2017.08 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.06.05 『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』 中編(1)
B0000A02EPthe Lord of the Rings the Two Towers
Special Extended Edition.

イライジャ・ウッド/ヴィゴ・モーテンセン/イアン・マッケラン/ リヴ・タイラー
ポニーキャニオン 2003-12-03

by G-Tools


<<LOTR“旅の仲間”レビューを読む

<<LOTR“二つの塔”前編を読む

LOTR“二つの塔”レビュー中編へようこそ!
例によって、全編ネタバレ+スーパー長編のレビューであります。

そろそろ「ええ加減にせんかい!」とお叱りの声が聞こえてきそうな頃ですが、
中途半端では終われないのでどうかお許しを。

きゃ~どうしましょう、遅刻しちゃう☆お兄ちゃんまって~!
なんつって口にトーストつっこんでる少女漫画的状況にいる方、
若しくは
「さっき食べたカキが原因か!?腹に差込が…!!」
と脂汗ダラダラの方にはちょっと厳しい長さです。ご了承ください。





黒門前

スメアゴル(ゴラム)に導かれて死者の沼地を抜けたフロドとサム。
2人はとうとう黒門前にご到着です。
岩陰からこっそり伺ってみると、そこにはサウロンが呼びつけたらしき軍勢がぞろしゃら歩いてるではありませんか。
でもモルドールに行くにはこの門を通るしかないのです。

サムが何とか下に下りる道を見つけようと、岩場から身を乗り出していたそのとき!
岩が崩れ、サムは岩もろとも急斜面を真っ逆さま!

こりゃ大変だ、と助けにいったフロドが見たものとは!

地面から生えたサム。

…さすが庭師。自然と一体化するのはお手の物です。
しかし植物は自分では歩けません。
フロドに引っこ抜いてもらわなきゃ。

そうこうしてるうちにサルマンの軍勢の一人が砂煙に気付き、こちらへ向かってきました。
フロドが幾らひっぱってもサムは抜けそうにありません。
サムワイズ・ザ・プラント、絶体絶命!

窮地に追い込まれたフロドは、エルフのマントを自分とサムにかぶせ、身を隠します。
そんな…ハットリくんじゃないんだからマント被っただけじゃ…って敵気付かへんがな!!
どうやらこのマント、窮地の時には擬態できるようになっているようです。ニンニン!
敵はマヌケにも去っていきました。

やっと引っこ抜けたサムと共に、軍勢の後を追ってこっそり忍び込もうとするフロド。ニンニン!
タイミングを逃したらトロルの下敷きかオークの鍋敷きにされてしまいます。
機をうかがう2人。

ON YOUR MARK ……… NOW!!

しかしこのクラウチングスタートは見事に失敗。それどころか、後ろにひっくりかえってしまいました。
なにゆえ?
ゴラムが後ろから2人をひっぱったからです。
なんてことすんの!アテネオリンピックのスカート男かおま!

でもこのスカート男もどき、別のルートを知っているようです。
ふむふむ。えんえん続く階段を登って…トンネルに入るとな。

ゴラムが何か企んでいる!と悟ったサムは、フロドに注意を促します。
どうするの?フロド!

なんとフロドが選んだのはゴラムの言う道。

心のなかでほくそ笑むゴラム。
悔しいサム。

あーあ。だんだん怪しくなってきましたね。

□エドラス・黄金館(グリマのラヴコメ続編)

戦いで致命傷を負ったローハンの世継ぎ、セオドレドは、
夜のうちにひっそりと息を引き取りました。
冷たくなったセオドレドにすがり、哀しむエオウィン。

とそこへ!“蛇の舌”グリマが白々しく登場。
そしてこれまた白々しい悔やみの言葉をかけます。
セオドレドが死んだのはお前のボス、サルマンのせいなのに!

