2017.04 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.05.18 『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』 前編
B000069L4Kthe Lord of the Rings― Special Extended Edition
イライジャ・ウッド/イアン・マッケラン/ リヴ・タイラー /ケイト・ブランシェット
ポニーキャニオン 2002-12-04

by G-Tools


私が映画に興味を持つようになったのは、この作品がきっかけでした。
でもそんときはもう王様帰ってきちゃったあとだったんだけどねー!タハー!( ノ ∀ `* )
つまりDVDから入ったわけです。
だから原作から入ったわけでもないし、未だに原作を読んでない邪道野郎です。
Forgive me..._| ̄|○

でも好きなもんは好きなんです。
と!いうわけで、レビューしていこかなと。
ちょおっと長くなるかも知れませんが。
今回は『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』(前編)!←ちょっとどころじゃないにほひ

ストーリーについては、大まかに言うと、冥王サウロンの作り出した強大な力を持つ指輪を、ホビットのフロドが“滅びの山”へ葬りに行くというものです。
(もう細かいこといいだすとイシルディアだのエレンディルだのスメアゴルだのややこしいのでここは男らしく省略!)
フロドと共に指輪を葬る旅の仲間が集まり、長い旅が始まるのを描いているのが、3部作の1作目です。

(ここから下はネタバレしてます!)






□プロローグ

映画は漆黒の画面から始まります。
エルフの女王、ガラドリエル(ケイト・ブランシェット)が、なぜ指輪が生み出され、それが人間の手に渡ったのかを語ります。
ケイト・ブランシェットの声にはすごく威厳があり、如何にも“多くの時代を見てきた”って感じです。

□ホビット庄

めぐりめぐって現在の指輪の持ち主はビルボ・バギンズ(イアン・ホルム)。
明日は彼の111歳の誕生日(おめでたう!)。
緑豊かなホビット庄でのんびりと暮らすホビットたちは、彼の誕生パーティーの準備をしています。
そこへやってきたのがビルボの親友、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン
あやしげな鼻歌を歌いながら、馬車に乗ってごきげんにやってきます。
すると横から誰かが飛び出して来ました。
うさぎじゃありませんぞ!
フロド・バギンズ(イライジャ・ウッド)。
ビルボの息子さん(養子)であります。

3部作を全て見終えた後、第1部をもういちど見ると、フロドの変化にびっくりします。
王の帰還の頃なんてあちこちの内臓をやられてそうな痛々しい姿ですが、
1部の始まりはお肌つるつる、頬はばら色、髪の毛くるくる(笑)
何より驚くのが彼の目。
でっっっっっっっかい!!!
“目の色はコンタクトで、大きさはデジタル補正をしてるのでは”という噂がまことしやかにささやかれたほど。
(イライジャは確かにコンタクトをしているが、透明のやつ。目が悪いらしい。)
この大きな目が繊細な感情表現を可能にしているんですな。

さてさて、111歳を迎えるビルボ・バギンズですが、どうやらこのホビット庄を旅立とうとしているようです。
お屋敷と財産をフロドに残して。
彼は親戚のホビットさんたちを驚かせて、しかもかっこよく去るために、パーティーの場で例の“力の指輪”をはめて姿を消します。
びっくらこいたのがガンダルフ。
すぐさまビルボの元へ行って、指輪をフロドに置いていくように言いました。
ビルボは誘惑されながらも、ついに指輪をフロドに託して旅立ちました。
ここからフロドの長い旅は始まったんです。いわば。

その後ガンダルフが急いであの怪しい指輪の正体を調べたところ、なんとそれはサウロンの力の指輪だったじゃありませんか。
しかも指輪がホビット庄にあることがもう敵にバレているっ!
やばい!フロド、酒盛りしてる場合じゃないよ!
ガンダルフはフロドにすぐ旅立つよう促します。
とりあえずブリー村の“躍る子馬亭”で会おうと約束していたそのとき、外で怪しげな音がっ。
なんだなんだナズグルか?
ナズグルが盗み聞きなんてそんなみみっちいことするはずがありません。
いたのはさっき千鳥足で帰っていったはずのサム(ショーン・アスティン)。
何ゆえこんなところにいたのでしょう。
酩酊説が有力です(笑)
ほら、よくいるでしょ、酔っ払って電柱に話しかけてるおっさん。
サムの場合フロドん家のお花に話しかけちゃったってわけ!
したらおっそろしい話を聞いてしまったと。
「家政婦は見た」ならぬ「庭師は見た!」(笑)

