2017.06 // 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
MONTHLY // 2006年04月 (4) 2006年03月 (1) 2006年02月 (4) 2006年01月 (7) 2005年12月 (11) 2005年11月 (17) 2005年10月 (16) 2005年09月 (18) 2005年08月 (24) 2005年07月 (21) 2005年06月 (29) 2005年05月 (35) 2005年04月 (26) 
CATEGORY // Johnny Depp (15) Baton (10) 未分類 (3) Life (36) Music (87) Books (9) Movies (26) Soccer (10) The Rings (9) PV (8) Whiteband (0) 
ENTRIES // ロキノンCD Vol.3! 『Wicker Park』サントラ Bent Fabric 春一番 獲れました 
COMMENT // ブックカバー大好きvv makoto たくや もももも 凧やき yukkin もんぴ みき 紫苑 りく maiahi りく 
TRACKBACK // なつみの日記未来のイヴ (創元ライブラリ) サッカーFC事典 パチスロ攻略するにはこれだ!!!トゥームレイダー・バトルステージ演出 攻略法の口コミ情報 みどりのブログヴァン・ヘルシング ポイズン ゲーマーミーティングテンプラ (馬)について-ポイズン ゲーマーミーティング 
LINKS //


author:りく
京都在住大学生。
好き:抹茶、欧州、よしもとばなな、LOTR、ミルクティー、サッカー、UKロック
嫌い:こぶまき(天敵)、梅雨、ゴリ押し系

いままでに聴いたCDはこちら↓(the material by G.B. MATERIALS)

t-3.gif


□音楽系50の質問  □Musical Baton  □Book Baton  □答えられても困る100の質問  □意味の解らない50の質問

コメント、TB大歓迎♪
もちろんリンクフリーでございます。
album of the day >> THE LITTLE WILLIES / 『THE LITTLE WILLIES』 ■AUDIO STREAMS

'Don't Know Why'、'Sunrise’ですっかりお馴染みのNorah Jonesがボーカルをつとめるニュー・バンド。
Norahのボーカルで癒されるスロー・テンポの曲から、ちょっとカントリーがかった楽しい曲まで、飽きない一枚です。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
2005.04.10 アレックス・シアラー 『スノードーム』
スノードーム
アレックス・シアラー
求竜堂 2005-01


by G-Tools



“彼が残した物語は、真実か、それともまったくの空想か。”


新聞の広告でこの本を知って、次の日ツ○ヤにCD返しに行ったときにはもう買ってました。
食費削って(涙)


物語のプロローグは次の通り。

『ある日、若い哲学者クリストファーが姿を消した。
彼は、ひたすら「光の減速器」の研究を続ける、
ちょっと変わった青年だった。
いなくなった彼の机に置かれていたものは、
彼が大事にしていたスノードームと、
不思議な物語が綴られた原稿だった。』


アレックス・シアラーといえば『青空のむこう』や『チョコレート・アンダーグラウンド』などの作品の著者。ご存知の方も多いと思います。
比較的低年齢層の読者向け、といった彼の作風を考えると、今作は異色の作品と言えるかもしれません。
クリストファー、踊り子のポッピー、絵描きのロバート、そして醜い姿の芸術家、エックマンの感情が交錯して進んでゆく物語は、何か大事なことを読者に伝えようとしている寓話のよう。

意識過剰で自己中心的なエックマンですが、怒りや切なさといった強い感情を向けてしまうのは、彼です。
人が持つ闇の部分を彼を通じて描写しているからかもしれませんね。

私は今かろうじて(笑)10代ですが、20代、30代になったときにこの作品を読んだら、きっと受け止め方が随分違ってくるんだろうなと思います。そんな作品です。
スポンサーサイト
22:52 Books | TRACKBACK(1) | COMMENT(2) |
<<U2 『Vertigo』 | HOME | glory hole++>>
COMMENT
こんにちは。りょーちと申します。トラックバック(勝手に)送ってしまいました。
りくさんのご指摘のように、今回の読者ターゲットは若干高めの年齢なのかなと感じました。私のblogのコメントの方にも記載いたしましたが、海外で出版された際の装丁はもう少し神秘的なイメージの装丁でした(下記を参照)。
http://www.mmsprank.com/author/Alex-Shearer/
「The Speed of the Dark」(スノードーム)の装丁の印象は日本とずいぶん違っていますよね。装丁もちょっと大人向けなのかなという印象でした。
ではでは。
2005.08.03 09:49 | URL | りょーち #-[ Edit] | Top
りょーちさん、こんばんわ!(*´∀`)ノ
TB&コメント、ありがとうございました♪
りょーちさんの記事はとても読み応えがあって、色々な発見がありました。
そして装丁のリンクまで貼っていただいて、嬉しい限りです!

海外の装丁、こんなに違うんですね。
海外はSF的要素に重きを置いているような印象です。確かに大人向け。
「チョコレート・アンダーグラウンド」も「スノードーム」も、
どちらかというと日本の装丁のほうが好きですね。
題も「スノードーム」のほうが惹かれてしまいます。
2005.08.04 01:17 | URL | りく #-[ Edit] | Top
コメントの投稿





 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
Trackback URL
http://clocks.blog7.fc2.com/tb.php/7-ed7ef40a
アレックス・シアラー:「スノードーム」
スノードームposted with amazlet at 05.08.02アレックス・シアラー 石田 文子 求竜堂 (2005/01)売り上げランキング: 44,592おすすめ度の平均: 現代のホラー風童話 憎らしくて愛おしい人物 んっ??ってカンジでした。Amazon.co.jp で詳細を見る りょーち的おすすめ度: こん. りょーちの駄文と書評とアフィリエイト2005.08.02 16:22
HOME

CURRENT MOON

moon phase

Copyright © 2004 Powered By FC2 All Rights Reserved.
Graphic By C L O C K S :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。