「あなたは孤独だ」
悲しみに暮れるエオウィンの心の隙に忍び込もうとするグリマ。
「あなたは美しい…だが冷たい…」
なんですか此奴は。口説きはじめましたよ。
傷ついた乙女につけこむなんて。
純情ラヴコメの主人公としてはランクです。

エオウィンはグリマの巧みな言葉に心を許したかのように思えました。
しかしそれも一瞬のこと。
すぐに「あなたの言葉は毒です」とグリマを拒絶。

グリマの恋、花と散るらむ。

でもエオウィンが去った後も、彼女の頬に触れた手を見つめているのが健気ですね。
これに免じてランクにしてやろう。

□エドラス・黄金館(ファンタジック水○黄門編)

グリマのラヴコメの手から逃れてきたエオウィン。
彼方に目を遣っていた彼女は、都にやってくる人影を目にしました。
そう!我等が全身漂白ガンダルフご一行様です。
墓場のように重い空気が澱んでいる村に事の重大さを察した4人。

早速セオデン王に面会を、と意気込んで黄金館に向かうも、扉の前で足止め。
武器を携えての謁見は許されないそうです。勿論こんなこと命令したのはグリマなんですが。
えーと…この顔はハマだっけギャムリングだっけ…まあいいや。
とにかくローハンの兵士たちのボディー・チェックに遭い、武器を取り上げられる御一行。

よし!全部渡したぞ。
と思ったらハマ(ってことにしておく)がガンダルフの杖を見咎めました。
杖だきゃあ取り上げられちゃ困るんじゃよ。と、ガンダルフは実に上手い言い訳を言います。

「老人から杖まで奪うのか?」
雪山を先陣切って突き進み、巨神兵(もどき)との戦いに勝ち、手綱も鞍もなしに馬に乗るようなじじいが杖を必要とするのはどう考えてもおかしいですが、
ハマは承諾。(これが空港だったら即刻解雇である)
その後のガンダルフにご注目!!
アラゴルンに向かって…

ウインク☆しやがったーーーーー!!!

これは私が見た映画の中でも史上最高齢のウインクです…orz


ともあれ、黄金館の中へ歩を進めるガンダルフ、アラゴルン、レゴラス、ギムリ。
「ワシはほんとに足が弱いんじゃ」というふうに、レゴラスの腕につかまったりしてるところが演技派です。

「あなたの宮廷は礼節が薄らぎましたな!」
せっかく来てやったのに無礼な応対をされてお怒りのガンダルフが、セオデン王に声を掛けます。
しかしグリマにすっかり心を毒されてしまったセオデンキングはガンダルフの来訪を「嵐を招く」と罵るばかり。
そこへしゃりしゃり出てきた(うちの母はこう言う。正しくは“しゃしゃり出てきた”。)グリマもガンダルフに向かって無礼な口を叩きます。

「火と死を潜り抜けたのは虫ケラと話すためではない!」
と言って例の杖を取り出したガンダルフ。
「…!杖も取り上げろと言ったはずだ!」
慌てるグリマ。(よく考えればグリマの単なるうっかりミスである)
横っちょからわらわらと出てきたグリマの手下たち。
ガンダルフ以外は武器を持ってないぞ!どうする!

そんな心配はご無用!
わらわらとわいて出た手下達を次々に倒し始めるアラゴルン・レゴラス・ギムリ。
ストライダーが鳩尾に一撃浴びせれば、
エルフ・ボーイが裏拳一発!!
つよいつよい!

助さん、角さんの助けを借りながらセオデンキングの呪縛を解こうと杖をかざすガンダルフ。
そのとき、セオデンキングの口から聞き覚えのある気味悪い声が。
そう、サルマンです。
「ここではお前は力を持たぬ、灰色のガンダルフよ。フォーフォーフォー!」

偉そうな言葉にカチンときたのか、そこでいきなりガンダルフが脱皮しました。

じじいのお色直しなんか見たくn(以下略)

えへんえへん。そうです、今は“灰色”ではなく“白”のガンダルフ。サルマンとは互角です。

ここで王の姪、エオウィンが飛び出してきます。
「お待ちを」と言い、姫を止めるアラゴルン。
これがファースト・コンタクトですぞ!