とにかく、ガンダルフはサムにフロドの御付きとして旅に出ることをいいつけます。
こうして2人はホビット庄を発ったのでした。

□ブリー村まで

心細いホビットさんたち2名の旅は始まります。
でもハムを焼いて食べたり木に登ってパイプ草を吸ったり結構楽しげです。
さすがにホビット庄と人間の村の境界線を越えるときは不安になってしまったようですが(サムだけか)そんなの一気に吹っ飛ぶ事件が起こりました。
人間のマゴット爺さんの畑を歩いていたとき、2人の回りでガサガサッ!と妙な音がしたかと思うと、何かがぶつかってきました。
なんだなんだイノシシか?いいえ違います。
爺さんの畑から野菜泥棒を働いていたピピン(ビリー・ボイド)とメリー(ドミニク・モナハン)でやんした。
親戚との再会を喜んでいる暇はありません。
マゴット爺さんがでっかい鎌を振り上げて追っかけてくるからです。(ホラー映画並みだコノヤロー)
4人は逃げますが、その先が崖になっていることに気付かずにゴロンゴロンとお約束の大落下
新撰組も真っ青です。御用改めである!
この落下によってニンジンが負傷しました(笑)

しかし崖を転がり落ちた先に待ち受けていたのは指輪の幽鬼、ナズグル。
サウロン様から指輪取り戻して来いといわれた、まあいわばパシリです。
真っ黒な馬に乗り真っ黒なマントで全身を覆っている見るもロックなその姿。
もちろん怖いのでホビットさんたち4人は必死に逃げまくり、いかだで川に出て何とか奴をまきました。
(ナズグルはカナヅチらしい。ププ。)

ここで旅するホビットさんたちは4人になります。
この4人を演じる役者さんたちは相当仲が良いようで、空き時間にもしょっちゅうゲームをしていたとか。
面白かったのが“ティグ”でっすよ!

ビリーとドミニクがなんとなくお互いを「ティグ」といいながらつつきあったのが始まりで、そこにショーン・Aも加わり、3人でつつき合ってたらそこに何にも知らないイライジャがっ!!
瞬間的に3人は密約を交わし、イライジャに“ティグ”は実在のゲームだと信じ込ませようとルールをあれこれ説明。
(ビリーに触るときは象のマネをしなきゃだめ! ダブル・ティグは反則だからな!)
それをすっかり信じてしまったイライジャは「ルール本ないの?」と言い出す始末。
なんとイノセントな少年……(つ д`)
彼がティグの真実を知ったのはそれから1年も後だそうな。

でもその後うちでは“ティグ”が流行語になりました(笑)

□ブリー村、躍る子馬亭

で、ティグしつつナズグルと追いかけっこして(笑)なんとかブリー村に着いたわけです。
しかしそこで待っているはずのガンダルフがいないっ!
来ないのも当然。彼はサルマン(クリストファー・リー)に監禁されているんです。アイゼンガルドの塔の上に。
助けを請いに行ったらサルマンはあっち側の人間だったってわけですね。

あーあ。これじゃあれじゃん!じじい版ラプンツェルじゃん!
ヒゲで三つ編みでもして暇つぶししててください。
そんなことしたらしまいにゃR&B歌手みたいになっちゃうか。

しかしガンダルフの代わり(?)に心強い味方、ストライダーことアラゴルン(ヴィゴ・モーテンセン)がここで仲間になります。
どうやら彼はちょっとした魔法を使えるようです>>こちらを御覧下され!
どう考えても中つ国ではありえない方法で火をつけておられます。
こんなこともできるとは……仲間になってくれてよかったですね。

アラゴルンの登場シーンは、オーランド・ブルームも「これ程かっこいい登場シーンはないよ」と絶賛したほど。
フードを目深に被り、パイプを燻らす様が非常にかっこいい!ほとんど反則です。
ゆるやかな弧を描いた眉と、高い頬骨。
彫りの深い北欧系の顔立ちは指輪物語が持つ神話性によく馴染んでいます。


