2017.08 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.05.08 『オーシャン・オブ・ファイヤー』
B0002EGOEUオーシャン・オブ・ファイヤー
ヴィゴ・モーテンセン/ジョー・ジョンストン/オマー・シャリフ/ズレイカ・ロビンソン
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2004-08-18

by G-Tools


□STORY
年に一回、アラビア半島で開催されるホースレース。
アラビア馬ばかりが出場するそのレースに、一人のアメリカ人、フランク・ホプキンスが彼の愛馬ヒダルゴと共に挑む。
人ばかりでなく馬さえ飲み込んでしまうような流砂、迫る砂嵐。そして灼熱の太陽。
騎手たちは一人、また一人と砂漠の餌食となってゆく。
生と死の境があいまいになるこのレースを、フランクは乗り切れるか。


あーあ…
今日こそ絶対借りないぞと思ったのに。
借りちゃいました。
どうやら私は少しでも暇があると趣味に走るタイプの人間のようです。
Forgive me..._| ̄|○

ま!借りちゃったもんはしょうがないしね!
立ち直りはのび太なみ。


これは実際の人物を元にした映画なので、話自体がリアルに感じられましたね。
時代設定も、主人公が抱える心の傷も、史実に忠実な感じがしました。
今までアラブ圏の文化を反映した映画とかって見たことが無かったので、宗教や慣習の違いとかが新鮮でした。
(でもヴィゴ以外の騎手がみんな同じにみえてしまった…黒ヒゲ黒眉で。)

あとはやっぱりカウボーイとなると先住民の問題が出てくる。
去年、ネイティヴ・アメリカンについてを扱った授業を取ってたんで、この問題には敏感に反応してしまいました。
90年代から、本格的に先住民とフロンティア開拓について映画の描かれ方が変わり始め、先住民の側から見た映画が多くなった、と習いましたが、この映画はやはり先住民側で描かれていました。
確かラスト・サムライもそうだった。
またしてもジェネラル・カスターが登場してきたのにはびっくり。
トムさん演じる何とかオールグレンが毛嫌いしている彼ね。
ケン・ワタナベの台詞を思いだしちゃった!
("I like General Custer."きゃー渋い!かんヴァセイしょん!)
アメリカにとってはそれだけ深い問題なんですね。

ヴィゴが演じる孤高のカウボーイも魅力的でした。
女性に対して紳士な振る舞いで、寛大で、強くて、クール。
たまに叫ぶし酒に呑まれる(笑)
飛脚にもなるよ!


でも愛馬のこととなると容赦ない。
さ~すが馬と親睦を深めるために添い寝をしたヴィゴ!(あくまで噂です。どっかの誰かさんが流した)
愛馬ヒダルゴをいじめた奴は片っ端からコテンパンにのされてしまう!
ので、街でぶちの珍しい馬を見つけても、触れないようにしましょうね!
命が惜しければ。
触らぬ神にたたりなし!
とにかく強い絆でむすばれたヴィゴ…もといフランクとヒダルゴです。

このヒダルゴ役のお馬さんも演技がお上手。
かわいい表情に癒されます。

…でも彼の名前である"ヒダルゴ"ってまさかメキシコの独立に貢献したイダルゴからきてるのかしら。
あのホーンテッド神父の…
(新詳世界史図説 p150参照よ、けいさん!)

壮大なサウンドトラックも良かった。
アラブっぽい雰囲気の曲が場を飾っていたし、
馬が疾走するシーンではこれでもか!ってくらい盛り上げてた。

この作品はずっと前から借りるか借りまいかってじりじり悩んでたんですよ。
なんでかって私、暑いとこ嫌いなんです!
しかも砂漠でしょ?こりゃたまらんばい!
と思って。

でも実際見てみたら、暑くてみてらんない!ってほどではなかった。
確かに作品全体の雰囲気はじりじり照りつける太陽の下の砂漠。
だけど黄昏時の砂漠とか、陽がすっかり沈んだあとの砂漠は静かで、きれいでした。

あとはやっぱりヴィゴの瞳かな。
例え灼熱地獄の中だろうと、ヴィゴの瞳は涼しくて穏やかなんです!
だから砂漠の熱が和らいで、映画の余韻もそれほど暑苦しくない。
これがコ○ン・ファ○ルとかだったらもう始まって30秒でポカリスエットと若武者が欲しくなっちゃいますって!
こりん星にお帰り願いたい。

ヴィゴが好きって人はもちろんのこと、カウボーイものや乗馬好き(?)の人におすすめです。
けっこう家族で楽しめる映画じゃないかな。



スポンサーサイト
02:47 Movies | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』 | HOME | He'll be back!! (ダダンダンダダン♪)>>
COMMENT
コメントの投稿





 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
Trackback URL
http://clocks.blog7.fc2.com/tb.php/38-b074845a
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。