ガンダルフがいっそう強力に杖を翳すと、サルマン操るセオデン王が押され始めます。
苦しそうにうなりながらも、「ローハンの主は私だ!」と足掻くサルマン。
杖を振り上げ、ダーーーーー!!!という雄たけびと共に振り下ろすガンダルフ!
(ぐるりんっっっぱっっ!の次は猪木か)

勝ったのはガンダルフでした。
敗れたサルマンは額に傷を受け、セオデン王は呪縛から解かれます。
300歳の老人のような顔から、徐々に生気のみなぎる王の顔へと戻ってゆきます。
やがて以前の面影を取り戻した王が最初に目にしたものは、駆け寄って自分をを支えてくれたエオウィン。
嬉しさの余り、エオウィンの瞳からは涙がこぼれます。
そして剣の柄を握り、ゆっくり掲げたセオデン王。
かつての力が蘇るようです。

と、横でそそくさと動く影が。
グリマです。

黄金館から強制退去となったグリマは、強制的に階段落ち第二回)。
今まで王の下に仕えてきたではありませんか、とこの期に及んで足掻くグリマ。
グリマに随分苦しめられた王は許そうとせず、殺そうと剣を振りかざしました。

しかしその手を止めたのはアラゴルン。
流血は十分です、彼に慈悲を、と。
そしてグリマに手を差し伸べます。
ところがグリマはなんとそのアラゴルンの手に唾を吐きかけました。

しんでけれ、たのむから。

呆然とする一同を後に、醜くアイゼンガルドへ去ってゆきました…


しかし、王は気付きました。

息子がどこにもいないことを。


□セオドレドの葬送

ローハンの勇敢なる騎士、セオドレドはローハンの民に見守られながら、静かに石室へと送られました。
父祖の墓にのみ咲き続ける花、“シンベルミネ”が彼を覆います。

世継ぎの息子を失ったセオデン王の悲しみは、量りきれぬもの。
「子が親に先立つとは…」
王は泣き崩れました。

ガンダルフが祈りの言葉を捧げ、その場を去ろうとしたそのとき。
彼方に一頭の馬の影が見えました。

エオサインとフレダが、ローハンの危機を知らせにエドラスまでやってきたのです。

□王の決断(と瞬間湯沸かし器)

サルマンの軍勢によって弱体化させられているローハンの実情を知ったセオデン。
ガンダルフが悪に立ち向かうように王を鼓舞しますが、王は決断を迷います。
なぜなら、戦に赴くことは、民の死を意味するから。

アラゴルンは避けることのできぬ戦が迫っていることを知っています。
2人の“王”は対立するわけですね。

ここで注目したいのが瞬間湯沸かし器(戦闘型)ことレゴラス氏。
彼はどんなことがあろうとアラゴルン側です。
彼の怒りのボルテージに注目です。

アラゴルン:「殿には北に向かう2,000の兵が…
       忠実なエオメルは兵を戻し、あなたのために戦います。」
セオデン:「だが300リーグも離れておる。間に合うまい。」

レゴラス・ヴォルテージ・ゲージ>>(20%)

セオデン:「考えは分かるが、これ以上民の死は耐えられない。
      全面戦争は避けたい。」

>>>>(40%)

アラゴルン:「望まなくても、迫っているのです。」

セオデン、アラゴルンのほうを向く。

>>>>(50%)

セオデン:「ローハンの王は…」

>>>>>>(70%)
レゴラス、組んでいた手を解き、いつでも弓に手をかけられる状態に。

セオデン:「アラゴルンでなく、セオデンだったはず。」

>>>>>>>>>>>>>>>>>>DANGER!!

ギムリ、ゲップ(笑)

(10%)←萎えた。

結局王が下した決断は、ヘルム峡谷への避難。

今回は命拾いしたセオデンキング。
次回はない…。

ヘルム峡谷へ避難すると分かったガンダルフは、自慢のお馬、シャドウファックスに乗ってどこかへランナウェイ。
ただし「5日目の夜明けにわしは戻る。夜明けに―東のほうから」という謎めいた伝言を残して。
さては杖の充電器をどっかに忘れてきたんだな!!
皆さんは旅行の際、充電器をお忘れなく。

□フォーリンラヴ。

ヘルム峡谷へ避難するために着々と準備を進めているエオウィン。
武勇にも長けたこのお姫様は、おもむろに剣を抜き、形をとり始めます。

すると振り向きざまに誰かの剣が。
アラゴルンです。
自分の剣の腕を認めてくれたアラゴルンにエオウィンは言います。
「この国の女性は知っています。“剣が身を救う”と。死や苦痛の恐れなど!」

「あなたの恐れるものは?」
アラゴルンが聞きます。
「檻です。鉄格子の中で老い、気力を失って―勇気を試す機会に見放されることです。」
気丈に答えるエオウィン。

アラゴルンは優しい眼差しでエオウィンを見て、穏やかな声で言いました。
「あなたは王家の娘。ローハンの“盾持つ乙女”。―そんな運命には無縁です。」
そして僅かに一礼し、踵を返して去っていきました。

エオウィン、フォーリンラーヴ!!!
(エンダーァイヤ~ァー♪)

でもアラゴルンにはアルウェンが…!!
どうなるエオウィン!