そして彼の機転で、ナズグルから身を隠ることが出来たのです。

しかしここでナズグルの犠牲になった人を忘れちゃいけません。

1.村の門番A。(扉の下でぺっちゃんこにされる。一瞬にして画面から消えてしまった。)
2.躍る子馬亭の主人。(ナズグル襲来に本気でビビる。しかしその表情はナズグルというより借金取りが押しかけてきた時のリアクションである。よく見たらジャムおじさんにそっくりだった。)
3.ベッド。(ナズグルにメッタ刺しにされ見るも無残な結果に。修理代をサウロンに請求すべきである。)
4.カメオ出演のPJ監督。(多分生きてると思うが、ニンジンを生で食ってたからお腹こわしただろう。)

ご愁傷さまでした……

□アイゼンガルド

凶悪で強大な力を持つサウロンへの恐れから、黒の勢力についてしまったサルマン。
彼はアイゼンガルドの森林を破壊し、思うが侭に地形を変えてゆきます。
この光景には胸を痛めずにはいられません。
森林破壊とその結果として起こる砂漠化についての問題提起。
それがこのシーンで訴えられています。
そんなことしたら木が怒るよ!!サルマン!
……ってのちにほんとに怒っちゃうんですけどねっ。

□風見が丘

小高い丘の上でホビットたちと謎のストライダーはしばし休息。
しかしアラゴルンが辺りを見回りに出掛けているあいだに、ホビットたち(フロド以外)が火を焚いてしまい、ナズグルをおびき寄せる結果に。
追い詰められたフロドがナズグルの一人に刺されてしまい、絶体絶命!

窮地に陥ったホビットたちを救ったのはアラゴルン
右手に剣を、左手にたいまつを持ちバッサバッサとナズグルを倒していく!
ラストサムライの如し!ぱーふぇくと…!

実は、この撮影はヴィゴがNZに到着して直ぐに行われたらしい。
しっかし見事です。到着して直ぐにこんな立ち回りを演じるなんて。

で、とにかく負傷したフロドを助けるためにエルフの裂け谷へ向かいます。
その途中で白馬に乗ったエルフのアルウェン(リヴ・タイラー)と出会い、アラゴルンは彼女にフロドを託します。
(二人の関係はまだ謎だが、どう見たって夫婦にしか見えない…)

□裂け谷

アルウェンはナズグルの追跡をどうにか振り切り、フロドを裂け谷へと送り届けます。
すっかり回復したフロドの目の前には塔からワシで脱出したガンダルフ。
再会できてよかったよかった。

しかーし!!喜ぶ二人の後ろに不穏な人影がっ!
ウェルカムミスターアンダーソンで有名なヒューゴさんが演じる、エルロンド様!
明らかにツッコミ待ちのようなキャラが出てまいりました(笑)
さっそくつっこませてもらいますと、まずその生え際がちょっと後退し(自主規制)
……えー、もう彼もお年寄りですので(推定6~7千歳くらい)ちょっと労わってあげようと思います。
とにかく、エージェント・スミスエルロンド様はフロドを歓迎したのでありましたとさ。(表面上では)

□アラゴルンとアルウェン

やっぱりこの2人、美男美女のカップルでありました。
エルロンドお義父さまの監視が厳しいため、あんまり目立たないところでこっそり会っちゃったりなんかしてます。
ランデヴーだ!ランデヴー!
(だぶん筒抜けだろうが)
しかしアラゴルンは限りある命、アルウェンは永遠の命。
どうしたって2人には死の別れが訪れます。
このシーンでアルウェンはアラゴルンの為に限りある命を選ぶことを告げます。
とてもきれいなシーン。
アルウェンのフェミニンさ、アラゴルンの男らしさ3割増し!
あま~い。

□エルロンド議長の指輪会議。

さて、本心ではエルロンドお義父さまはとっとと指輪を捨てちゃいたいと思っているらしく、誰が捨てに行くか会議を開催。
この会議にはエルフのレゴラス(オーランド・ブルーム)、ドワーフのギムリ(ジョン・リス=デイヴィス)、ゴンドールの執政の息子ボロミア(ショーン・ビーン)も出席。

