2017.06 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.11.12 Coldplay: A Rush of Blood to the Head
な~にをいまさらっ!

………と言われてしまいそうですが、Coldplayの2ndアルバム、『A Rush of the Blood to the Head』のご紹介です。
前作『Parachutes』に続く2nd。管理人がUK叙情系にスラッシュ水素エンジン搭載で走るきっかけとなったアルバムです。


A Rush of Blood to the Head



そういえばレビューしてなかったな、よし、200記事目記念にレビューしよう!と息巻いていたらですね、

見事フェアゲッセン!(=forget)

気付かないうちに200記事目になってました。あーあ。

気をとりなおしまして、早速レビュウしましょ!



01:Politik

実を言うとイントロからの強烈なリフが苦手で、買った当初はあんまり聴いてなかったんです。
ちゃんと聴いてみたら中盤に「劇的」としか言いようが無い展開が待ち受けていて、しばし後悔。
激しさの中に繊細さが垣間見える一曲です。

しかもライヴ盤とか聴いてから分かったんですけど、‘Politik’はライヴ映えするんですよね。
今では大好きです。


02:In My Place

やっぱり最初に聴いた曲だけに、思い入れが深いです。
自分のなかでは「スタンダード」とか、「基盤」っていう言葉にかなり近い一曲です。

曲の構成から、クリスの声から、ストリングスから、大好きなんですけど、
ドラムが入って、あの美しいギターの音色が響くイントロは圧巻。
聴くだけでちょっと嬉しくなって、前向きになれます。


03:God Put a Smile upon Your Face

特徴的なベースラインとギターの絡みが印象的な曲。
PVがやたらと記憶に残るんです。

PVはストーリー仕立て。
スーツ姿の男の人が道を歩いているんですが、突然手からキャリーケースが抜け落ちます。
そのときに彼はある異変に気付きます。
周りの人に気付かれないように慌てて隠しますが、動揺は隠せません。
焦る彼に次々襲ってくる「異変」。
彼は一体どうなってしまうのか!
……という。

>> ‘God Put a Smile upon Your Face’VIDEO
動揺っぷりがものすごくリアルで怖いです。


04:The Scientist

どうしようもなく静謐で綺麗な、切ない曲です。
穏やかな演奏と、語りかけるようなクリスの声が最高。
失ったものを歌う詞もいいですね。

でもPVはこれまた巧く出来ていて、ついつい見入っちゃいます。
路上のマットレスで寝転んでいるクリスのアップから映像は始まるんですが、全編逆回転!
なのにクリスの口は普通ですよね。

………これ、がんばって逆に歌ったらしいです。

お、おつかれさまです。

>> ‘The Scientist’VIDEO.......MTV.com / Coldplay Japan Official / RollingStone.com


05:Clocks

みなさんもうお分かりかと思いますが、このブログの名前はこの曲が由来です。
シャープに、そして透き通るように響くイントロがかなり印象に残ります。好き!
そういえば実写版『ピーター・パン』の予告編で使われてました。

今年のフジロックをW○W○W(隠しきれてない!)で見たんですけど、この曲はやたら目立ってましたね。
曲の終盤でどんどんリズムが速くなって…ね!あれですよ。
そりゃ盛り上がりますってんだ。


08:Warning Sign

ちょっと飛びまして8曲目です。
優しくて温かくて切ないメロディーが沁みます…
リラックスしたいときによく聴きます。

映画『CODE 46』のいちばん最後に使われてました。
日本版予告編はこれでもか!ってくらいColdplay仕様です。

CODE46 スペシャル・エディション
ティム・ロビンスとサマンサ・モートン、すごい身長差。


11:Amsterdam

またちょっと飛びまして、最後の曲‘Amsterdam’です。
ピアノのイントロに入るまでに10秒くらい間があるんですけど、
そこでかすかに聴こえている音が、冷たい、北欧の空気を運んでくれるような透明な音で、何とも言えず好きです。