□痴話げんか

じゃばじゃばじゃばと川を泳ぎ、大好物の魚をハントしているゴラム。
そのゴラムをサムが「臭い奴」と呼んだことから、フロドとちょっとした諍いが。
指輪は自分に任された使命だ、と厳しい口調で言うフロド。
指輪は着々と持ち主の心を蝕んでいるようですね。

その夜、同じく指輪に心を蝕まれたうちのひとり(ふたり?)であるゴラムとスメアゴルも言い争いをします。

人間の心を取り戻しつつあるスメアゴルを、ゴラムが罵り、苦しめます。
自分がいなくては何も出来ないだろう?と脅しもかけたりして。
これまでのスメアゴルだったらゴラムに屈していました。
しかし今のスメアゴルははっきりと拒絶の意思を示します。
“ゴラム”など、いらないと。
するとゴラムの存在が急に消えました。
スメアゴルは自由になったのです。

□香り草入りウサギ肉シチュー(ジャガイモは入ってません)

ゴラムから解放されたスメアゴル。
嬉しさ余ってなんとフロドにウサギさんを取ってきてくれました。
(ここからは日本語音声で見ることをお勧めします)

「みぃて!! うぅ さぁ ぎっvvv スメアゴルがとったよ~w」

ガッツポーズをとるスメアゴル。

「まぁだ 若いよv やわらかくておいしいよ! ほんとにおいしいから、ほら食べて?ほら、食べて~vv

と言いながら自分で食べ始めるスメアゴル。
フロドは生のウサギを食べるスメアゴルの迫力に、つい胸に熱く込みあげるものが。(物理的に)

見かねたサムがスメアゴルからウサギを取り上げ、シチューにしてくれました。
おいしそうに煮立つシチュー。
なのに怒るスメアゴル。
ぁぁぁぁぁあぁぁぁあ!(悲壮な声)なにをするの!バカだよデブのホビット!台無しだよ~。」
もはや人間ではないものにデブ呼ばわりされたサム。
「な~にが台無しだ。肉なんてほとんどない。」
と反撃。
これにいいジャガさえあれば…とこぼしたサムに、「ジャガってなんなのよ!?」とスメアゴルが食いつきます。
サムはジャガは「ジャガイモ」のこと。ゆでたり潰したりして食べるの。
細切りを油で揚げて魚のフライと一緒に食べれば、もう最高だ。と丁寧に説明してくれます。

ぶぅーーーーーー!!!
世にも気持ち悪い食べ方よ!と言う風にスメアゴルは唾を吐きます。
スメアゴルは生の魚だけ欲しいんです。他には何にもいらないんです。
「ジャガイモ、お前が食べろ!」
と捨て台詞を残してどこかへ。
でも2人(?)で分けて食べる計画をたててるなんてちょっとかわいいぞ。
極めて奇妙だが。

ふとフロドの姿が見えないことに気付いたサム。
まったくあの子はまた夢遊病かしら、とロッテンマイヤーさん並の速さでフロドを見つけ出します。
フロドは謎の軍勢を見ていました。
スメアゴルの解説によると、「サウロンに組する悪い奴ら」だとか。
どことなく東洋の雰囲気がする軍です。

そこへパオーン、モ゛モ゛モ゛モ゛モ゛と登場したのはオリファント
すんごくでっかい象さんです。
ま~たサルマン動物園の見世物が増えてしまいました。
こんどは立ち上がるレッサーパンダ等を連れてくるとよいでしょう。

すごおいvv故郷のみんなに見せたいな。なんていってるうちに軍勢が俄かに慌てだしました。
頭巾をかぶった何者かが矢を放って攻撃しているのです。

攻撃していたのはファラミア(デヴィット・ウェンハム)率いるゴンドールの中隊。
これはヤヴァイぞ、こっちまで攻撃されかねない!と逃げ出すフロド。
サム!はやくはやく!と振り返った途端誰かにぶつかりました。
さっきのゴンドールの中隊です。
首元に刃を突きつけられ、身動きが取れなくなる2人。
2人の謎のホビットを確認したファラミアはとりあえず連れて行くことに。

指輪があることがバレたら非常に危険。
どうなるフロド!