力の指輪を初めて目にした各種族の代表は興味津々。
とくにボロミアは国のためになんとかこの指輪を手にしたい思いが強く、指輪に触れようとさえします。
これにはガンダルフ、黙ってません。
杖をおもむろに振り上げ、@?§&%∝∑〒…ぐるりんっっっぱっっ!!!!
と非常に魔法使いらしい呪文を唱えてボロミアを諌めます。

一度は引き下がったかに見えたボロミア。
しかし今度は指輪を使うべきだ、と参加者に力説。
選挙カーの上に立っているかの如くに演説を続けるボロミアをなんとか止めようと、アラゴルンは「指輪はサウロン以外の主人を持たない」と説明しますが、ボロミアに「ストライダーの身分で偉そうな口を」とバッサリ斬られてしまいます。

そこで今度黙ってないのがレゴラス!
美しい髪をなびかせて颯爽と立ち上がり(LUXスー○ーリッチ)、
「この方を誰と心得る!アラソルンの息子、アラゴルンだぞ!」と水戸黄門口調でボロミアを諌めます。
(♪BGM:LOOKIN’ FOR LOVE IN YOU)

明らかに目に殺気が迸っています。
ほとばしる熱いヴァイオレンスで、エルフよ神話になって下さい(笑)

これによって指輪は葬ることに決定。
問題は誰が捨てに行くかです。
するとまたしてもボロミア、滅びの山があるモルドールがどんなに危険な場所かを語りだします。
(ショーン・ビーン大変だっただろうな……ご苦労さまです。)

とうとう先ほどから燻っていた殺気に一気に火がついたのか、レゴラスがブチ切れました。
「エルロンド様の話聞いてなかったのか!? 指輪は葬るべきなんだ!」
するとドワーフのギムリが「あんたが捨てにいきゃあいいだろうに!」と横槍を入れます。
それをきっかけに会議は大混乱。
エルフもドワーフも人間も立ち上がって大喧嘩。
(沈着冷静に座っていたのは約4名のみ)

そんな中で肩身の狭いホビットのフロドがとうとう心を決めました。
「自分が指輪を捨てに行く」と。
そして指輪を葬る旅の仲間がここで結成されます。
メンバーは次の通り。
(一部役者さん自身のプロフィール有。)

・フロド・バギンズ(白肌青瞳、天然パーマ。特技は目を開けたまま寝ること。Ring Bearer。)

・サムワイズ・ギャムジー(バギンズ邸の庭師。天然パーマ。武器はフライパン。)

・メリアドク・ブランディバック(フロドの親戚。天然パーマ。特技は野菜泥棒と大型花火。)

・ペリグリン・トゥック(フロドの親戚。やっぱり天然パーマ。特技は上に同じ。おっちょこちょいちょいちょい。)

・アラゴルン(ゴンドールの王位継承者。たまに釣りに興じる。休日のタトゥー屋に現れたりする。)

・レゴラス・グリーンリーフ(エルフ選抜。五感と容貌と髪のツヤが恐ろしく良い。バンジージャンプがお好き。)

・ギムリ(ドワーフ。お酒は好きだが呑まれるタイプ。レゴラスと何かにつけて競っている。乗馬は苦手。)

・ボロミア(ゴンドールの執政の息子。指輪を狙っている。アラゴルンとよく飲みに行くらしい。)

・ガンダルフ(魔法使い。でもあんまり魔法を使わない。杖が充電式だと推測される。)

以上9名です!
フロドと愉快な仲間たちです。
さてさて、彼らの旅はどうなるのか……(もうご存知ですね)

>>NEXT(中編♪)

しっかし長いなあ…ごめんなさい_| ̄|○

*ちなみにジャンルは“The Rings”であります!
スポンサーサイト
02:53 The Rings | TRACKBACK(0) | COMMENT(8) |
<<『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』 中編 | HOME | 3分ドッキリクッキング>>
COMMENT
力はいってますね~、りくちゃん☆
今レポート書いてる合間に見てます(笑)
ぐるりんっっっぱっっ!!!! に激しくウケた(^O^)
もうちょっとコメント書きたいけどレポート疲れでもう書けねぇ!!
また遊びにきま~す。