ピアノとボーカル、そしてコーラスだけのシンプルな序盤から、だんだんとベース、オルガンが加わって最後に盛り上がる、という曲の展開が劇的。
景色で言うと雪原の夜明けのような、そういう張り詰めた美しさがあります。
聴いた後もしばらく静かな余韻が残るような曲。




特に好きな曲を取り上げてのレビューでした。
Oasisのノエル兄ちゃんは「Coldplayの傑作は『Parachutes』だ!」と言っておられましたが、
私は2ndが好きですね。ごめんよっ!
いちばん最初に聴いたアルバムだからかもしれませんね。




□"A Rush of Blood to the Head”試聴

>> Coldplay Japan Official Site
>> Amazon.com
>> Listen Japan


□関連記事

>> 『Coldplay LIVE 2003』レビュー
>> 『X&Y』レビュー
スポンサーサイト
23:25 Music | TRACKBACK(1) | COMMENT(6) |
<<あなたの琴線に触れた、「暖かくて泣ける曲」バトン | HOME | 懐かしのThe Carpenters>>
COMMENT
私はColdpay,3rdから好きになったので、改めて旧譜のレビューというのはありがたいです。参考になります。読みながら聴いてみたいと思います!よろしければいずれ「パラシュート」も(笑)。
2005.11.13 10:40 | URL | zuma #-[ Edit] | Top
zumaさんは3rdからでしたか!
私は2nd→1st→3rd→日本版ミニアルバム→ライブ盤の順でした。
でもって今原点回帰してるというわけです。
そうですね、"Parachutes"もいずれレビューしたいと思います!
2005.11.13 19:16 | URL | りく #-[ Edit] | Top
こんにちは。私は3rd→2nd→1st→…すいません、であります。
結局なんのかんのと言いながらライブ盤未聴。

りくさんのレヴュー見てたら2nd聴きたくなって引っ張り出してきました。
歌詞とか殆どうろ覚えなのに 8.Warning Sign の途中でいつも
I miss you の箇所だけクリスと共に(笑)歌ってしまいます、
それだけ印象的なんでしょうね。
選びがたいケド個人的に「Speed of sound」に魅せられたのが
きっかけなので、私は3rdを押します!
2005.11.13 23:08 | URL | kontiti #-[ Edit] | Top
kontitiさんこんばんは!
ライヴ盤はColdplayの演奏のクオリティの高さが伺えるんで、おすすめですよ♪
しかも名曲ぞろいのセットリストです。

私もkontitiさんのコメントを見て聴きたくなり、今‘Warning Sign’聴いてるところであります。
うんうん、確かに“the truth is... I miss you”のところは歌いたくなりますよね!わかるうー(@´v`)
ここがちょうど『CODE46』で使われてました。でも訳が女言葉・・・・・orz
1stも2ndも3rdも、違う色があってどれもいいですよね!
これからも期待であります。
yes I crawl back into your open arms♪

2005.11.13 23:43 | URL | りく #-[ Edit] | Top
りくさん、たびたび訪問すみません。じつは「音楽・温水(ヌクミズ)バトン」なるものが回ってきまして記事書きました。記事をTBさせていただきますので、もし良かったら受けとっていただけないでしょうか?よろしくおねがいします!もちろん、スルーでも良いですよ!
2005.11.14 06:45 | URL | zuma #-[ Edit] | Top
zumaさんこんばんわ!
「音楽・温水バトン」拝見しました。‘Soul Meets Body’には納得です!
いやあ、泣ける曲大好きなもので、嬉しいです!
喜んで受け取らせていただきまっす*´∀`*
2005.11.14 19:16 | URL | りく #-[ Edit] | Top
コメントの投稿





 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
Trackback URL
http://clocks.blog7.fc2.com/tb.php/201-130cbd41
バトン: あなたの琴線に触れた、「暖かくて泣ける曲」を3つ
と言うバトンが、いつもお世話になっているえいよーさん とbloomさん から回ってきました!ちょっと先送りで、記事を書く予定でしたけど、調子が乗ったので、今日やっちゃいます!! 「音楽・温水(ヌクミズ)バトン」と言う名前らしいです(笑)。私は意外と冷徹 あれこれ何とか好奇心2005.11.14 06:51
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。