ここでSEEのディスク1が終わるし区切りもいいので…
中編(2)へつづく!!

さて、二つの塔中盤で初めて登場するのがファラミア。
演じているのはデヴィット・ウェンハム。
ボロミア役のショーン・ビーンとは血が繋がってるわけでもないのによく似ています。
PJ監督によると、「オーストラリアいちセクシーな俳優に選ばれた」とか。
だからフィリッパが選んだらしいですよ!
グッジョブ☆(≧∀≦)b

そうそう、彼はヴァン・ヘルシングのカールも演じていますよ。
ちょっと猫背で、前髪ぱっつん・外ハネで、オモシロ武器をいろいろ開発しているあの人!

彼のニックネームは“デイジー”。
以前、共演したことがあるエオウィン役のミランダ・オットーや、エルロンド様(!!!)役のヒューゴさんからそう呼ばれていたのが皆に広まったんだとか。
女の子みたい!かわいい!
「デイジー!」って呼べばすぐ友達になってくれるそうですよ。
(ドミニク・モナハン/メリーの言うことなので定かではないが。ドミニクは噂好き。)

と、いうことで、デイジーの活躍も気になる中編(2)もお楽しみに!

<<PREV(前編)     NEXT(中編・2)>>


○おまけ

>>第一部でアラゴルンと戦ったラーツさんがこんなところから!!?
>>ホビットを見つけたぞ!
スポンサーサイト
03:10 The Rings | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
<<私的PV大賞 vol.1 | HOME | バーレーン戦>>
COMMENT
・・・・・パソの前にリポ○タンゴールドの空き瓶が背比べをしている締切前という少女漫画的状況の中にいたわたしもこの長さは遠慮したほうがよかったんでしょうか。
(リポGに少女漫画の要素は欠片も無い)

はいLOTRのことになるとしゃりしゃり出てくるわたくしでございますが。
やっぱり中編はあのゴラムのビデオミュージックアワーズだと思うんです。(ごめん、何のビデオ??)
ちなみにベストロックビデオにノミネートされてます(ロックぅぅぅ!!?)
ノミネート部分は
「うぅさぁぎっ!すめあごるとったよ!とった!とった!(ガッツポーズ)」
と意外ともちろんこのレビューに書いてある奴と
「じゃ・が・い・も・さ!つぶしたり、ゆでたり、シチューに入れたり・・・・
黄金色に揚げたチップスを小魚と一緒に食べりゃ最高なんだけどな・・・」
も忘れちゃいけません。
奴らのロックn生き様を忘れちゃいけません。(どのへんがロックぅぅ!!?)
何がロックって・・・・

・・・・・・・ゴラムの顔とか・・・・・・(言っちゃだめェェェ!!)

助さん角さんときてもしかしてギムリ・サン・オブ・ザ・グローインはうっかりはちべえですか。
何がうっかりっておまえその外見だよ(言っちゃだめだって!!)
・・・・・こんなこと言いながらもギムリ大好きです。ほんとだって。何だそのうさんくさげな目は。

そんなわけで今日の悪夢はエルロンド様がファラミアのことを超仲よさげに「デイジー!」って呼ぶ夢で決定だと思います。
では、よい夢を。(無理だコラ)


2005.06.05 22:23 | URL | みか #-[ Edit] | Top
はい、さっそくしゃりしゃり出ていらっしゃいましたね。
You Are Most Welcomed!(王様、ヘルム峡谷にて)
ゴラムは間違いなくMVAでしょう。
授賞式に来られなくてもビデオで。
そしてゴラムの代理人はアンディ・サーキス(あれれれれぇ!?)