追伸でござる。
ショコラのジャケット素敵~!!(*^_^*)
妹の恋人とともに並べて飾って、ニヤついてます(^^♪
その隣にはツタヤで借りたヴァネのCD(笑)
ああ、映画観たい…。
2005.05.18 01:17 | URL | K子 #-[ Edit] | Top
コメントありがとうございます~
このLOTRの記事めちゃくちゃウケました。こんな風に面白く書けたらいいなーって気持ちですよ。
特に色変えてあるとこがツボです・・・(笑)
エルロンドのツッコミ所とか、俳優のプロフィールも・・・
またオジャマさせて下さいね~
2005.05.18 01:32 | URL | hikari #-[ Edit] | Top
K子ちゃん>

これけっこう書き溜めてUPするかしないか迷ってたの!
だって長いでしょ?疲れちゃうと思ってね。
コメントはいつでもOK♪大歓迎。
ショコラショコラヴァネッサ……´∀`*
めくるめくデップワールドね。
2005.05.18 02:21 | URL | りく #-[ Edit] | Top
hikariさん>

いらっしゃいませ!!( *´∀`)ノ
こちらこそコメントありがとうございます♪
しかし疲れました…すごい長いんですもの。
これだけやってもまだ第1部の半分。
これからどんどんUPしていく予定ですので、いつでもいらしてくださいね!
私もお邪魔させていただきますので。
では、まってま~す!
2005.05.18 02:27 | URL | りく #-[ Edit] | Top
A:この長さはダブルティグだと思います。
※ダブルティグ≒アウト 微妙な違いに注意。
(ダブルティグ用例文)
みなさん日常会話でレッツダブルティグ☆

まあダブルティグ講座(なんか駄目な講座みたいだ)はこれくらいにしとくとしてやらないのかなやらないのかなと思ってたらつひにやりやがったなはははは!!
じゃあその記念に思い出したことを一つ言ってやろう。
YOUは(上田)これを見たときしきりに「こんのくそピピン!(怒)」って言ってたぞ。
そしてさらに例の2の「遅かったな。」のシーンで
「・・・・あれレゴラスがあげたの?」とエオウィンとアルウェンにダブルチョークスリーパーくらいそうなことを俺が答えるまで延々言い続けてたぞ。
そしてしきりに「まゆげ黒いのがサルマンまゆげ黒いのがサルマンまゆげ黒いのがサルマンまゆ(以下省略)」と呪を唱えてたぞ!
あれは何のデーモンを召還する儀式だったんだ?レッサーデーモンか?ブラスデーモンか?

まあ要するに俺は踊る子馬亭のおやじに主演男優賞をあげるべきだと思うな!
(どこを要してもそうはならない)
まあ要するに俺はドミニクが好きだな!
(別に聞いてない)
近いうちにSEEを手に入れます。できれば2のSEE。駄目ならせめてCEを。
2005.05.18 22:34 | URL | みか #-[ Edit] | Top
こここここら!!!!!
そういう過去の恥ずかしいはなしを持ち出してくるんでない!
本気でガンダルフとサルマンはまるっきりわかんなかったんだよ。
だってTTTから見たんだもん。
どっちも白いジジイじゃん。
あの呪文は デ ー モ ン 閣 下 を召還する呪文でしたヒャヒャヒャ!
お前を蝋人形にしてやろうかぁ!!?
2005.05.19 00:12 | URL | りく #-[ Edit] | Top
こんにちは。
TBありがとうございました^^♪

じじい版ラプンツェル、めちゃウケですわ~~~~(笑)

これからもよろしくお願いします^^
2005.05.29 11:14 | URL | 六花 #t3CHmqPE[ Edit] | Top
六花さん、いらっしゃいませ!!( *´∀`)ノ
こんなに長いのに、読んでくださって嬉しいです♪
じじい版ラプンツェルガンダルフ、ヒゲで三つ編みでもして助けを呼んだらいいですよね。

こちらこそ、よろしくお願いいたしまっす!
2005.05.29 13:22 | URL | りく #-[ Edit] | Top
コメントの投稿





 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
Trackback URL
http://clocks.blog7.fc2.com/tb.php/51-4a7a9799
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。