが、はじめはどうしてもそれが、はっきりしませんでした。けれどもだんだん気をつけて見ると、そのきれいな水は、ガラスよりも水素よりもすきとおって、ときどき眼の加減か、ちらちら紫いろのこまかな波をたてたり、虹のようにぎらっと光ったりしながら、声もなくどんどん流れて行き、野原にはあっちにもこっちにも、燐光の三角標が、うつくしく立っていたのです。


もう次から次から、たくさんのきいろな底をもったりんどうの花のコップが、湧くように、雨のように、眼の前を通り、三角標の列は、けむるように燃えるように、いよいよ光って立ったのです。


その島の平らないただきに、立派な眼もさめるような、白い十字架がたって、それは凍った北極の雲で鋳たといったらいいか、すきっとした金いろの円光をいただいて、しずかに永久に立っているのでした。

[新潮文庫『新編 銀河鉄道の夜』より]





まだまだ引用したい文はいっぱいあるのですが、きりが無いので。
宮沢賢治が使う、ひらがなと漢字のバランスも好きです。
カタカナ英語の表記の仕方も独特の雰囲気があって好き。
目の前にほんとうに美しい世界を描き出してくれます。


この世界観と『Takk...』がそれはそれはよく合うのです。
勿論、アイスランドの伝説や民話には勝らないと思うのですが。

前の記事にも書きましたが、『Glósóli』のPVもすごく素敵です。
子どもたちしか出てこない、童話のようなPV。
最後はちょっと切なくなってしまいます。




>> 全曲視聴、またPV試聴はこちらで。

>> OFFICIAL SITE



スポンサーサイト
01:22 Music | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
<<チョコ工場レビュー 中編! | HOME | まとめてCDレビュー>>
COMMENT
こんにちはー。
りくさんが宮沢賢治をお好きとは。
まだならばぜひ一度、宮沢賢治記念館を訪れてみて頂きたいです。地元愛。

何がびっくりって……賢治の字の汚さ(爆!)
生原稿が展示してあるのですが、①黒ペンで下書き ②赤ペンで添削 ③鉛筆で添削 ④またしても黒ペンで添削  …ってな具合で、そりゃどれが本当なのか皆目検討もつきません。そこがワタクシ的にかなりウケました。
本展示もなかなか素敵ですよ、雰囲気が。こじんまり、ですが。

そして、AQUALUNG『STILL LIFE』購入しましたので報告!です。少なからず、りくさんの影響もありますので。これからの季節に聴いて ほんわり したいと思います。
それにしてもSigur Rósに嵌っているのですね、ちょっと気になってきました。
2005.09.28 18:45 | URL | kontiti #-[ Edit] | Top
宮沢賢治好きですねえ。
小学校のときに「雨ニモ負ケズ」を無理やり暗唱させられたときは何がいいんだろう・・・とひたすら苦痛でしたけど(苦いっ!
やっぱ本は年齢を教えてくれますわ。
宮沢賢治記念館が地元・・・と、いうことは、kontitiさんのご出身は北のあの地ですね!
いいなあ・・・!もう北の地に憧れて止みません。大好き!

賢治の原稿ってすごいんですね!見てみたいです。
黒ペンと鉛筆を逆にしたほうがよいと思うのは私だけでしょうか・・・
こじんまりとした記念館とか大好きですよー。行きたい!

そして『Still Life』をご購入されたようで!おめでとうございます(謎
これからの季節にほんとうにぴったりきますよ!保証します。
“Easier To Lie”はじめ、静かで繊細で、癒される曲が目白押し。
シガー・ロスもこれまたいいんですよね!
究極の癒しだと思います。日常の喧騒や疲れが一気に浄化されます。オーロラが見えてきます。
まずは試し聴き、ということで、今月発売されているrockin' onをご覧になってみては??
確か600円くらいの雑誌なのですが、シガー・ロスはじめ魅力的なアーティストの曲が入ったCDが付録ですので・・・
2005.09.28 21:59 | URL | りく #-[ Edit] | Top
コメントの投稿





 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
Trackback URL
http://clocks.blog7.fc2.com/tb.php/175-a9a86d01
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。