あ、そうだうっかりはちべえ忘れてたや!
ギムリはあれでしょ、別ジャンルで好きなんでしょ。
コメディ要員。若しくは対比要員。
あたしもすきよ!(ああ無情)

ちょっと!エルロンド様とファラミアが向かいあってるだけでもアレなのに…
“The Ring must be destroyed……Oh!Daisy!”ってあんた。
ナイトメア~♪
2005.06.05 22:46 | URL | りく #-[ Edit] | Top
おはようございますになりそうな時間帯にこんばんは。長い挨拶で失礼します^^ 圭澄ことかすみです。HN占いで「圭澄」は凶、「かすみ」は大吉と出たので変えてみました。ひらがなか漢字かの違いですが。

自分とこにコメントとトラックバックありがとうございましたーv本当に毎度うれしい限りです。もう、このLOTRレビューシリーズ(?)おかしすぎます。笑いをこらえるのに必至です!レゴラスが高性能瞬間湯沸かし器、しかもご一行が水戸黄門ですか!(爆笑)かなり役どころがばっちりですね。危うい場面でげっぷをかますギムリ=うっかりはちべえですねーvもう、一度りくさんのレビューを読んでしまうと二度と普通にLOTRが見られなくなってしまいます。そしてそれもまたよしということで、また観なくてはと思ってしまいます(笑)今いちばんためしたいのはウルク=ハイの「カメハメ波」ですねー。

自分のLOTRレビューはまだまだ先になりそうです(´`)その前に短い映画の話をぽつぽつと。TSUTA○Aの策略にまんまとひっかかっている今日この頃ですので(笑)

りくさんの二つの塔の後編、とても楽しみにしております。そのときにはまとめて、読書感想文のごとき長いコメントを入れさせていただきますv(笑)

それでは、失礼しました。
2005.06.07 03:23 | URL | かすみ #mzh0eveo[ Edit] | Top
かすみさん、こんばんわっ!!( @´v`)ノ"
こちらこそ毎度ありがとうございます~♪
楽しんでいただけたようで、すごく嬉しいし、励まされます!
これからもがんばりますので、どうぞよろしく♪
そしてサイヤ人、ウルク=ハイを是非ご確認ください(笑)

かすみさんのLOTRレビュー、めっちゃ楽しみにしてます!
その際はお気軽にTBくださいませね*
読書感想文のごとき長いコメントも大歓迎です!

P.S.
かすみさんのサイトにUPされてた王様の絵、素敵です!!
「……あれっ!?写真じゃないの!?」って目ん玉ひんむきました(笑)
次回作も楽しみにしてま~す´∀`
2005.06.07 20:30 | URL | りく #-[ Edit] | Top
せっかくお知らせいただいたのに、遅くなってすみませ~ん。。。
じっくり・たっぷり・心行くまで見たいと思っていたら、風邪を
引いちゃって、ヘロヘロでした (って長い言い訳・・・)
楽しかったぁ~!!ツッコミどころが楽しくて楽しくて(笑)
ブローチの向きが違うなんて、全っ然気が付きませんでしたよ~
エント達の会合の時は、私も眠るかと思っちゃいました(笑)
エオウィンは純粋ですよね~。心変わりも早いけどぉ~(後日談)
後編も楽しみだなぁ~♪忙しそうだけれど、気長に待ってるので
がんばってくださいね~(^^)y
2005.06.10 21:46 | URL | 紫苑 #-[ Edit] | Top
紫苑さん!いらっしゃいませ♪お待ちしておりました( *´v`)ノ゛
風邪!そうだったんですか。どうぞお体をお大事に!
毎回コメント頂いて、本当に嬉しいし、励まされてます。
ありがとうございます*

エオウィン心変わり早いですよねぇ!
あんなにアラゴルンを思ってたのにどうしたんじゃい!とつっこんじゃいました。
でも私的にファラミアとエオウィンのカップルけっこう好きです(あら言っちゃった)
後編ただいま執筆中です!
そろそろキツクなってきましたが、そんなときは紫苑さんのブログのお花やお菓子たちに癒されてます*´∀`*
紫苑さんのブログ、伺う度にお腹空きます(笑)
素敵!
2005.06.10 22:23 | URL | りく #-[ Edit] | Top
コメントの投稿





 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
Trackback URL
http://clocks.blog7.fc2.com/tb.php/66-d76dd28c
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。